兵庫でコロナ誤情報のインフルエンサー医師は誰?中村篤史の経歴やこれまでの活動も調査!

トレンドニュース
スポンサーリンク

名古屋で開かれたコロナに関する講演会において、コロナの誤情報を伝えていた兵庫県の医師が話題になっていましたね。

どうやらその講演会の内容によりコロナのワクチンを今でも受けることにためらってしまうという人が多数いるようです。

しかしこの医師はどうやらインフルエンサーであり、SNSでも投稿が多く拡散されている人物だということのようですが・・

いったいこの兵庫県の医師とは誰なのでしょうか。

こちらでその人物の経歴やプロフィールなどについてもまとめてみました。

スポンサーリンク

兵庫の医師が名古屋の公演でコロナの誤情報を発信?その内容や話題になった経緯も調査!

どうやらコロナに関する誤情報を発信していた医師がいたようです。

そんな報道が話題になったのは2021年9月12日のことですが、問題となった講演会は2021年7月4日に開催されていたようですね。

 

愛知県名古屋市で開かれた『新型コロナと遺伝子ワクチン』というイベントだったようです。
 
 

名古屋駅前のウインクあいちで開催されていた講演会のようですが。

この講演会をきいた方によると、今でもワクチンを接種するのが怖いという人が多くいるようで。

ではいったいどんな講演会だったのか、その内容についても調べてみると。

・政治家や医師、芸術家が集結
・コロナの問題点やワクチンについての講演
・パネルディスカッションや演奏
 
政治家の挨拶や講演、さらには現役医師によるコロナやワクチンの問題点などの公演だったようです。
 
参加費は4000円で、主催は統合医療クリニック徳というところだったようですね!

この主催者について調べてみると、どうやら名古屋市中区にある病院のようで統合医療を主に行っている病院のようです。

統合医療とは、伝統や民族医学に基づいた東洋医学をベースに、科学的な西洋医学の利点を組み合わせて患者さんの症状緩和をめざすものです。 引用:ドクターズファイル

しかしどうやらコロナワクチン接種中止の嘆願書などを提出していたようですから、明らかに反コロナワクチンの方のようですね。

そんななか!この名古屋で開かれた『新型コロナと遺伝子ワクチン』ではどんな内容が語られていたかというと・・

「PCR検査はインチキ。世界にコロナの存在を証明するものはない」
「ワクチンを打つと遺伝子が改変される」

このような情報が発信されていたようです。

これにより講演を聞いた人たちはコロナワクチンを未だに接種するか迷っているようですから。

読売新聞オンラインはこの講演会について

接種を巡って誤った情報が広がるのは、ごく一部の医師らの発信が影響している。講演会で最も注目されたのが、兵庫県内で内科・精神科クリニックを運営する男性医師だった。 引用:yahooニュース

と兵庫のクリニックの医師について言及していたようです。

となるとこの兵庫の医師とは誰なのかが気になりますよね。

スポンサーリンク

兵庫でコロナ誤情報のインフルエンサー医師は誰?中村篤史の経歴やこれまでの活動も調査!

兵庫で精神科・内科のクリニックをしているインフルエンサー医師というのは中村篤史医師ではないかといわれているようです。

というのもこの名古屋の講演会に出席していた医師は二人いるのですが、そのうち一人はクリニック徳院長の高橋徳さんという人物。

このクリニック徳は愛知県名古屋市にありますからね。となると兵庫でクリニックをしているのは中村篤史さんということになります。

調べてみると、兵庫県神戸市中央区でナカムラクリニックを経営しているようですね。
 
 

内科や心療内科、精神科、外来などをメインで受け付けているようです。

とそんな中村篤史医師は以前からTwitterなどで反ワクチンやコロナの問題などについて投稿していたようですが、ついにはツイッター社からアカウントを凍結されるという事態になったようで。

 

ちなみに現在はツイートは行っていないようですが、フォロワーは3.9万人ほどいたようで、2020年3月からさまざまな投稿をしていたようです。

多くの人がいいねやリツイートをしていたようですから、影響力はかなりあったものと思われます。

そんな中村篤史医師ですが一体どんな経歴を持っている人物なのかなと。

調べてみると、どうやら出身大学は信州大学医学部だったようですね。

その後は勤務医として病院で勤務していたようですが、その後兵庫県神戸市においてナカムラクリニックを開業したようです。

出身や高校、勤務していた病院などの情報については見当たりませんでしたが、神戸付近の病院で働いていたのかなと。

開業医の方だと自分の出身や地元で開業することが多いようですし。

ちなみにナカムラクリニックを開業したのは2018年4月ということですから、現在開業して3年が経過したところのようですね。

年齢などに関する情報についても調べてみると、どうやら2018年時点で37歳だったようですね。

となると中村篤史医師の年齢は2021年現在で40歳かと思われます。

 

となると気になるのは、すでに結婚して奥さんや子供がいるのかな~と・・

しかし2018年時点のブログをみると結婚に対してあまり前向きではなく、当時はまだ独身であることを語っていました。

どう考えたって、結婚なんて合わないよ。そんなリスクに飛び込むバクチなんて、できやしない。
パッとしない嫁と、大して可愛くもない子供に、自分の稼いだ金、自分の時間を彼らに吸収されて、自分の人生を生きられなくなってしまったら?引用:院長ブログ

しかし最近では犬を飼い始めたようですので、我が子のようにかわいがっているようですね!

ちなみに犬種はゴールデンレトリバーのようです♪

スポンサーリンク

名古屋のコロナ講演会に出席していた医師は中村篤史以外にもいる?

兵庫の中村篤史医師が出席していた名古屋のコロナ講演ですが、もうひとりの医師として出席していたのが高橋徳さんのようですね。

主催者である統合クリニック徳の院長である高橋徳さんですが、同じく反ワクチンの考えを発信しているかたのようです。

ちなみに経営している統合医療クリニック徳は名古屋市にあるようですね。

以前中村篤史医師と一緒に本も出版していたようですが、そのタイトルが『コロナワクチンの恐ろしさ』というタイトルのようでしたから。

接種後の副反応からその後の未来の危険性などについてを語っていた本のようですが・・

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました