愛南町深浦郵便局長の自殺の理由は横領?2億円の行方から亡くなった経緯や現場に迫る!

トレンドニュース
スポンサーリンク

愛南町深浦郵便局で2億円が不明となっている事件ですが、抜き打ち検査途中に局長が自殺して亡くなるという事態に陥っているようですね。

検査途中で抜け出して、その後自ら命を絶ったようですが2億円と関係している可能性が非常に高いといわれているようですが。

最近郵便局の局長や職員が横領などする事件が多かったですから、もしかして・・なんて考えてしまいますよね。

そこで!今回は愛媛県の愛南町深浦郵便局長の自殺の理由はなんなのか、2億円横領などの可能性などについても調査してみました~!

最後までお読みいただけると嬉しいです♪

スポンサーリンク

愛南町深浦郵便局長が自殺した2億円事件の概要とは?事件の経緯や流れを確認!

愛媛県の愛南町深浦郵便局で起きた2億円事件ですが、すでに深浦郵便局長は自ら命を絶ってしまったようですね。

抜き打ち検査が行われたタイミングで、ちょうど調査が行われていた最中での局長の自殺ということで何か関与されているのではと思われますが。。

とそんな今回の愛南町で起きた事件ですが、まずは事件の概要や流れを簡単にまとめてみると、、

・日本郵便の社内抜き打ち調査が愛南町の深浦郵便局で行われる
帳簿と現金に2億円もの相違が見つかる
・現地調査を実施
・深浦郵便局長が外出したまま戻らず
郵便局長が自殺しているのが見つかる
 
どうやら日本郵便の抜き打ち検査があったようですが、それにより愛媛県愛南町にある深浦郵便局で不審な点が見つかったようなんですよね~。
 
しかも少しの金額のずれなどではなく、2億円という巨額のお金が合わないということですから、、
 
さらに!愛媛県の愛南町といえば大都会といった町ではなく、深浦郵便局も規模でいえばこじんまりとした場所です。
 
 
そんな郵便局での2億円というのはかなり大きな金額ということがわかります。。
 
この郵便局の調査が行われる前や終わった後ではなく、調査中に深浦郵便局長が自殺したということで明らかにこの2億円にかかわっているとは思いますが・・
スポンサーリンク

愛南町深浦郵便局長の自殺の理由は横領?2億円の行方から亡くなった経緯や現場も調査!

2億円の行方、そして深浦郵便局長が自殺した理由という謎が二つも残されている今回の事件、、

しかし順当に考えると深浦郵便局長が自殺した理由はこの2億円を横領していたなど、何らかの関与をしていたために自殺してしまったのかなと。

もしこの2億円に何にも関与していないのであれば、自殺する理由が見当たらないからですよね~。

ですが!一体この2億円をもし横領していたとなれば何に使っていたのかなと。。

今のところ深浦郵便局長は30代の男性という情報はありますが、妻や子供がいて家庭があるという情報はでてきていませんからね、、、

独身だとすると一体お金の使い道はどこに消えたのかなと、、

ここで!以前長崎の元郵便局長が10億円以上の金額を詐欺でだましとっていた事件なんかも参考にしてみると、、

この事件で得た大金はなんとも豪遊されていたようで、、

・一戸建て4軒
・アパート一棟
・自家用車21台
 
長崎の元郵便局長は得た10億円以上のお金を不動産や車などにふんだんに使っていたようですから、、、
しかし結果的には逮捕となり、すでに2億円近く返金し、残りの10億円近くの返済がまだ残っているということですから、、
 
おそらく深浦郵便局長もこういった事件はすでに知っていたと思われますので、検査で2億円について触れられた際に逮捕されることを瞬時に悟った可能性もありますね。
 
芝浦郵便局で1億7千万円を着服した元郵便局員もいましたが、逮捕された後の懲役は3年という判決だったようですから。。
 
自分が逮捕された姿を想像してしまったのかな~と。
 
今回深浦郵便局長が亡くなった場所は郵便局ではない場所ということですが、、自宅だったのか、それともまた別の場所だったかなど詳しい情報はまだ報道されていないようですね。
 
今後の捜査には注目が集まりますが、、
スポンサーリンク

愛南町深浦郵便局のように郵便局員が自殺するケースはある?

今回2億円の不明金が出中で深浦郵便局長が亡くなってしまったわけですが、こういった郵便局員の自殺などは過去にもあるのかな~と。

そこで調べてみると、2010年には埼玉県で51歳の郵便局員の男性が自殺していたことがあったようですね~。

2010年にさいたま新都心郵便局で勤務していた郵便局員の男性が、仕事上のストレスによるうつで自殺していたことがあったようです。

なんでも過酷なノルマが課せられたせいで、うつ病になってしまったようですから、、

例えば年賀はがきの販売ノルマでは売れ残りを自分で買うという『自爆営業』、ミスや失敗した際には大勢の前でわざと報告させられるという『お立ち台』といわれる慣習などが原因だったようで。

郵便局というと安定していてクリーンなイメージがありますが、こういった自殺やうつといった事例もあるようです。

今回愛南町の郵便局長も何かしらこういった職場の影響などがあるのかもしれません。

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました