大丸ただひろの経歴や生い立ちが異常?高校や出身から奴隷契約に至るまでの家庭環境や学生時代を調査!

トレンドニュース
スポンサーリンク

大丸侃広容疑者が13歳少女と奴隷契約を結んでいたということが話題になっていますが、いったいどんな人物なのかその経歴や生い立ちが気になりますよね。

 

というのも今回少女に5万円を渡してわいせつ行為をしていたようですが、事前に少女に『奴隷契約書』なるものにサインさせ、専属奴隷としていたようですから、、、

 

ネット上ではかなり異常な事件に驚きの声があがっているようで・・

 

そこで!今回13歳少女と奴隷契約を結んだ大丸ただひろ容疑者とはどんな経歴で生い立ちなのか、出身や高校から家庭環境などについても調査してみました~!

スポンサーリンク

大丸ただひろが少女へのわいせつで逮捕!奴隷契約書が話題となった事件概要とは?

13歳の少女に対して現金を渡してわいせつな行為をホテルで行っていた大丸ただひろ容疑者が逮捕されたようですね~。

 

未成年にたいする買春行為なので逮捕されるのは当然なのですが、なぜ大きな話題になっているのかというと、、

 

大丸ただひろ容疑者がこの被害女性との間に『奴隷契約』を結んでいたからなんですよね~!

 

奴隷契約なんて聞くとはるか昔の話、もしくはアニメや漫画の世界の話かなとおもってしまいますが、、それか一部のマニアの方々の間のお話かなと。。

 

中学1年生の少女と奴隷契約、、、さらにその内容も『永久に忠誠を誓う』などといった本格的な内容のようですからね。

 

とそんな事件が起きたのは2021年2月のことのようで、現場は愛知県名古屋市にあるホテルで行われていたようです。

 

でも中学生と29歳の大丸容疑者、、どうやって出会ったのかなと。。

 

思いきややはりSNSを通じてのようですね~ツイッターを通じて出会っていたようで。。

 

ちなみに2017年のデータでは児童買春などを行った未成年者は900人近くいるようですが、そのうち3割以上がツイッターを利用して男性と出会っていたようですからね。

 

なぜツイッターを利用するのかというと、匿名で複数のアカウントを簡単に作れる、さらには隠語で援助交際などもすぐにやりとりできるからのようで。。

 

今回もツイッターを利用して隠語などをつかい出会っていた可能性が高いですね。

スポンサーリンク

大丸ただひろの経歴や生い立ちが異常?高校や出身から奴隷契約にいたるまでの家庭環境や学生時代を調査!

しかし今回奴隷契約を結んでいたという大丸ただひろ容疑者ですが、、、いったいどんな経歴や生い立ちなのかなと。

 

というのも普通なかなか中学一年生と奴隷契約を結ぼうという発想にならないものかなと思うんですよね。。

 

大人同士が交流するSMクラブのようなお店やサービスはありますが、そこはあくまで成人の男女が趣味嗜好のために通うところのようですから、、、

 

しかし今回の大丸ただひろ容疑者は13歳の少女に対して奴隷契約を結んでいたようで。

 

そんな大丸ただひろ容疑者の出身や高校といった経歴情報はまだみあたらないようですが、どうやら住所は埼玉県草加市谷塚町のようですね~!

 

埼玉県草加市といえば場所はこのあたりですが、、

 

しかし今回の現場となった愛知県名古屋市までは電車でも3時間近くはかかるほどの距離がありますからね~。

 

となると勤務先の会社の関係で名古屋に出張していた可能性なんかもあるかな~と。

 

そんな大丸侃広容疑者ですが、現在年齢は29歳ということですから生年月日は1991年か1992年生まれとなりそうですね。

 

大卒で入社していれば会社内でも7年近く経過しているので、ある程度仕事もこなせるようになっている時期かな~とは思いますが、、、

 

会社の給料もある程度あるので、現金5万円を少女に渡せるくらい金銭的な余裕があったのかな~と。

 

そんな大丸ただひろ容疑者ですが、今回少女と奴隷契約を結んでいたということで生い立ちや家庭環境などについても複雑な事情があったのかな~なんて。

 

そこで過去の買春事例などをみてみると、、過去にも同じく14歳の中学生に2万円を渡して児童買春していた37歳の永井貴久容疑者がいましたね。

 

2020年9月6日に新宿のネットカフェで中学生で14歳の少女に現金2万円を渡してわいせつ行為をしていたということで、、

 

ちなみにこの容疑者の生い立ちや経歴をみてみると、なんと学校の先生で保護者からもとっても評判のいい先生だったようで、、、

 

児童買春をする人は意外にもこういった普段まじめで評判のいい、やさしい人なんかもいるようですから。

 

また、2008年に江東区で起きた『江東マンション神隠し殺人事件』の犯人は、性奴隷目的で女性を拉致して監禁。そのうえ殺害した遺体をバラバラにして隠したという事件がありましたね。

 

ちなみにこの事件の犯人は星島貴徳という容疑者ですが、父親は税理士をしており、学生時代は優秀でかなり成績もよかったそうです。

また、祖父は政治家というかなりエリートで堅い家族環境だということもわかっているようですね。

 

かなり厳しく育てられたということですが、IT系の会社に入社して月50万円ほどの給料をもらっていたようですから、、

 

とこういった奴隷目的の犯人や、児童買春などの犯人の事例をみていると、家庭環境や生い立ちはわりとちゃんとした家庭で育ち、優秀な人なんかもいるようですね。。

 

となると今回の大丸ただひろ容疑者も学生時代などは優秀で、勤務先もちゃんとした会社で働く普通のサラリーマンであった可能性もありますね。

スポンサーリンク

大丸ただひろのように奴隷契約に関する事件は他にもある?

今回大丸ただひろ容疑者は13歳の少女を奴隷として扱おうとしていたようですが、日本のみならず海外でもこういった女性を性奴隷にしようとする事件は多くあるようです。

 

例えば、2017年にはイギリス人のクロエ・アイリングさん20歳がイタリアで誘拐され、その後性奴隷としてオークションにかけられていたようです。。

 

拉致されて数日後には闇サイトですぐにオークションにかけられていたそうですから、、となると現在でも性奴隷のオークションなどは世界的に日々行われているようですね。。

 

解放されたためなんとか無事に生還することができたクロエさんでしたが、恐怖体験だったと語っていましたね。

また、2020年に韓国では多くの女性を『奴隷』として扱い、性的な映像を共有させていた『n番部屋事件』という奴隷事件がありましたよね。

この事件では24歳のチョジュビン容疑者が児童や青少年に対して性的な映像をおくるよう強要し、その映像をつかい親を脅していたようですから。。

 

また、そのほかにも女性をだまして性的な写真などを遅らせ、それをもとに脅迫する手口をくりかえしていたようで、被害者は70人ほどにも及ぶようです。

 

ちなみにこの犯人のチョジュビン容疑者は大学でも成績がよかったようで、性格はどこにでもいるようなおとなしく、まじめな性格だったようですが。。

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました