尼崎でコロナ隠蔽の教諭の名前や学校はどこ?市内の小学校や教師の顔なども調査!

トレンドニュース
スポンサーリンク

尼崎市内の小学校が臨時休校になったという報道がありましたが、どうやらある教諭がコロナであることを学校に報告していなかったようですね。

そのまま生徒たちの前で授業を行っていたようですから、、子供の親御さんからすると信じられない行為ですよね。

どうやら数日前に病院でコロナ陽性反応があったことを確認しつつも、通常通り出勤して授業を行っていたようですから・・

そんなコロナ隠蔽の教諭の名前や顔、そしてこの小学校とはどこなのかについてまとめてみました。

スポンサーリンク

尼崎で小学校の教諭がコロナ隠蔽?自己判断で出勤していた経緯を確認!

小学校が一人の教諭のせいで臨時休校になっていたようですね。

そんな報道があったのは9月1日のようですが、どうやらある教諭がコロナであることを知りながらも学校に出勤していたようなんですよね。

・8月25日に発熱
・8月26日~8月29日まで自宅療養
・8月30日に始業式に出席
・そのまま4時間目まで授業を行う
 
どうやらこの教諭はコロナの症状により発熱していたようで、病院でコロナ陽性が確認されていたようなんですよね。
 
その後学校を休み自宅療養していたようなのですが、問題なのはこの時の対応のようで。
 
学校に対してコロナ陽性だったことを報告していなかったようなんですよね。
 
そのため学校側も単なる体調不良だととらえてしまい、30日に出勤した際も特に何も言及することはなかったようで。
 
ではなぜ発覚したのかというと、保健所が尼崎市の教育委員会に連絡したことから発覚したようですね。
 
というのも、保健所はこの教諭に連絡をしていたようですが、教諭が対応しないことから不審に思ったようで。
 
保健所が教育委員会に連絡し、その後学校に連絡して事件が発覚したという経緯のようです。
 
しかしこれだけコロナ対策を全国で行っているのに、なぜか教師がコロナでありつつも子供たちの前で授業をしていたという。
 
これには多くの人から非難の声があがっているようでしたね。
スポンサーリンク

尼崎でコロナ隠蔽の教諭の名前や学校はどこ?市内の小学校や教師の顔なども調査!

この尼崎でコロナ隠蔽していた教諭の名前や顔、学校については一切報道されていないようです。

というのも、個人の特定につながるということで教員の名前はおろか性別や年齢すら公開していないようでしたから。
 
しかしネット上では名前や顔を報道するべきだ、免職だという声も多くあがっていたようです。

また、コロナの小学校がどこなのかという学校名についても一切報道がされていないようです。

しかしこの教諭がなぜコロナなのに学校に出勤していたのかというと、

自己判断で体調が改善したと思った

というのが理由のようですね。

しかし当然この教諭もコロナになったときの対応については理解しているものと思われるのですが、どうしても出勤せざるを得ない事情でもあったのでしょうか。

絶対にコロナだということを言い出せないプレッシャーや圧力などがあったのか、その背景なども気になるところですね。

もちろんどのような理由があったとしても子供たちを含め、周りの人を危険にさらすので許されることではないのですが。

現在このコロナ教諭の小学校は9月3日まで臨時休校となっているようですが、SNS上でもどこの小学校なのかという情報はでてきていないようです。

こちらはわかり次第追記させていただきます。

スポンサーリンク

尼崎の教諭のようにコロナで話題になった小学校や教師はいる?

今回は尼崎市立の小学校の教諭がコロナと知りつつも、十分な期間をあけずに出勤していたことが問題視されています。

このように教師がコロナで話題になったというと、最近だとパラリンピックの引率教諭がコロナ感染したという報道なんかがありましたね。

パラリンピックの学校連携観戦プログラムにおいて、生徒を引率していた市立貝塚中学校の教師2人がコロナ感染していたようですから。

また、今回の尼崎においても教諭がコロナ感染するという事例はやはりありましたね。

しかしこうやって教諭がコロナになった場合は臨時休校の対応をしたり、当然教諭の隔離などが適切に行われていますから。

今回コロナを申告しなかった教諭のように、無理やり出勤して授業をするなどの行為は考えられませんね。

その動機や理由についても気になるところですが。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました