ホンダシビック事故の保険会社はどこ?加害者や相手の素性とは

トレンドニュース
スポンサーリンク

めざまし8で報道されていたホンダのシビック事故が話題となっています。

なぜかというと、交通事故で大破したシビックに対して、保険金がわずかしかおりないからですね。

450万円の車に対して180万円。

今回はそんなシビック事故に関する情報をまとめています。

スポンサーリンク

ホンダシビック事故がSNS上で話題に

10対0で相手が悪い交通事故なのに・・・保険金の額は車の納車予定額をはるかに下回る結果。

そんな事故が話題となっています。

事故がおきたのは2022年9月26日。場所は栃木県大田原市でした。

直進するシビックに対して、右から車が突っ込んできた交通事故。

明らかに衝突してきたほうの信号は赤信号であり、ドラレコにも記録されていたので責任は10対0。

まあでも保険金がおりるから問題ない・・・とはいかないようです。

なんと相手側の保険会社が掲示してきたのは大破した車の納車予定金額の半額以下。

この事故にあったホンダシビックは中古車であり、450万円での納車予定でした。

しかし保険会社は180万円という金額を提示してきたんですよね。

スポンサーリンク

ホンダシビック事故の保険会社はどこ?加害者や相手の素性とは

このシビック事故の相手側の保険会社については、会社名が一切明かされていません。

そのためどこの保険会社かは特定できていないのが現状です。

しかし、有名な損保会社というと・・・

  • JA共済
  • 東京海上
  • 三井住友海上
  • 損保ジャパン

などがあげられますが。

なかでもSNS上ではこういった損保会社の名前があがっていたようですね。

しかし全く確証や情報などはありませんので、現時点で特定することは難しいと思われます。

ちなみに損保で一番苦情の件数多いのは、こちらの会社のようです。(2017年度)

1位:損保ジャパン 55,422件
2位:東京海上日動 49,595件
3位:あいおい 44,147件
4位:三井住友海上 34,328件
5位:ソニー損害保険 23,079件

参考:MONEY GROWTH

また、今回の事故の相手の加害者についての名前や顔といった情報も一切でていません。

今回事故直後に、明らかに赤信号で突っ込んできたのに『なんでぶつかってきたの』『こっちが青だよ』という態度をとっていましたからね。

 

加害者側のなかなかの態度に、SNS上でも批判が相次いでいたようですが。

それにしても今回の事故の報道により、多くの損保での体験談などがSNS上に出回っています。

まだこの被害者であるHonda Cars野崎の松本店長は戦っています。

スポンサーリンク

ホンダシビック事故のような事例はある?

中古車の交通事故による、損保との問題は以前から日本各地で起きているようですね。

 

中古車は経過年数や状態によって残存価格が変わるようですが、各保険会社がそれぞれ基準を決めて保険金の額を決めているとのことなので。

今回のようなトラブルは山ほどあるようです。

しかし今回はファンも多いシビックの事故ということで、大炎上していますが。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

ロッキード事件をわかりやすくまとめ!陰謀説や変死の真相とは
ロッキード事件とはアメリカの航空機メーカーであるロッキード社が航空機を売る為に様々な国の政治家へ賄賂を渡していた事が明るみになった事件です。日本では当時の首相である田中角栄が逮捕される汚職事件として大きなニュースとなりました。何があったの...
チック症の芸能人ランキングトップ5!意外な有名人も実はそうだった
チック症という疾患について聞いたことがあるでしょうか?身の回りに独特なクセのある方がいて、気になった経験もあると思います。実はその方はチック症だったのかもしれません。今回はチック症とはどんな病気なのかについて調査してみました!チック...
井の頭公園バラバラ事件の真相や犯人とは?宗教や有力な説を考察
井の頭公園で起きたバラバラ事件。あまりにショッキングな事件かつ、未解決事件でありいまだに多くの人の記憶にも残っているのではないでしょうか。事件からすでに30年近く経過しようとしていますが、結局のところ真犯人や事件の真相はどうなっているの...

コメント

  1. 匿名希望 より:

    交通事故に限らず、自分に過失があるならまだしも、過失なしで被害者が求める損害賠償は、事故が起きる前の状態に限りなく戻すこと。それに加えて事故により失った時間的損失と、心的ストレスも損害なので、賠償すべきだ。
    保険会社が保証すべきは車両と人身障害の部分で、加害者がその他を賠償する十分な仕組みがないのがこの国だ。訴訟費用や訴訟にかかった時間的コストも十分に金で保証すべき。被害者がやられ損が許されるなら、犯罪増加にも繋がると思う。

  2. 匿名希望 より:

    10年ぐらい前、乗車中の路線バス(神奈川県内最大手の神奈中)で、急発進による車内事故。早朝始発で乗客は自分一人、目撃者無し。乗車〜着席前の急発進でそのまま最後尾の座席まで飛ばされ、背もたれに片手で全体重と加速によるGが掛かって右肩腱板損傷。終点の鉄道駅到着後、運転手に訴えたが、神奈中からは見舞いの手拭い一枚、あとは神奈中と大手契約している【損保ジャパン】が窓口になったが、ずっと痛いまま、仕事でPCのマウス操作でさえ急に脱力して文字通り「箸も持てない」症状。
    治療途中で「症状固定〜賠償」の提案出されたが、まだ痛いので「治してくれよ!」と訴えたら、「あまりゴネるとこっちもケツまくるぞ!」と脅迫された。
    その旨平塚営業所長に直接訴えて、病院でDr.立ち会いで暴言吐いた担当者ともども謝罪させたが、補償については納得出来なかった。
    腱板損傷は大掛かりな手術せにゃならず、非正規雇用だったので失職のリスクのほうが大きかったのだが、10年経った今でも右肩は一定の動きしか出来ない・・・
    結論、自分が加入しても相手に満足いく補償が出来ず、相手が損ジャだと泣き寝入り。苦情の多いワーストワン、という事で、【損ジャだけは何があっても最悪】という話だわ。

タイトルとURLをコピーしました