竹田高校剣道部顧問の坂本忠文の現在は爽風館高等学校で勤務?その後の経歴も調査!

トレンドニュース
スポンサーリンク

大分県の竹田高校で起きた暴力指導による死亡事故。

10年以上まえに起きた事件ですが、いまだにその悲惨な事件内容を覚えているという人も多いのではないでしょうか。

一人の高校生が亡くなった事件でしたが、そのひどすぎる暴力指導には当時多くの人が驚きました。

そんな暴力指導を行っていた当時の剣道部顧問の坂本忠文さんという方ですが、いったい現在はどこでどのような暮らしをしているのでしょうか。

事件のその後から現在までについてまとめてみました。

スポンサーリンク

竹田高校剣道部の顧問の名前は誰?坂本忠文の起こした暴力指導事件を確認!

往復ビンタ10発、竹刀での殴打、倒れたあとに馬乗り、

読んでいるだけでもつらくなってしまうような事件が、一人の高校生の身に起きていたのですから。

2009年8月に起きた大分県竹田高校の剣道部での熱中症死亡事故。しかし単なる熱中症ではなく、そこには暴力指導の教師の影があったんですね。
 
熱血指導という名の暴力は普段から日常的に行われていたようですが、その内容をみてみると。
 
・けがをした生徒のケガをわざと攻めて叩く
・平手打ちをして生徒の鼓膜を破る
・生徒を倒して四つん這いになって覆いかぶさる
・罵詈雑言で3時間近く生徒を拘束する
 
このような暴力や罵倒は日々行われていたようで。
 
事件当時も同じように剣道部員に対して行われていたようなんです。
 
しかし亡くなった工藤剣太さんは、それにより亡くなったのですから。
 
そんな竹田高校の剣道部の顧問をしていた人物の名前は坂本忠文さんという方のようです。

そんな暴力教師として全国に知られることとなった坂本忠文さんですが、事件後から現在はどうなっているのでしょうか。

スポンサーリンク

竹田高校剣道部顧問の坂本忠文の現在は爽風館高等学校で勤務?その後の経歴も調査!

竹田高校の剣道部顧問だった坂本忠文さんは現在他の高校で教師として勤務しているとの情報がありました。

どうやら坂本忠文さんは爽風館高等学校に勤務しているという情報があるようですね。

大分県大分市にある高校のようですが、事件のあった竹田高校から車で一時間ほどの場所にある高校です。

この大分県立爽風館高等学校(そうふうかんこうとうがっこう)は通信制と定時制が併用となっている高校のようです。

この爽風館高等学校で現在は勤務しているという坂本忠文さん。

しかしその前には大分県立香々地少年自然の家でも勤務していたようですね。

こちらは大分県豊後高田市にある施設ですが、自然体験などができる施設ということで多くの家族ずれなどが訪れるスポットとなっています。

そんな坂本忠文さんですが、事件後には遺族による訴訟が行われており、賠償金を支払っていたことも明らかになっています。

大分県が顧問だった坂本忠文さんに重過失があったとして100万円を請求していたようですから。

しかしここまでひどい暴力や指導があったにもかかわらず、たったの100万円というのは納得がいかない人がおおくいたようですね。

工藤剣太さんが亡くなった後の坂本忠文さんのコメントは【気付けのためにやりました】という言い訳しかなかったようですから。

当時停職6か月という処分があったようですが、正直それだけなの?という感想ですよね。

工藤剣太さんが亡くなった原因は明らかにこの坂本忠文さんの暴力指導にあるわけですが、100万円の支払いと6か月の停職だけですんでいたようです。

さらには現在は他の学校で講師として働いているようですから。納得がいきませんよね。

スポンサーリンク

竹田高校剣道部顧問の坂本忠文のような暴力指導事件はある?

今回大分県の竹田高等学校の剣道部で起きた事件が再び話題になっていましたが、過去にも同様の事件はこの高校であったのかなと。

そこで調べてみると、過去にも柔道部員が亡くなる事故などが起きていたようですね。

となるともしかしたら昔からこういった事件が起きていた可能性もあります。

今回の工藤剣太さんの事件に関しても、顧問や副顧問の処分に関する説明などは全くなかったようですし。

また、事件後にも学校側からの謝罪は一切なく、経過についても報告が全くなかったようですからね。

何か隠蔽めいたものを感じてしまいますが、このような事件は今後起きないでほしいという気持ちでいっぱいです。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました