ランボルギーニ当て逃げ犯人は誰?モザイク無し顔画像や無職で前科持ちの経歴

トレンドニュース
スポンサーリンク

高級車として知られるランボルギーニですが、自転車に当て逃げされるという事件が起きていました。

事件の動画をみると、自転車の男性が勢いよく前から追突し、その勢いで転倒している様子がわかります。

しかしその男性はそのまま逃げ去ってしまい、連絡などもないようです。

そんなランボルギーニに対する自転車での「当て逃げ」事件について、今回調べてみました。

スポンサーリンク

ランボルギーニ当て逃げが発生!自転車で追突した犯人とは?

ランボルギーニに当たった自転車の男性が、吹き飛ぶようすが防犯カメラに映し出されていました。

2021年12月3日に、ランボルギーニに対して発生した当て逃げ事件。犯人である男性はいまだに見つかっていないとのことです。

しかしこのランボルギーニの修理費用は、少なくても300万円以上かかるということでした。

実際に自転車に当て逃げされたランボルギーニの傷をみてみると、黒い傷がはっきりとわかります。

その被害総額は、持ち主によると300万円近くかかるそうですから。

持ち主は家に用事があったので一瞬だけ自宅に戻ったのですが、車に戻ると既にこの状態になっていたようです。

ちなみにランボルギーニといえば、少なくても価格3,000万円~4,500万円以上はする高級車ですからね。
 

ちなみに新庄選手が乗っていたランボルギーニは1億円近くするといわれていましたね。

そんな愛車が自転車の見ず知らずの男性により、傷つけられてしまったという事件。

いったいこの自転車で当て逃げした犯人は誰なのでしょうか。

スポンサーリンク

ランボルギーニ当て逃げ犯人は誰?モザイク無し顔画像や無職で前科持ちの経歴

@igamiki1005 思い入れがありすぎる車で泣き寝入りは本当に辛すぎる。#拡散 #拡散希望 #拡散希望です #拡散お願いします #拡散して #おすすめ #おすすめにのりたい #バズりたい #バズれ #犯人探し #犯人を探せ ♬ เสียงต้นฉบับ – inosuke22164 – ガスジョン🌱🏮

こちらがランボルギーニ当て逃げの犯人のモザイクなし画像ですね。テレビの報道ではモザイクがはいっていましたが、持ち主の女性のSNSではモザイクなしで投稿されていました。

外見からすると20代~30代ぐらい、白いパンツに黒のニットか何かを着ており、リュックを背負っています。

しかし追突前に何かのアクシデントがあったようにも見えません。

となるとスマホをみながらの【ながら運転】や、イヤホンで音楽を聴いていたのかなと思ったのですが。

この映像ではイヤホンや、スマホなどを確認することはできませんでした。少なくても右手にスマホなどはもっていなかったようにもみえます。

となるとわき見運転などをしていた可能性もありますね。

そんな当て逃げの犯人ですが、どうやらその情報が他にもわかっているようです。

名前:不明
住まい:東京ではない
職業:無職(アルバイト)
その他:前科持ち、親と謝ろうとしていた

その後このランボルギーニ所有者の人に連絡をしていた当て逃げ犯の男性。

親と一緒に謝罪するから、警察はやめてほしいと話をしていたようです。

前科があるため警察だけは必死にとめていたようですが。

そして普段は東京住みではなく、事故のあったあたりも初めて通った道だったそうですが。

しかし事故後に逃げ去った時点で当て逃げですから、持ち主の怒りが収まらない限りは警察で御用になることでしょう。

ちなみにこのランボルギーニ当て逃げ犯の男性、事件後自身のtiktokに投稿していたようですが、まるで反省をしていなかったようです。

@sabu9650 @igamiki1005 さんへ!@dy4qki5odwvb ♬ オリジナル楽曲 – ???

にもかかわらず、その後持ち主とのやりとりでは謝罪の一面をみせています。その後逆切れしていたようですが。

スポンサーリンク

ランボルギーニ当て逃げのような自転車の事件

今回のように高級車への自転車当て逃げといえば、ロールスロイス当て逃げ事件ですね。

2021年8月頃に拡散された当て逃げ動画。自転車の男性がロールスロイスの後ろ部分に追突する映像が拡散されていましたね。

ニュースでも取り扱われていましたが、どうやら事故の原因はスマホ見ながら、そしてイヤホンで音楽を聴きながらのながら運転だったようですね。

修理代は100万円かかったという事故。東京都目黒区で起きた事件でしたが、大きな話題になりましたね。

ちなみにこの時のロールスロイスの価格は6000万円ですから・・こういったわき見運転やながら運転の自転車は本当に危険です。もっと注意すべきだと思いますが。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました