【英語勉強】1日10分1か月間シャドーイング100本ノックを試してみた!効果検証

英語
スポンサーリンク
まとめ
・ 1日10分のシャドーイングでも効果はある
・ 主にリスニングとスピーキングが伸びる
・ リスニングを事前に勉強しておくと、より効果が高まる

スピーキングができないけど、伸ばし方がよくわからない。

いきなりオンライン英会話は怖いし、一人で家でできる勉強法がいいな~。

英語を勉強していく中で一番悩みが多いのが、スピーキングを伸ばすことだと思います。

日本の英語学習だとリーディングとライティングを中心に勉強するので、どうしてもリスニングやスピーキングが身につかないんですよね。

でも英語を話せるようになるためには、とにかく話せるようになりたいですよね。

「話す練習がしたいけど、外国人と話すのは怖い」

「オンライン会話も緊張するから、ちょっと無理」

そんな方にも、家で一人で練習できるスピーキングの方法が「シャドーイング」です。

今回Youtubeで無料で利用できる「シャドーイング100本ノック」を利用して、1日10分を1か月間続けてみた効果をお伝えします。

こんな人が書いてます
・ 元々TOEIC400点を3か月で600点台に
・ 海外短期留学でTOEICが795点に
・ 現在東南アジアの国で英語を使いながら仕事をしてます
ごめんなさい、英語ネイティブレベルを目指している人、TOEIC900点以上を目指している人には向かない記事です。
あくまで初心者や英語中級者の方に向けての記事です。
スポンサーリンク

【結論】1日10分でもシャドーイングをすると、リスニング能力とスピーキング能力が伸びる

1日10分でも、1か月間シャドーイングを続けるとリスニングとスピーキングの能力は伸びました!

これは毎日職場で英語でやりとりをするとき、クライアントと英語で話すときに実感した効果です。

リスニングの面では、前よりもより多くの単語が聞き取れるようになりました。

スピーキングの面では、前よりも速いスピードで英文を話せるようになりました。

たかが10分、されど10分ですね。

・シャドーイングは1日10分でも効果がでる
・特にリスニングとスピーキングが伸びる
スポンサーリンク

英語勉強で絶対外せないシャドーイングとは?

シャドーイングとは音声を聞いた後、即座に復昌する英語勉強法です。

英語の文章を聞いて、その音声にかさなるくらいの速度で声にだして読み上げる方法ですね。

元々同時通訳者が発音やイントネーション、音の強弱などを勉強するために行っていた勉強法です。

期待される効果
・ リスニング力の強化
・ スピーキング力の強化
・ 語彙力の増加

ネイティブスピーカーの英語を聞きながら練習するので、ネイティブの発するイントネーションや英文のつなぎ目、イントネーションなどを学ぶことができます。

また、口に出すことでネイティブスピーカーの英語の話かたを身に着けることができるのです。

スポンサーリンク

効果的なシャドーイングのやり方

シャドーイングは、ただ英語の文章を聞いて真似すればいいわけではありません。

効果的なやり方をしないと成果もあがらず、シャドーイングの練習自体すぐにあきらめてしまうと思います。

こちらではシャドーイングで効果が出るようなやり方をお伝えします。

まずは英語の文章を読んで、わからない単語を調べる

意味のわからない単語や文章を口に出して読んでも、実はあんまり効果がありません。

なぜならいざ英語を話すときに、まったく頭の中に浮かんでこないから。

意味のわかる文章で練習していれば、文章と同じようなシーンに遭遇した時に英文が口から出やすくなります。

実際に僕はぽろっと1文がでました。

まずは読まれる英文を一読して、わからない部分は辞書で調べましょう。英文の意味や単語を理解することが大事です。

文を見ながら音声に合わせて声に出す

いきなり英文を聞いて、そのあとを即時に復昌するのは結構厳しいです。

実際に僕もやりましたが、聞くだけじゃ何言ってるかわからない単語がでてくるので、スムーズに復昌できなかったです。

一度文を見ながら、音声に合わせて声にだしてみたほうがいいです。

まずは文を見ながら、単語の発音などを確認しながら進めていくほうが効果的です。

文を見ずに音声に合わせて声に出す

最後に文を全く見ずに、音声だけを聞いてシャドーイングをします。

この時おすすめなのが、あえて1.25倍速でもチャレンジすることです。

通常よりも早いスピードで練習しておくと、リスニング力とスピーキング力は格段にアップします。

なぜなら普段1.25倍で聞いていると、普通の英会話のスピードが遅く聞こえる。

さらに1.25倍速で英文を話す練習をしていると、自然と英文に口が慣れて、話すスピードが上がる。

ちなみに1.25倍速は通常スピードを何回かこなしてからがおすすめです。

結構早いので完璧には復昌できなくても大丈夫です!

必死に食らいつくのが大事です、ほんとに。

完璧にシャドーイングできなくても、1.25倍速で必ず一回はチャレンジするようにしましょう。そうすると効果抜群です!
スポンサーリンク

英語勉強でシャドーイング100本ノックがおすすめな理由3選

英語のシャドーイング勉強では、音声と英文さえあればなんでも教材になります。

そこで僕が試したのが「シャドーイング100本ノック」です。

イングリッシュブートキャンプさんがYoutubeで提供してる無料のシャドーイング教材なのですが、これが無料だけど結構効果あります。

シャドーイング100本ノック! #01 [初級 ] -Shadowing lesson-
■イングリッシュブートキャンプ18時間プレミアムオンラインはこちら 【シャドーイングレッスン】とは、英語の発音とリスニングを上達させるトレーニングです。 『イングリッシュブートキャンプ公式サイト』

【 Engkish Boot Camp(イングリッシュブートキャンプ)】

無料で利用できる

シャドーイング動画が100本以上、そして全部無料で利用できるのはかなりありがたいですね。

しかもYoutubeだからいつでもどこでも見れる。

そして短い英文で、スロースピードとノーマルスピードの2回が1セットで一つの動画になっています。

合計で2分~3分くらいなので、2回くらい繰り返しても全然苦ではないですよ。

繰り返し再生できる

Youtube動画なのでもちろん繰り返し、何度でも利用できます。

しかも順番通りに再生されていくので、毎日動画を探す手間がはぶけるのがいいところ。

聞き取れないところは何度でも戻って、やり直しができます。

速度が選べる

Youtubeなので再生速度を選ぶことができます。

僕のおすすめはスロースピード、ノーマルスピードをこなした後に、1.25倍速を必死に食らいつくという方法です。

もちろん0.75倍速にして少し難易度を下げる方法もあるので、自分のレベルに合わせた再生スピードを選ぶといいですね。

スポンサーリンク

初心者でシャドーイングの効果がでないケース

初心者でシャドーイングを試すも、全然効果がでなくてあきらめてしまう人もいます。

その場合、多くの場合がシャドーイングのやり方がまちがっています。

使う教材が難しすぎる

利用する英文が難しすぎると、意味や単語を調べるだけでも多くの時間を使ってしまいます。

そうすると本来のシャドーイングが始まる前に、しんどいと感じてしまい、諦めてしまう人が多いんですね。

英文を読んでわからない単語が3つか4つくらいがちょうどいいレベルだと思います。

英語スピードが速すぎる

最初からいきなり早いスピードで挑むと、全く聞き取れずに挫折してしまいます。

あくまで自分にあった速度で最初は試して、聞き取れるようになったら徐々に速度を上げていくようにしましょう。

しかし少し早いスピードに、完璧じゃなくても食らいつくのも効果があります。

徐々に耳と口が速さに慣れてきます。

スポンサーリンク

まずはリスニング能力を少し伸ばしてから取り組むと、効果が絶大

シャドーイングはリスニングとスピーキングが伸びるのですが、あらかじめ少しリスニングができていると、より効果が高まります。

なぜなら口に出して早い文章を話すことが、一番の目的である英語を話せるようになるための近道だからです。

そのためにはリスニングで聞き取る力が必要です。

リスニングがなぜ大事かについては、こちらの記事も参考にどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました