大沢良(筑波大)の経歴は東京農工大学!職歴には農林水産省や科学技術庁も

トレンドニュース
スポンサーリンク

筑波大の教授である大沢良氏が強制わいせつの疑いで逮捕されたようです。

筑波大といえば茨城県にある国立大学としても有名ですが、そこで教授として働く大沢良氏が逮捕されたことが大きく注目されているようです。

経歴を調べてみると、過去には農林水産省などでも勤務経験があり、優秀な敬れkいをもっているようですが。

今回はこの大沢良氏について調べてみました。

スポンサーリンク

大沢良(筑波大)がわいせつで逮捕?事件の概要や現場とは

筑波大の教授が強制わいせつで逮捕されたという事件が入ってきました。

逮捕されたのは大沢良容疑者61歳。

逮捕された理由について調べてみると。。

2021年4月~9月のあいだに、大学内で20代の女性の胸をさわるなどのわいせつ行為をしたようです。

これにより強制わいせつとして逮捕された模様です。

事件がなぜ発覚したのかというと、被害にあった女性が2021年11月18日に相談していたからのようです。

「強制的にわいせつな行為をした認識はない」

大沢良容疑者はこのように犯行を否定しているようですが。

しかし被害にあった女子生徒は、筑波大学内の研究室でセクハラを受けたとして訴えていたようです。

しかも一度ではなく、複数回にわたって行われていたようです。

スポンサーリンク

大沢良(筑波大)の経歴は東京農工大学!職歴には農林水産省や科学技術庁も

大沢良容疑者の経歴についても調べてみると。

1983年 東京農工大学農学部 卒業
1987年 筑波大学 農学研究科 修了
どうやら東京農工大学を卒業して、その後筑波大でも農学研究科で学んでいたようですね。農学博士を取得していました。
 
高校に関する明確なソースはまだ調査中ですが、東京都立西高等学校という情報があるようです。
 
卒業後の職歴についてみてみると。
 
1989年~1990年 日本学術振興会 特別研究員
1990年~1992年 科学技術庁 特別研究員
1993年~1998年 農林水産省 北陸農業試験場 主任研究官
筑波大で博士を取得したのちに、日本学術振興会、そして科学技術庁、そして農林水産省で勤務していたようですね。
 
では筑波大での勤務はいつからかというと。どうやら1998年からのようです。
 
筑波大農林学系の助教授として就任し、2010年からは教授として勤務していました。
 
2021年現在は 筑波大の生命環境系の教授として勤務していたようです。
 

2019年には日経新聞の記事に掲載されているなど、名の知られている教授だったようですね。

スポンサーリンク

大沢良(筑波大)の口コミや評判は?

そんな筑波大の大沢良教授ですが、その授業や評判、口コミなどに関する情報は現在調査中です。

男子生徒、そして女子生徒からどのような評判の教授だったのかについて調べています。

そんななか、今回わいせつ被害にあったとされる被害女性のツイートが発見されたようです。

この内容をみてみると、その被害のひどさがわかります。

ひどいときは一か月のうち半月以上もセクハラ行為を受け続けていたようですから。場所は【ボスの居室】と呼ばれる密室内で常に行われていました。

実際に大沢良教授がセクハラ行為を認めている発言などの録音した音声もあるそうです。

被害にあった女子生徒はメンタル的にもかなり傷をおっており、秋学期はほとんど大学に通うことができなかったそうですから。

大学側も対応はしてくれたものの、10月に苦情を出して、11月にようやく聴取が始まるというスピード感だったようです。その後も対応はかなり遅かった模様です。

大学側の早急な対応が必要かなと思いますね。

スポンサーリンク

大沢良(筑波大)は結婚して子供がいる?

大沢良教授が結婚しているのか、子供がいるのかといった家族情報も現在のところ見当たりません。

しかし年齢的には61歳ですから、結婚して妻や子供がいる可能性も高いですね。

20代のころに結婚していれば、すでにお子さんは成人している可能性のほうが高いですが。

もし結婚していたら、家庭内でも離婚などの問題が浮上してしまいそうですが。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました