群馬太田市でクラスターの工場はどこ?会社名や場所についても調査!

トレンドニュース
スポンサーリンク

群馬県太田市にある工場でコロナのクラスターが発生したことがニュースになっていました。

新型コロナも収束に向かっていると思われたなか、現在はオミクロン株という新たな脅威が生まれています。

またコロナ対策の引き締めが検討されている中でのクラスターだったため、多くの注目が集まっていました。

そんなクラスターが発生した太田市にある工場とはどこなのか、会社名などについても調べてみました。

スポンサーリンク

群馬県太田市でクラスターが発生?工場で起きた事例とは

群馬県の工場でクラスターが発生したことが話題になっています。

高石市の化学メーカーはどこ?鼻にからしをいれた画像やいじめ内容とは

2021年12月5日までに合計で42人のコロナ感染者が確認されていたようです。

12月2日までに16人の感染確認
12月5日までに26人が追加で感染確認

10代から50代の男女ということですが、すでにワクチンを2回接種していた人はそのうち29人いたようです。

コロナが収束に向かっているとはいえ、やはりコロナ対策は依然として必要です。

ではこの工場での対策はどうだったのかというと、

工場内ではマスク着用が義務付けられており、密にならないようにしていたようです。

工場内ではコロナ対策も引き続き行っていたようですが、クラスターが発生してしまったようです。

しかし最近国内でのコロナ感染者はかなり減っており、東京でも一日に二桁台の感染者数となっていましたからね。

オミクロン株についてが騒がれていますが、全国的にはかなり感染者数が減っていたところでした。

そんな最中に起きた群馬県太田市でのクラスターだったため、注目度は高くなりましたね。

スポンサーリンク

群馬県太田市でクラスターの工場はどこ?会社名や場所についても調査!

群馬県太田市でクラスターが発生した工場については、会社名や場所の情報が公開されていませんでした。

しかし、群馬県太田市にある大きな工場となれば、かなり限られてくるようです。

報道では、この工場で従業員300人の検査を進めていくという情報がありました。

となると少なくても300人~400人規模の工場となります。

群馬県といえば大塚製薬や味の素など大手の工場があることでも知られていますが、太田市にある工場を調べてみると。

・旭化成
・SUBARU
・いづみ興業(92名)
・富士ゴム工業(180名)
・しげる工業(1077名)

旭化成やSUBARUについては従業員数を現在調査中です。。

しかし報道での300名規模の工場となると、該当しない工場が多いようで、、

ですが、すでにネット上ではとある情報が出回っているようで。

群馬県太田市の工場っていったらSUBARU?

SUBARUといえば太田市に工場があることでも有名なため、思いつく人がおおかったようです。

ちなみにSUBARUの群馬製作所矢島工場では2021年12月2日にコロナ感染者が確認され、消毒などを実施していたようです。

今回のクラスター報告との関連性は不明です。

スポンサーリンク

太田市のように群馬の工場でおきたクラスターとは

全国の工場では、人が密集したりすることによるクラスター事例が多くあるのですが、

今回と同様の群馬県では過去にもクラスター事例があるようです。

太田市にある日本発条群馬工場でもコロナ感染者が12人でて、クラスターがあったようです。

また、過去にはスバルの工場でもクラスター事例などがあった模様です。

オミクロン株などまだまだコロナ脅威が残るなか、引き続きコロナ対策の徹底が必要ですね。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました