坂田達磨の現在や経営していた会社TADの今とは?遺族や被害者のその後も確認!

トレンドニュース
スポンサーリンク

福井県で飲酒運転をし、その後逃走中に事故を起こして女子大生が亡くなった事件がありました。

2020年に起きた事件ですが、会社社長が起こしたあまりにも身勝手な事件ということで印象に残っているという人も多いのではないでしょうか。

そんななか、その裁判が現在も続いているようなのですが、、

事件後の坂田達磨容疑者はどうなっているのかが気になりました。

そこで今回は坂田達磨容疑者の今や、被害者や遺族の現在についてまとめてみました。

スポンサーリンク

坂田達磨の起こした卑劣な事件とは?TAD社長の現在までの経緯を確認!

会社社長が起こしたあまりにも身勝手な事故。

それにより女子大生の命が奪われることとなった福井県福井市の事件、記憶にある方も多いのではないでしょうか。

2020年11月に福井市で起きた交通事故ですが、単なる交通事故ではありませんでした。
 
というのも、猛スピードで追突してきた車にのっていたのは坂田達磨容疑者。
 
しかしその少し前に飲酒運転が警察にばれ逃走していたところで追突したようですから。
 
「やっべ」
 
こんな言葉がドライブレコーダーに録音されていたようですが、飲酒運転での逃走中の事故。
 
亡くなった被害者は当時18歳の女子大学生でしたからね。一人の少女の命が、身勝手な会社社長のせいで奪われてしまったのです。
 
その裁判は1年たった2021年9月時点でもまだ行われている途中であり、その動向に注目が集まっているのですが。
 
この犯人となった坂田達磨容疑者は現在どのように過ごしているのでしょうか。
スポンサーリンク

坂田達磨の現在や経営していた会社TADの今とは?遺族や被害者のその後も確認!

そんな福井市衝突事故の加害者は坂田達磨容疑者ですが、現在の状況についてはほとんど情報がでていません。

というのも事件当時あったツイッターなどのSNSアカウントはすべて削除されているようですね。
 
 

裁判になるまでの身体拘束期間は23日間が最大で、起訴となったあとは2か月という期間が最大のようですね。

そんな坂田達磨容疑者ですが、経営していた会社TADはどうなったのでしょうか。

事件直後は経営していた会社「TAD株式会社」がかなり話題になっていましたよね。

 

しかし会社のホームページはすでに削除されているようで、アクセスができなくなっていました。http://www.tad-inc.com/

そこで会社のFacebookについても調べてみると、こちらはまだ現在も残っているようでした。

ですが更新は2020年11月19日にストップしていたようです。

ちなみに事件前は会社のTAD名義でインスタも運営していた坂田達磨容疑者ですが、現在はインスタも投稿がすべて削除されているようです。

やはり経営者があのような事件で逮捕されたので、会社はすでになくなっている可能性が高いですね。

そんな坂田達磨容疑者ですが、現在は反省しているのかについても裁判でのコメントをみてみると。

どんなことを言っても許してもらえるとは思っていない。私は身を持って償うしかない。本当に申し訳ございません

と述べているようですが、弁護側は精神状態が普通じゃなかったということで過失運転致死傷をもとめていたようです。

 

これに対して遺族や被害者のもう一人の大学生のコメントをみると。

「自分が代わりに死ねばよかったと思うなど自分を責めた。被告人には最も重い判決を下してほしい」

やはり事故当時亡くなった女子大生の隣で運転していた、もう一人の被害者は後悔の念にかられているようです。

自分が代わりに・・という言葉からもその張り裂けそうな胸の内が伝わってきます。

しかし亡くなった女子大生の塩崎里桜さんの親の裁判でのコメントもみると。

一生かかっても罪を償ってほしい。一生、刑務所に入っていてほしい

娘を失った悲しみとやりきれない思いと日々葛藤しながら暮らしていることがわかります。

しかし自分の保身に走ったあげくに起こしたなんとも身勝手な事故。その判決がどうなるのかには注目していきたいですね。

スポンサーリンク

坂田達磨のように会社社長が起こした最近の事件とは?

この坂田達磨容疑者は会社経営者ということでしたが、最近話題になっていたのは猪苗代湖ボート事故の犯人として逮捕された佐藤剛容疑者ですね。

ボートで幼い8歳の少年を巻き込む事故を起こしておきながら、同乗者に口止めをして隠蔽を図っていたようですから。

また、他にも群馬で幅寄せ・あおり運転をして4人の命を奪った増山邦夫社長の話題もありましたね。

こちらも事件後逃亡し、半年以上も逮捕されずに暮らしていたようですから。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました