群馬県庁自殺事件のパワハラ内容や被害者の実名は?なぜ知事の名前が記されていたのかも調査!

トレンドニュース
スポンサーリンク

群馬県庁で起きたパワハラ自殺事件ですが、フライデーで報じられていたようですね。

県職員の59歳の男性が自ら命を絶った事件ですが、その真相については明らかになっていないようなのですが。

しかし遺書の中には知事や副知事の名前があったようですから。

いったいどういう関係なのか、その真実が気になるところです。

ということで今回は群馬県庁でのパワハラ自殺事件について、被害者や加害者の実名から事件概要などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

群馬県庁パワハラ自殺事件をwiki風に確認!事件の概要や経緯とは?

群馬県庁で起きた一人の男性の自殺。

山形さくらんぼテレビの専務Tは冨澤弘行?顔や経歴からパワハラの実態についても調査

しかしどうやらその背景にはパワハラが原因ではないかという疑惑があがっているようです。

2021年8月に鈴木貴男(仮名)さん59歳が実家の納屋で命を絶ったという事件がありました。
 
当時現場は鈴木さんの実家であり、鈴木さんは農薬を飲んで命を絶ったと報道されていました。

しかしどうやらこれは単なる自殺というのではなく、その背景にパワハラが絡んでいるという疑惑が浮上していたようなんですよね。

なぜパワハラ自殺疑惑が浮上したのかというと、鈴木貴男さんが残した遺書があったようで。
 
遺書の画像や全文はみあたりませんでしたが、その遺書の内容をみると、そこにはある人物の名前が記されていたようです。
  • 山本一太知事
  • 宇留賀敬一副知事

山本一太知事といえば、2019年から群馬県知事として就任しており、2021年現在も継続しています。

2012年の安倍内閣のときには、内閣府特命担当大臣としても活動していましたね。

一方の宇留賀敬一副知事はというと同じく2019年に副知事に就任しており、バックグラウンドは経済産業省という経歴をもっています。

そんな二人の名前が、この群馬県庁で自殺した男性の遺書に記されていたようですから。

ではいったいなぜパワハラ疑惑が上がっており、その内容はどんなものだったのでしょうか。

スポンサーリンク

群馬県庁自殺事件のパワハラ内容や被害者の実名は?なぜ知事の名前が記されていたのかも調査!

そもそもなぜこの群馬県庁の職員が自殺したことがパワハラかといわれているのかというと、その理由は2つあるようです。

・群馬県内の射撃練習場の予算を切られたことによる対応
・遺族が山本一太知事の弔問を拒否
 
どうやらこの鈴木貴男さんは亡くなる前に、仕事でかなり疲弊していたようなんです。
 
というのも、群馬県知事などの上層部から射撃練習場の予算を切られてしまい、その対応に追われていたようですから。
 
おそらく射撃練習場の関係者などからの苦情や摩擦、トラブルなどへの対応が大変だったのかなと。
 
また、鈴木貴男さんが亡くなった後に知事である山本一太氏が弔問に訪れたようなのですが、
 
それを遺族が拒否しているんですよね。
 
会社の上司、上層部である山本一太氏の弔問を遺族が断るということは、自殺の原因に関与していると考えてもおかしくないですよね。
 
こういったことから群馬県庁職員の自殺はパワハラが原因じゃないかといわれているようです。
 
また、今回自殺してしまった鈴木貴男さんの実名や顔についてはネット上にも情報がほとんどでていませんでした。
 
そもそもこの群馬県庁のパワハラ自殺事件に関する情報がほとんどネット上にでていないというのは不自然な気がしますが。
スポンサーリンク

群馬県庁パワハラ自殺事件はなぜネット上の情報が少ない?

今回群馬県庁パワハラ自殺事件を調べてみたのですが、ほとんど情報がネット上に上がっていませんでした。

そもそもフライデー以外ではほとんど取り上げていなかったようです。

普通群馬県庁でパワハラ、そして自殺などがあれば大きな話題になりそうですが。

過去に県庁で起きた自殺や自殺未遂などはネットニュースでも取り上げられていましたし、話題になっていましたが。

今回の群馬県庁パワハラ自殺事件についてはなぜか情報がほとんど出回っていません。

引き続きこの真相については調査していきます。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました