【愛知】モデルナワクチン異物混入会場はどこ?バンテリンドームや大規模接種センターも確認!

トレンドニュース
スポンサーリンク

ワクチンに異物混入が見つかったということで、日本全国で同じロット番号のワクチン接種が見合わせとなっているようです。

そんな問題となっているワクチンはモデルナ製ワクチンのようで、どうやら工場での製造過程で混入したのではといわれているようですが。。

すでにワクチンを接種した人からすると不安になりますよね。

今回はモデルナワクチンで異物混入が発見されたロット番号を、愛知県のどの会場で使用していたかについてまとめてみました。

スポンサーリンク

モデルナワクチンに異物混入報道!愛知でも報告があった異物の正体とは?

モデルナ製ワクチンにおいて、異物が入っていることが判明したようですね。

一部のワクチンにおいてということのようですが、自分の接種したワクチンに入っている可能性があるとなればかなり不安になりますよね。

異物がなんなのかについては現在も調査中のようですが、金属片である可能性が高いということは報道に出ていました。
 
異物混入が発覚したことで、現在同じロット番号のワクチンは使用が見合わせとなっているようですが、
 
すでに日本全国の多くの会場でこの異物混入したワクチンと同じロット番号の製品がしようされていたようで。
 
現在までに大阪、東京、埼玉、茨城、愛知、岐阜、兵庫などで、同じロット番号を使用していたことが判明しているようです。

まだこのエリア以外にも使用されていた可能性があるようですが、どこの会場で使用されていたのかが気になるところですよね。

スポンサーリンク

【愛知】モデルナワクチン異物混入会場はどこ?バンテリンドームや大規模接種センターも確認!

愛知県でモデルナワクチンの異物混入リスクがあるロット番号は3004667のようです!

そしてこのロット番号のモデルナワクチンが使われていた会場は4か所あるようで。

・名古屋空港ターミナルビル
・藤田医科大学
・バンテリンドームナゴヤ
・豊橋中央

となっているようです。

また、そのなかでも現在までに異物が混入されていると報告があった会場はこちらです。

バンテリンドーム
 
バンテリンドームでは現在2つの異物混入事例が事前のチェックで発見されていたことがわかっています。
 
バンテリンドームでの他のワクチンについてはすでに異物混入がないことが目視で確認されたうえで使用されていたようですが。
 

しかし基本的にはワクチンは目視で確認をしている状況だといいます。

ではその後のワクチン接種については何か変更などがあるのかというと。

愛知県では大規模接種会場において予約済みの人には予定通り接種をすすめると発表しています。

事前の確認により異物を発見していることから、目視により確認をしたものを接種に使用するようです。

すでに8月16日以降で目視による確認で異物を発見し、使用せずに国にも報告していたようですから。

今回の報道がある前から異物を目視で確認していたようですね。

※追記
モデルナワクチンで異物混入していた会場が発表されたようです。

全国で55か所の会場において使用されていたことから、該当する方はかなり多いものとおもわれます。

スポンサーリンク

モデルナワクチン異物混入における愛知県民の声

愛知県ではすでに以前から看護師などが目視で確認し、その際に異物を発見して使用しないようにしていたようですから。

その部分について安心する人もおおくみられたようですが、

一方で愛知県内で増加する感染者数に対する、不安の声も多くあがっていたようです。

愛知県では2000人を超える感染者数が発表されていました

今回感染者数が増えるなかでの、ワクチン異物混入の報道はこれから接種を考えている人に対してかなりの不安や迷いを与えているようです。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました