来世ちゃんのパクリ広告【画像】がひどい?広告会社はどこなのかも調査!

トレンドニュース
スポンサーリンク

漫画「来世ではちゃんとします」がネット広告にパクられていたという報道がありましたね。

通称・来世ちゃんですが、ドラマ化されて放送もされている話題作。

そんな原作の漫画がYouTube広告でパクられていたというのですから驚きです。

作者のいつまちゃんもすでに怒りをあらわにしていましたが、いったいどのようなパクリ疑惑がでていたのでしょうか。

こちらでは実際のパクリ画像から、パクリ広告を作成した広告会社はどこなのかも調べてみました。

スポンサーリンク

来世ちゃんがYouTube広告にパクられる?話題となったいつまちゃんの漫画も確認

「来世ではちゃんとします」といえばマンガがドラマ化されたことでも話題になりましたね。

すでに2回もドラマ化して放送されていた作品ですからね。

 

第1期:2020年1月9日~2020年3月26日
第2期:2021年8月12日~2021年9月30日
 
テレビ東京で水曜深夜に放送されていたのですが、主演は内田理央さん。
 
他にもキャストはお笑いコンビラバーガールの飛永翼さんや、ナレーターにつぶやきシローさんなどの面白いキャスティングで話題になりましたね。

とそんなドラマの原作となった漫画が、いつまちゃんという作者がかいた漫画なのですが。

来世ちゃんはどんな漫画なのかというと。

 

掲載誌:グランドジャンプ
連載期間:2018年2月~
作者:いつまちゃん
ジャンル:4コマ漫画
 
2018年から連載されている4コマ漫画なのですが、性生活をメインに描いているコメディー漫画なんですよね。
 
性に依存している女子・大森桃江が主人公となり、ギャルなのに処女の高杉梅。イケメンで女たらしの松田健、セカンド同定の林勝など個性的なキャラクターが繰り広げるコメディです。
 
性的な内容も多いのですが、読んでいるとついつい笑ってしまう面白い漫画です。
 
とそんな漫画がどうやらYouTube広告でパクリ疑惑が浮上していたようで・・
 
いったいどのようにパクられていたのでしょうか。
スポンサーリンク

来世ちゃんのパクリ広告【画像】がひどい?いつまちゃんの構図や内容がモロ!

こちらが来世ちゃんがYouTube広告でパクられた画像です。

 

右側の二つが原作で、左側が実際にYouTube広告で掲載されていたパクリ広告となっています。

 

たしかにキャラクターの顔のデザインから、吹き出しなどの配置などがほぼ同じとなっていますね。

 

吹き出しの中の文は多少違えど、内容や意味などもほとんど同じ構成となっているようです。

 

なぜ発覚したのかというと、SNS上でファンが作者に教えてくれたようです。
 
ニュースを聞いたときはたまたま似てしまったのかなと思いましたが、この画像をみると明らかにパクりだなということがわかりますね。

 

ちなみに、来世ちゃんでは縄で緊縛されたままオムライスを食べるというシーンもあるのですが、
 
そちらもパクられていたようです。

緊縛オムライスなんて、来世ちゃん以外では見たこともないような気がするのですが。

これに対して作者のいつまちゃんも怒りをあらわにしていたようです。

すでにこのパクった広告会社はパクリを認めており、いつまちゃんに謝罪文も発表しているようですから。

完全に来世ちゃん側が正しいということのようですね。

スポンサーリンク

来世ちゃんをパクった広告会社はどこ?

来世ちゃんをパクりYouTube広告を作成していた広告会社はGROWBINGという会社のようです。

 

いったいどんな会社なのかというと。

会社名:株式会社GROWBING
所在:東京都港区六本木7-18-18
設立:2019年12月
事業内容:インターネット広告事業
月商:1億円
 
代表の倉田将希さんという方が一人で立ち上げ、設立わずか2か月で月商1億円を達成したベンチャー企業のようです。
 
現在は社員も10人以上いるようで、さらなる事業拡大を視野にいれている会社のようですが。
 
謝罪文の内容をみると、なぜ今回パクリが起きたのかが記載されていたようです。
 
作成の経緯としては私が業務委託のライター様に『来世ではちゃんとします』を参考として提供し、漫画を作成していただきました。 今回の経緯として、業務委託のライターに依頼した漫画および動画の社内確認を怠ったことが問題であり、私に管理不足責任がございます。 引用:yahooニュース
 
どうやらライターに対して、来世ちゃんを参考資料として渡したところ、それに酷似した広告が作成されたようで。
 
それをチェックしていなかったためパクリ騒動が起きたようですね。
 
社内で問題だったようですが、いつまちゃんに対しての直接的な謝罪はなかったようです。
 
作者からすると自分の作品が大々的にぱくられて、広告として集客しているのは非常に腹が立ちますよね。
 
こういった案件が少しでも減って、なくなってくれればいいなと思います。
スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました