福岡市中央区解体のタワマンの場所はどこ?カスタリア大濠ベイタワーの地図や住所を確認!

トレンドニュース
スポンサーリンク

福岡市の中央区にあるタワーマンションが解体されるという報道があり、全室退去の案内がでていたそうですね。

2006年にできたばかりのタワマンのようですが、免震偽装という理由で解体にいたったようですが、、

・福岡市中央区のタワマンの場所ってどこ?

・タワマンの名称や住所は?
・そもそもどんな免震偽装が行われていたの?
・東洋ゴムの不正データって何?

などなど気になるところが多かったので、今回福岡市中央区の解体される賃貸タワーマンションがどこなのかについて調べてみました!

最後までお読みいただけると嬉しいです♪

スポンサーリンク

福岡市中央区でタワマンが解体?東洋ゴムの不正データ事件を確認!

福岡市中央区の賃貸タワーマンションが解体されるということで、全居住者に退去の案内がでていたようで、、

普通解体するので退去してくださいって聞くとそうとう古いマンションなのかな~と思ってしまいますが、どうやら2006年築で新しいタワマンのようです。

ではなんでこんな築15年ほどの賃貸タワマンが解体されることになっているのかというと、どうやら免震偽装があったようなんですよね~!

詳しく調べてみると、どうやらタワマンに使われる【免震ゴム】において、不正にデータが改ざんされていたようで、国が定める基準を満たしていなかったようなんですよね~。

となると地震が起きたときの安全性についての問題が出てくるわけですから、、

ちなみにこの不正データ改ざんについては2015年に発覚していたようですが、6年の時を経て解体に踏み切ったようなんですよね。

たしかに安全性についての問題は一番大事な部分ですが、、、でも解体以外には方法はなかったのかなと。

というのもすでに多くの住民の人が住んでいたようですからね~212戸もある部屋のうち4割近くが入居していたといいますから、、

単純に考えて80世帯の人が急遽退去となるわけですもんね・・

しかし、どうやらこの東洋ゴム工業は他のマンションでも偽装製品を使用していたようで、そちらについては部品を交換という対応をとっていたようです。

・・ん?となるとなんでこの福岡市中央区のタワマンだけ解体??と疑問に思いますよね、、

そこで調べてみたのですが、どうやらこちらについては住民への説明は一切ないようで、突然解体が決まったようなんです。

そこの経緯が説明されないというのは、住民も納得いかないはずですよね。

さらに調べてみると、このマンションはもともと大手デベロッパー系の法人が所有となっていたようですが、2021年7月から新たな法人に所有権が移転していたようです。

となるとこの法人が解体を目的として入手していた可能性が高いのかなと。

いずれにせよ住民に対して解体の経緯や理由を説明する義務があると思いますが。

スポンサーリンク

福岡市中央区解体のタワマンの場所はどこ?カスタリア大濠ベイタワーの地図や住所を確認!

今回福岡市中央区で解体されるタワマンはカスタリア大濠ベイタワーという賃貸マンションのようですね!

このカスタリア大濠ベイタワーはどこの場所にあるかというと、、

海を間近で眺められる、とっても景観のいいタワマンだったようなんですよね~!

天神も近いのでかなり利便性もよかったところのようですが、、

ちなみにこのカスタリア大濠ベイタワーってどんな賃貸マンションだったかというと、、

マンション名:カスタリア大濠ベイタワー
所在地: 福岡市中央区港1-6-6
築年数:2006年
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造30階建て
アクセス:大濠公園駅徒歩9分

カスタリア大濠ベイタワーは30階建てマンションで、2021年現在では築15年になるところですね~!

やはり上層階は眺めが非常にいいことが売りで、夜景なんかもかなりいい物件だったようです。

家賃なんかも調べてみると、、どうやら2LDKで77㎡の部屋で15万2,000円ほどだったようですね~!

近くの天神の家賃相場なんかをみてみても、大体2LDKは10万円~13万円ほどなので、相場と同じくらいもしくはやや高いくらいの賃料だったようですね~

また、カスタリア大濠ベイタワーの口コミや評判なんかもみてみると、、

・セキュリティ管理がしっかりしている
・海を眺められるので景色が抜群
・天神に近いので買い物などに便利な立地
 
眺望の良さやアクセス、利便性のよさなどがいいタワマンだったようですね~!
 
しかし今回全室退去が決定しているようで、期日は2022年6月までということですから、、、
 
今住んでいる方は1年以内に新居を見つけて引っ越さないといけないわけですよね・・
 
まだ長く住んでいない人がほとんどだと思いますが、引っ越し代金もばかにならないですよね。。
スポンサーリンク

東洋ゴムが関わった他のタワマンの場所はどこ?

今回福岡市中央区にあるカスタリア大濠ベイタワーが解体されることになったようですが、この原因となった東洋ゴムは他にもマンションを多く手掛けていたようですね。

というのも全国で同じ部品を使っていたマンションが154棟もあったようですから、、

他には全国でどういったマンションで東洋ゴムの免震ゴムが使われていたのかなと、、

そこで調べてみると、神奈川県横浜市にある【ドゥーエ横浜駅前】でも東洋ゴムの免震ゴムがつかわれていたようですね、、

ちなみにこちらのマンションでは東洋ゴムからの補償金により、内装などをさらに改善してきれいにしたようで、、

久留米市の車両火災の車種やメーカーはどこ?日産セレナの発火原因も調査!

 

他にも全国にはまだまだ多くのマンションがあったようですが、すでに148棟で交換作業などを終えているようです。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました