エスコヤマはブラックなのか?労基違反の過労死ライン残業の実態とは

トレンドニュース
スポンサーリンク

洋菓子店としても有名なエスコヤマですが、今回ブラック企業ではないかという疑惑が浮上しているようです。

なぜならネットニュースで月100時間超の残業が発覚しており、すでに是正勧告も受けていたことが明らかになったからですね。

「小山ロール」で人気の洋菓子店の内部ではいったい何が起こっていたのでしょうか。

エスコヤマがなぜブラックといわれるのか、労基とのやりとりや残業の実態について調べてみました。

スポンサーリンク

エスコヤマの残業が話題に|100時間残業で労基からの勧告

有名洋菓子店のエスコヤマでの残業が話題になっています。

2021年11月3日のネットニュースで取り上げられていましたが、100時間を超える残業などが問題視されていたようです。

とここでこのエスコヤマとはどんな洋菓子店かというと。

企業名:株式会社パティシエ エス コヤマ
所在:兵庫県三田市ゆりのき台5-32-1
設立:2003年
代表者:小山進
 
エスコヤマは2003年に小山進氏が設立した洋菓子店で、人気商品には「小山ロール」があります。
 
テレビチャンピオンで1位を獲得したことで一気に有名になりましたね。
 
洋菓子メーカーとしてだけではなく、カフェやブティック、パン工房やギフトサロンなど様々な事業を展開しているのですが。
 
今回話題になったのはその労働体系についてのようです。
 
製造や販売などに携わる社員ら約100人のうち、半数超の55人が100時間を超える時間外労働をしていたと認定された。引用:yahooニュース
 
報道によれば労基から時間外労働に関する是正勧告を受けていたようです。
 
しかし、2018年に是正勧告を受けても改善はされなかったようですね。
 
SNS上での反応をみてみると。
 

飲食業界ではこういった事例が多いよね、うちも同じくらい。

エスコヤマってブラックだったんだ?

ネット上での反応をみると、飲食業界などではこれ以上の残業をしているという意見も多々みられました。

 
そのためエスコヤマに限った話ではないというところのようですね。
 
スポンサーリンク

エスコヤマはブラックなのか?労基違反の過労死ライン残業の実態とは

エスコヤマは今回の話題でブラック企業だったのかとささやかれているようです。

ではここでブラック企業はどんな企業なのかと確認しておくと。

・長時間労働
・休みが少ない、有給がとれない
・給与が低い
・残業代がでない
・離職率が高い
・募集要項にやりがいといった言葉が多い
・パワハラやセクハラの横行
 
こういった特徴がみられるのですが、エスコヤマはどうだったのでしょうか。
 
そこでエスコヤマの従業員の口コミなどを参考に調べてみると。

まずはネットニュースで話題になった勤務時間や休日休暇について。

ワークライフバランスは皆無。忙しい日は16時間勤務で日をまたぐこともある。

残業は当たり前で、定時終了後に仕事の指示が来る。

どうやら社員の口コミをみても残業ばかりで、休みもなかなか取れないといった声が多いようです。

中には有給休暇の取得率は0%という口コミもありました。

残業代に関する実態については、みなし残業として一定部分しか支給されていないようです。

これは暗黙の了解となっているとのことでした。

次に給与に関する部分についてもみてみると。

昇給などはほぼない。評価制度もない。

賞与は1か月分にも満たない。

昇給などはほとんどなかったというエスコヤマ。

年収などもみてみると、募集求人には30歳で勤務6年ほどの場合400万円という事例が掲載されていました。

月給は18万円~30万円で、賞与は年二回あるとのことです。

ただ、その分1年に1回海外研修があり、その費用を負担してくれるといった部分もあるそうです。

また、離職率についても調べてみると、退職する人はかなり多いようです。

退職の理由についてもみてみると。

・労働時間が長すぎて自分の時間がない
・体力的に限界がきたのでやめた
・評価が全くされないため
 
退職理由としてはとにかくその労働時間の長さが理由となっていたようです。
 
プライベートの時間を確保できず、体力回復する時間もないことが大きな理由となっていました。
 
社内でのパワハラ・セクハラなどの問題についても調べてみましたが、はっきりとした部分は見当たりませんでした。
 
 
しかし管理職は男性ばかりでキャリアには性別が関係しているのでは?との意見もありましたが。
 
 
社内での評価制度についても、基本的に社長に気に入られるかどうかが重要視されていたようです。
 
 

一方でエスコヤマでの働きがい、やりがいといった部分についても調べてみると。

・世界で評価されている味覚を勉強できる
・オーナーのクリエイティブさを学べる
・お客様と対面で販売、事務職、外回りなど様々な経験ができる
 
 
やはりオーナーの小山氏と一緒に仕事ができることが、大きなやりがいとなっているようです。
 
総じてみると、やはり労働時間の長さや残業の多さにより多くの人が離職している現状はあるようですね。
 
やりがいを感じられる人もいるなか、残業と労働時間によりブラック企業だと感じる人もいるのが現状のようです。
スポンサーリンク

エスコヤマで起きていたその他のトラブルとは?

エスコヤマが残業や労働時間で話題になっていますが、以前にもトラブルがあったようです。

2019年にアダルト用のゲームの中にエスコヤマの外観が勝手に使用されていたことがあったそうです。

これに対してエスコヤマは抗議をしていたようですね。

というのも、子供用の事業なども展開しており、クリーンなイメージを傷つけられたという主張があったからです。

ちなみにこのゲームは【喫茶ステラと死神の蝶】というゲームだったようですが。

その中の喫茶店がエスコヤマそっくりだったようですね。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました