桜井真(経産省)の経歴が高学歴?慶応出身のエリート官僚の生い立ちをチェック!

トレンドニュース
スポンサーリンク

給付金詐欺で550万円近くの金額をだまし取ったとして経産省の桜井真容疑者が逮捕されましたね。

同級生の新井雄太郎容疑者と一緒に行っていた詐欺のようですが、二人ともキャリア官僚といわれるほど優秀な経歴をもっていたようですから・・

そこで!今回は桜井真容疑者の経歴や学歴などから生い立ちについても調べてみました~!

最後までお読みいただけると嬉しいです♪

スポンサーリンク

桜井真(経産省)が給付金詐欺?550万円だまし取ったその手口を確認!

経産省のキャリア官僚が詐欺で逮捕されるというかなりびっくりな事件が起きたようですが、そこで逮捕位されたのがまだ28歳の桜井真容疑者と新井雄太郎容疑者ですね。

二人は高校の同級生ということですが、刑務所でも同級生となってしまう結果になったようで、、

新井雄太郎容疑者の華麗なる経歴についてはこちらにまとめていますので、ぜひ読んでみてくださいね~♪
新井雄太郎(経産省)の経歴が優秀すぎ?高学歴で東大出身のエリートの生い立ちをチェック!

そんな桜井真容疑者ですが、今回給付金詐欺として利用したのは『家賃支援給付金』の仕組のようですね~。

家賃支援給付金とは・・・事業者の負担を軽減するための給付金で、直前一か月以内の家賃や賃料をもとに給付金が受け取れるという仕組みです。法人だと最大600万円、個人事業主だと最大300万円が受け取れるようです。

コロナ禍で苦しい状況にある法人や事業主を救うための給付金なのですが、今回桜井真容疑者はこの仕組みをうまく利用して詐欺を行っていたようですね。

というのも!ペーパーカンパニーと架空の事務所を利用して、あたかも家賃を大量に支払っている法人にみせかけ、給付金をだまし取っていたようですから。。

詳細をみていくと、『新桜商事』という事業を実際には行っていないペーパーカンパニーを用意し、その事務所として実家や新井雄太郎容疑者の親族の家などの住所を登録。

そこで事務所の家賃として200万円近く支払っているように見せかけて、給付金を受け取っていたようですから。。

実際には実家や親族の家なので家賃は全く支払っていないうえに、給付金だけまるまる受け取るという詐欺のようですね。

経済産業政策局産業資金課係長で働く桜井真容疑者なので、この仕組みをよく把握して犯行に及んだのかな~と。

スポンサーリンク

桜井真(経産省)の経歴が高学歴?慶応出身のエリート官僚の生い立ちをチェック!

そんな詐欺で逮捕された桜井真容疑者ですが、今回の報道で気になったのは『キャリア官僚』と報道されていたことなんですよね~。

キャリア官僚とは・・・国家公務員総合職試験を受験して採用された人のことを指すようで、その多くが東大などのハイレベルの学歴をもっている人のようです。

ちなみにノンキャリアというのは国家公務員採用一般職試験を受けて採用された人のことを指すようですが。

となると桜井真容疑者はキャリア官僚ということで優秀な学歴や経歴があるのかな~と。

そこで!桜井真容疑者について調べてみると、、

名前:桜井真
生年月日:1992年10月15日
出身:海外?ドイツ?
 
桜井真容疑者の出身については情報が見当たりませんでしたが、海外という情報もあるようで、、こちらについては分かり次第追記いたしますね~!
 
そんななかでまずは桜井真氏の高校などの学歴からみていくと、、

どうやら桜井真容疑者の出身高校は慶應義塾普通部出身のようですね~!

慶應義塾普通部といえば偏差値74というハイレベルの高校ですからね~

出身者の中には石原伸晃さんや三菱地所会長の福澤武さん、嵐の櫻井翔さんなんかもいますよね~。

とそんな慶應普通部に通っていた桜井真容疑者ですが、、慶応といえば小学校や中学校などからエスカレーター式にあがっていく人も多いですからね~。

もしかしたら中学なども慶応の可能性は十分にありますね。

そこでさらに学歴や経歴について調べてみると、、

どうやら桜井真容疑者の出身大学は慶應義塾大学経済学部のようですね~!

慶應義塾大学といえば名門大学ですから、たしかにキャリア組としても納得のエリートコースかな~とは思いますが、、

ちなみに慶応大学経済学部の偏差値は67.5ですからね~ハイレベルですね!

そんな慶應義塾大学時代ですが、どうやら桜井真容疑者は在学中にヨット部に在籍していたようですね~!

桜井眞容疑者はゴルフや旅行なども好きのようで、小学生時代は剣道や水泳、中学では囲碁、久光はゴルフ部に所属していたようですからね~!

いろいろなことにチャレンジする性格だったのかな~とは思いますが。

しかし今回経産省のキャリア組という輝かしい経歴を詐欺によりどぶに捨ててしまったようですから、、今後どのような人生にしていくのかには注目となりそうですが・・

スポンサーリンク

桜井真(経産省)のタワマンや高級車の価格は?豪遊生活の実態も調査!

今回詐欺で逮捕された桜井眞容疑者ですが、どうやらその使い道は豪遊へと向かったようで、、

 

というのもその後の捜査では桜井容疑者が高級タワマンに住んでおり、高級外車を乗り回していたことが明らかになったそうですから、、

 

高級タワマンというと、家賃では数十万円はかかると思いますからね~最低でも20万円から30万円くらいの部屋に住んでいたのかなと。

 

また、高級外車というとかなり金額の幅が広いのですが、、、確実に数千万円はするものかな~と。

 

というのもたとえばロールスロイスだと5500万円程、ランボルギーニだと4500万円、フェラーリだと3,000万円くらいは軽くするかなと。

 

しかし今回の詐欺の給付金が550万円だとすると、それだけではあまり釣り合わない気がしますよね。

 

というのも経産省の平均年収について調べてみると、平均で600万円前後となっているようですから、、

 

すると給料と詐欺のお金だけでは当然そんな豪遊生活は厳しいのかな~と。

 

となれば個人的に投資などで運用していたのか、親や実家からの支援があったのか、、それともまだ何か他にも詐欺のような行為があったのか、、
 

 

かなり頭のいい人物のようなので投資関係の可能性が高いのかなとは思いますが、その資産の出どころは気になるところですね。。

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事

コメント

  1. 野かちゃん より:

    国の公務員から村の公務員まで失業保険は適用されません。なぜなら公務員は犯罪を起こさないから一般に言われる会社のように会社に損害を与えることが無いという性善説の基づいています。そのためよほどの犯罪と特定されない限り懲戒免職にはなりません。悪くても訓告処分で済んでしまいます。普通の会社では帳簿をごまかして1円でも着服すれば懲戒免職ですが、公務員では訓告や戒告などの懲戒免職を科すだけで、民間企業よりもずっと低い懲罰しか科せられない。
    今回の犯罪は周到に考えた重罪に値する事案です。さて経産省がどんな懲罰を科すのか。以前と同じように甘い懲罰を行うのか経産省の大臣がどれだけ大ナタを振るえるのか。それによってモリカケ問題も何らかの進展があるかもと思います。

タイトルとURLをコピーしました