愛南町深浦郵便局長は誰?名前や顔画像から現在までの経歴や職歴も調査!

トレンドニュース
スポンサーリンク

愛媛県愛南町の深浦郵便局で2億円が不明となっている事件ですが、どうやら郵便局長が自ら命を絶っていたようですね。

抜き打ち検査がまだ終わっていない段階での自殺ということで、謎が深まっているようですが、、

そんななか、この亡くなった郵便局長とはどんな人物だったのかな~と。

そこで!今回は愛南町深浦郵便局長が誰なのか、名前や顔画像から現在までの経歴についても調査してみました~!

スポンサーリンク

愛南町深浦郵便局長が自殺?2億円の行方不明の怪事件をチェック!

愛媛県愛南町にある深浦郵便局で謎の怪事件が発生しているようですが、その内容がかなり衝撃的なんですよね~。

というのもまずこの郵便局で抜き打ち検査を行ったところ、帳簿と現金の差が2億円にも及んでいたようで、、、

帳簿でつけているデータと実際にある現金がこんなにも違うことなんて普通はあり得ないと思うのですが・・

そんななか!検査途中で退出した深浦郵便局長が自ら命を絶つという事態に陥っていたようで。。

普通に考えるとこの2億円について何らかの事情をしており、それが理由で自殺したのかな~と思ってしまいますよね。

とこんな謎の事件が発生したのは、愛媛県にある郵便局なのですが深浦郵便局の場所はこちらですね~。

愛南町は愛媛県の南にあるのですが、とっても自然豊かな土地のようですよね~!

太平洋のすぐそばにあり、豊後水道、篠山支脈といった自然に囲まれた場所にあるのどかな町のようですから、、

日本の渚100選に選ばれた須ノ川海岸など、観光スポットもあるようですが、、

そんなのどかな町で起きた2億円、そして郵便局長の謎の自殺、、、

しかし一体この亡くなった深浦郵便局長とは一体どんな人物なのかな~と。

スポンサーリンク

愛南町深浦郵便局長は誰?名前や顔画像から現在までの経歴や職歴も調査!

愛南町深浦郵便局長が自ら命を絶ったということですが、2億円の行方を知っていた可能性も高いですよね。

 

まだ検査は途中となっているようですが、今後その真相が明らかになっていくものかなと。

 

そこで!今回気になったのは、この深浦郵便局長とはどんな人物だったのかな~と。

 

名前や年齢、出身といった経歴なんかも気になるな~と。

 

愛南町深浦郵便局長の自殺の理由は横領?2億円の行方から亡くなった経緯や現場に迫る!

 

しかし現状分かっている情報をまとめるとこのようになっているようで、、

 

名前:不明
年齢:30代
出身:不明
 
どうやら亡くなった深浦郵便局長は年齢が30代ということは報じられていましたが、名前や他の情報については公開されていないようです。
 
しかし30代で局長ですから、仕事を真面目に取り組んできた人なのかな~とは思いますが。
 
というのも住宅街やオフィス街にある小さい郵便局であれば局長クラスになるのには30代後半から40歳くらいまでになれる人が多いようですから。
 
すでに30代で局長をしていたとなれば、優秀な人だったのかな~と。
 
この深浦郵便局の社員は3人ということですから、サイズ的には大きい場所ではなかったようですが。
 
ちなみに郵便局長の年収についても調べてみると、小さい規模の郵便局であれば50歳前後で年収700万円くらいといわれているようですね~
 
月収の手取りが35万円~40万円近くといわれているようですから、、
 
となると30代の深浦郵便局長も生活には十分困らない給料を得ていたのかな~とはおもいますが、、、
 
顔画像などについても調べてみましたが、やはり画像が掲載されているものなどはないようで、、、
 
しかしおだやかな田舎町ということなので、きっとおだやかで優しい局長だったのかな~と思いますが。。
 
ですが!一切家族などの話がでてきていないので、まだ結婚などはしておらず独身だったのかな~と。
 
じゃないといきなり自殺して奥さんや子供を残すなんて選択はとらないかな~と思いますし。。
 
しかし謎が謎を呼ぶ今回の事件、捜査の動向には注目ですね。。
スポンサーリンク

愛南町深浦郵便局長のように事件になった郵便局長はいる?

今回深浦郵便局長が謎の自殺を遂げ、さらには2億円の行方がいまだにわかっていないとのことですが、、

今回のように郵便局長が何かしらの事件になるケースはあるかな~と。

そこで調べてみると、2021年には郵便局長がお金にからむ事件となるケースが多くあったようで、、

長崎の住吉郵便局長は1996年~2021年までに合計62人から12億円以上のお金をだまし取っていたようですからね。。。

高い金利の架空の商品を紹介して、お金を預かっていたようですから、、

ちなみにすでに2億円あまりを弁済したようですが、残りの10億円はまだ残っているようですからね~郵便局の信頼問題にかかわりますよね。

また、東京都の神田郵便局の元課長代理は6億円にもおよぶ金額の木ってを着服したといいますから、、、、

東京では芝浦郵便局でも同様に1億円以上の着服があったようで、、

郵便局といえば銀行のように信頼で成り立っていると思うのですが、近年ではその信頼をゆるがすほどの大きな事件が頻発しているようですね。。

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました