大丸侃広(ただひろ)の奴隷契約書全文の内容が過激!13歳少女に書かせたその意味不明な行為とは?

トレンドニュース
スポンサーリンク

大丸侃広(ただひろ)容疑者が13歳の少女に現金を渡してわいせつな行為をしていたようですが、どうやら奴隷契約書なるものにサインさせたうえで行為におよんでいたようですね。

なかには奴隷としての項目が細かく記載されていたようですが、、、いったいどんな内容なのか気になるところです。

そこで!今回は大丸侃広(ただひろ)容疑者の奴隷契約書の全文や内容がどんなものなのかについて調べてみました~!

最後までお読みいただけると嬉しいです♪

スポンサーリンク

大丸侃広(ただひろ)がわいせつ行為で逮捕!奴隷契約して13歳少女とみだらな行為?

大丸侃広(ただひろ)容疑者が13歳の少女に現金を渡してわいせつな行為に及んだとして逮捕されていたようですが、驚くべきはその内容ですよね。。

なんと少女と奴隷契約書で専属奴隷契約を結んでいたというのだから驚きです。。。

未成年に現金を渡してわいせつ行為をしていただけでなく、奴隷契約を締結していたとなるとかなり気味が悪いですよね。。

と今回の事件概要を簡単にまとめてみると、、

日時:2021年2月
場所:名古屋市内のホテルで発生
事件内容:大丸侃広(ただひろ)容疑者が13歳少女に現金5万円を渡し、わいせつ行為をしてさらに撮影もしていた。さらには奴隷契約を結んでいた。
 

どうやら未成年に対してホテルでわいせつ行為をしたようなのですが、事前に少女に奴隷契約書にサインさせていたというようで、、

この大丸侃広(ただひろ)容疑者と13歳の少女はどうやって知り合ったのかというと、ツイッターを通じて知り合ったようで、、

やはりSNSを通じて出会う場合はこういった危険な人物と会う可能性もありますからね・・

ではこの大丸侃広(ただひろ)容疑者とはどんな人物なのかというと、、

名前:大丸侃広(だいまるただひろ)
生年月日:不明 29歳
出身:不明
職業:不明
 
どうやらまだ名前と年齢しか報道されていないようで、詳しい職業などは公開されていないようですね~。
 
しかし少女に5万円渡すくらいですから普段は会社などで働いていてお金に余裕がある暮らしをしていたのかなとは思いますが。
スポンサーリンク

大丸侃広(ただひろ)の奴隷契約書全文の内容が過激!13歳少女に書かせた意味不明な行為とは?

今回少女に対して奴隷契約書を書かせて、自分の専属奴隷としていた大丸ただひろ容疑者、、

しかし気になるのがこの奴隷契約書の全文や内容ですよね。。。

そこで!大丸ただひろ容疑者が少女と結んだという奴隷契約書の内容や項目について調べてみると、、

・『永久の忠誠と服従を誓約』
・『専属奴隷として奉仕し尽くすこと』etc
 
全文についてはまだ情報がありませんでしたが、上記のような項目が数十個にも及び羅列されていたようです。。
 
ちなみにページ総数は4枚で、少女が最後に署名と押印をしていたようで、、
 
普通に考えてかなり気持ち悪い内容ですよね。。。永久の忠誠と服従、、アニメや漫画でしかみない文面かと思っていましたが、、
 
しかしどうやら調べてみると、奴隷契約書のようなものを結んでいる人は世の中にはいるようで、、

実際に調べてみると、奴隷誓約書や主従契約書といったひな形を提供しているサイトもあるようなんですよね~。

まあ本当に使うと思って提供しているかはおいといて、、

そしてその全文内容などについても項目をみてみると、、

・従は主のいかなる命令に対しても、それを拒する権利を放棄する
・従は、人間としての資格及び権利などの人権を放棄し飲食及び排泄などの生物としての行為も主に従う
・従は主の外出時または主の使役時など、主と従が離れた場所にいる場合、メールやSNS、電話の指示も即座に対応し報告すること
 
 
などなど、、、こういった奴隷誓約書、主従契約書といったものはダウンロードでひな形が手に入るようなんですよね~。
 
今回の大丸ただひろ容疑者もこれらのひな型を利用して作り上げたのかもしれないですね~。
 
ちなみに!こういった奴隷契約書の法的な効力とかってあるのかな~と。
 
そこで調べてみると、奴隷契約書などの内容はいくら女性側が納得して署名したものでも、公序良俗に反するので無効となる可能性が高いようですね~。
 
男性側が脅して書かせたものでなくても、やはり内容が内容なだけに、女性が無効を主張すれば無効になる可能性が高いようで、、
 
趣味としてこういった関係の男女もいるようですが、今回は13歳の少女なのでそういった嗜好があったとは考えにくいですからね。。
 
おそらく大丸ただひろ容疑者のいうままに署名していたのかなとはおもいますが 。。
 
ちなみにネット上で奴隷契約書についての反応をみていると、、
 
奴隷契約書と検索すると画像で上にあがってくるのがこの契約書。

うーん、これは、政策協定書、、、ちょっとノーコメントにしておきますが、、

婚姻届けを奴隷契約書と投稿している人なんかも、、、これはちょっと、、、

しかし中には奴隷契約書と同じだとコメントしている人もいたようなので、、、一定数同意見の人がいるのかなと、、、

スポンサーリンク

大丸侃広(ただひろ)のように奴隷契約書を結んだ事例はある?

今回大丸ただひろ容疑者は少女と奴隷契約を結んで専属奴隷にしようとしていたようですが、日本で過去にこういった事件はあるのかな~と。

 

そこで調べてみると、以前2002年にあった北九州監禁連続殺人事件も同じく奴隷のようなことが行われていたようで、、

 

犯人の松永太容疑者は内縁の妻と一緒に拷問、虐待をしいり義父、義母、その娘と弟、その姪と甥、知人の男性と7人の殺害で逮捕された事件ですね。

 

この事件では松永容疑者と被害者たちは王様と奴隷のような関係となっていたようで、、、虐待などを通じて心理状態をコントロールしていったようですからね。。

 

ちなみにこういった奴隷と主人のような関係になろうとする人には支配欲というのがあるようですが、、、

 

支配欲が強いという人の特徴なんかも調べてみると、、

 

・自分の考えや意見を押し付ける
・恋愛で過度な束縛をする
・思い通りにならないとイライラする
・何事も自分が正しいと考えている
・思い込みが激しい
・自分が支配することで安心感や優越感を得る
・負けず嫌い
 
こういった特徴があるようで、、
 
 
もちろん上記のような特徴の人がみんな奴隷がほしいかというとそういうわけではありませんが、、
スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました