本庶佑の事故の原因は対向車線へのはみ出しか?「右折して入る際に」現場の場所も確認

トレンドニュース
スポンサーリンク

ノーベル賞を受賞していた本庶佑さんが、衝突事故を起こしていたという報道がありました。

命に別状はないようですが、本庶さんとバスの乗客が軽傷をおったようです。

ノーベル生理学・医学賞を受賞しており、京都大学の特別教授でもある本庶さん。

いったい事故の原因はなんだったのでしょうか。

スポンサーリンク

本庶佑がバスに衝突して事故!ノーベル賞受賞したそのプロフィールや経歴とは

本庶佑さんが運転する車と、バスが衝突事故を起こしていたという報道がありました。

しかし命には別条がないようで、少しほっとしましたが。

とはいえ足を痛めており、バスの乗客の女性も軽傷をおっていたようです。

事故の映像をみると車の前頭部がかなり破損しているようにもみえましたが。

そんな本庶佑さんですが、2018年にノーベル賞を受賞したことが話題になりましたね。

2013年には文化勲章、そして2018年にはノーベル生理学・医学賞を受賞しています。

肩書も非常に多く。

・京都大学名誉教授
・京都大学がん免疫総合研究センター長
・文化勲章受章者
・文化功労者
・神戸医療産業都市推進機構理事長 など
そんな本庶佑さんですが、今回なぜ事故が起きてしまったのでしょうか。
スポンサーリンク

本庶佑の事故の原因は対向車線へのはみ出しか?「右折して入る際に」現場の場所も確認

本庶佑さんの事故の原因はまだ詳しく判明していませんが、対向車線にはみ出したことが理由のようです。

現場をみていた男性によれば、本庶佑さんの車が右折する際に、バスと正面から衝突したそうです。

事故現場はどこだったのかというと。

ニュースで目撃した男性のうしろに「しばた医院」というのが見えたので、おそらくこのあたりが現場になったようです。

ちなみに本庶佑さんの車は黒のプリウスだったようですが、かなり破損していたようです。

本庶さんの車は京都市役所前駅の方面に向かっており、そこで右折して堺町通に入ろうとしていたそうです。

信号がある場所ではなかったようです。

ちなみに衝突したバスは京都大学のスクールバスだったようで、大学関係者などが多く乗車していた模様です。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました