死刑執行【2021年12月21日】3人の顔と名前!藤城康孝と高根沢智明と小野川光紀の現在とは

トレンドニュース
スポンサーリンク

2021年12月21日に死刑囚の死刑が執行されたという報道がありました。

日本での死刑執行は2年ぶりでしたが、3人の死刑囚が対象となったようです。

一部の報道では名前がでていましたが、顔や具体的な事件内容については掲載されていませんでしたので、こちらで3人の死刑囚について調べてみました。

スポンサーリンク

【2021年12月21日】3人に死刑執行

2021年12月21日に、死刑囚3人の死刑が執行されたという報道がありました。

昨年は死刑執行は行われていないようなので、2年ぶりとなります。

ちなみにここ最近でどのくらいの数の死刑執行が行われているのかというと。

2021年 3人
2020年 0人
2019年 3人
2018年 15人
2017年 4人
2016年 3人
2015年 3人

大体1年で3人前後の執行が行われているようです。

2018年に15人行われたのは、オウム真理教関連の13人が一斉に執行されたからです。

一方で死刑制度の廃止を求める声も多いのが日本の現状です。

アメリカや中国、日本やインドなどは死刑制度がありますが、すでにヨーロッパでは死刑制度がすべて廃止されています。

スポンサーリンク

死刑執行【2021年12月21日】3人の顔と名前!藤城康孝と高根沢智明と小野川光紀の現在とは

2021年12月21日に死刑執行されたのは3人の死刑囚。

名前は藤城康孝、高根沢智明、小野川光紀という三人でした。

では、いったいどんな顔であり、どんな事件を起こしていたのでしょうか。

2021年12月21日死刑執行①藤城康孝

こちらは2004年に加古川七人殺害事件の犯人として逮捕された藤城康孝死刑囚。

近隣住民、そして親族らあわせて男女7人を刃物で刺して殺害、1人に重傷をあたえ、ガソリンで家を放火し逃走。
近隣住民や伯母から邪魔者扱いされていると思いこんでいた藤城死刑囚。
 
事件が起きた4年前の2000年頃からガソリンなどを用意して、殺害を計画していたといいます。
 
その後裁判は最高裁までもつれるのですが、きわめて残忍極まりない事件であり、藤城容疑者にも責任能力があることが認められたため、2015年6月10日付で死刑が確定しました。

2021年12月21日死刑執行②高根沢智明

死刑執行された高根沢智明死刑囚の顔画像については、ネット上でも見当たりませんでした。

高根沢死刑囚が起こした事件は、強盗殺人事件。

2003年2月に群馬県伊勢崎市にあるパチンコ店の店員をロープで首を絞めて殺害し、鍵を奪って店に侵入。売上金300万円を盗み、その後店員の遺体を川に遺棄しました。
さらに、高根沢死刑囚は同じ年の4月に、群馬県太田市にある別のパチンコ店の店員を同じように殺害しています。
 
この時は店の売上金は盗めなかったようですが、同じように死体をまた川に遺棄しています。
 
2009年6月に死刑が確定し、2021年12月21日に死刑執行となりました。

2021年12月21日死刑執行③小野川光紀

小野川光紀死刑囚についても顔画像を探しましたが見当たりません。

ではいったいどんな事件を起こしていたのかというと。

高根沢智明死刑囚と全く同じ事件であり、共犯者。
先ほどの高根沢死刑囚は、実はパチンコ仲間である人物と共謀して犯行を行っていたのですが。
 
その共謀していた共犯者がこの小野川光紀死刑囚だったんですね。
 
この2人は事件の7年前に同じパチンコ店で働く同僚であり、そのときから交流があったようです。
 
2人は1件目の強盗殺人も、2件目の殺人も一緒に行っています。
 
そのため、二人とも同じく死刑判決が下り、2021年12月21日に二人あわせて死刑執行が行われました。
スポンサーリンク

2019年の死刑執行者の顔や名前は?

今回の死刑執行は2年ぶりとなりますが、その前の死刑執行者は魏巍死刑囚です。

福岡一家四人殺害事件で死刑となっていた男性ですね。

2003年6月にに、中国人留学生3人により強盗殺人、死体遺棄事件が起きました。

日本人家族4人を殺害し、金銭を盗み、死体を海に遺棄した事件でした。

家族の中には小学生の子供も2人いたのにもかかわらず、首を絞めて殺害したという卑劣極まりない事件として衝撃をあたえました。

また、2019年には他にも2名の死刑執行が行われていました。

福岡三女性連続強盗殺人事件、大和連続主婦強盗殺人事件の犯人である鈴木泰徳死刑囚と、庄司幸一死刑囚でした。

福岡三女性連続強盗殺人事件では、2004年~2005年にかけて鈴木泰徳死刑囚が18歳、62歳、23歳の女性を次々と襲い、強盗と殺人を繰り返した卑劣な事件。
大和連続主婦強盗殺人事件では、2001年8月頃に庄司幸一死刑囚が強姦目的で54歳女性宅に侵入し、殺害したうえ金品を窃取。翌月にも42歳女性宅に侵入し、強姦、殺害、そして金品を窃取。さらに60歳の女性宅に侵入し強姦、そして現金を窃取。
どちらも卑劣極まりない事件でした。
スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました