桜井真(経産省)の親の職業も官僚?父親や実家の資産背景からその家庭環境も調査!

トレンドニュース
スポンサーリンク

経産省のキャリア官僚である桜井真氏が詐欺容疑で逮捕されましたが、どうやら高級タワマンに高級時計の購入と豪遊していたようですね。

かなり優秀な経歴をもっており経産省でもキャリア組に入るほどのエリートだった桜井真容疑者ですが、、、今回の逮捕で一気にこれまでのキャリアが崩れることになりそうですね。。

とそこで気になったのは、この桜井真容疑者の両親や実家もかなりいい家柄なのかな~と。

そこで!今回は桜井真容疑者の親の職業や実家などの家庭環境について調べてみました!

最後までお読みいただけると嬉しいです♪

スポンサーリンク

桜井真(経産省)が給付金詐欺で逮捕!豪遊生活が明らかになるタワマンと高級時計とは?

経産省のキャリア官僚である桜井真さんが逮捕されたという事件ですが、まだ28歳ながらもかなり優秀な経歴の持ち主だったようですからね~。

今回の詐欺事件で一気に今後のキャリアを棒に振ってしまったわけですが、、きっとご両親もかなりショックを受けているものかなと。

そんな今回の事件ですが、簡単に概要をまとめてみると、、

・経産省で働く桜井真さんと新井雄太郎さんが共謀して家賃支援給付金をだまし取る
・総額は550万円ほどに及んだ
・手に入れたお金は私生活での豪遊に使用
 
どうやら桜井真さんと高校の同級生である新井雄太郎さんが手を組み、国の給付金制度『家賃支援給付金』を利用して詐欺を働いていたようですからね。
 
『新桜商事』というペーパーカンパニーを利用して、あたかも複数の事務所で家賃が発生してるかのようにみせかけて、給付金を搾取したようですから・・
 
ちなみにこの新桜商事というのは新井雄太郎さんと桜井真さんの頭文字からとっていたようです。
 
この会社の登記は2019年秋口ということですから、そのころから二人は親密な関係にあったことがわかりますね~。
 
先に入省したのは2018年に桜井真さん、その後2020年に新井雄太郎さんが入賞という時期はずれていますが、おそらくずっとつながっていたのかなと。
 
そして!捜査が進むにつれて、桜井真さんが詐欺のお金などで豪遊していたことが明らかになったようで・・
 
・高級タワマンで暮らす
・高級車に乗る
・高級腕時計を購入する
 
絵にかいたような豪遊生活ですね~!
 
月給では賄えないような高級タワマンで暮らしていたようですから、、、
 
ちなみに経産省の平均年収などをみると、桜井真さんのように20代後半の係長レベルは年収500万円前後のようですね~!
 
となると月収も20万円~30万円程なのかな~とは思いますが、、であればタワマンの家賃は少なくとも20万円以上となりますよね。。
 
さらに高級外車となれば数千万円はくだらないでしょうから、、、
 
ちなみにこの豪遊生活を怪しんだ人がいたため、内部で内偵が進められていたようですからね~
 
となると経産省というエリート街道とはいえ、20代でタワマンに住むことは難しいということのあらわれなのかなと。。
スポンサーリンク

桜井真(経産省)の親の職業も官僚?父親や実家の資産背景から家庭環境も調査!

しかし今回逮捕された桜井真さんですが、経歴をみるとかなりエリートであることがわかるんですよね~。

というのも!共犯の新井雄太郎さんとは高校が一緒ということのようですが、、どうやらその高校というのが慶応義塾大学の付属高校のようですから。。

慶応大の付属高校といえば社長や有名人の子供なども通っていることが多く、世間ではお金持ちの人が多い高校といわれているようですが。

そこで慶応義塾高等学校の学費などを調べてみると、、初年度年額で130万円前後で以降が90万円~100万円前後のようです。

となれば桜井真さんの親もある程度年収が高く、資産もある方なのかな~と。

職業的にはどこか大企業の役員さん、もしくは官僚などの可能性などもあるのかなとは思いますが。

というのも慶応義塾高等学校などは政界でも大物が多く通っていた高校としても知られていますからね~。

石破茂氏や石原伸晃氏、河野太郎氏などなどいい家柄の人が多く通っているイメージがどうしてもありますからね。

また、桜井真さんの情報を調べていくなかで、フェイスブックに記載されていた出身がバート・ゾーデン・アム・タウヌスだったんですよね~。

バート・ゾーデン・アム・タウヌスとはドイツにある都市の名前なのですが、これが本当であれば桜井真さんはドイツで生まれたことになりますからね~。

となると父親は海外を飛び回る仕事についていた可能性もあり、かなり優秀かつ地位も高い人物である可能性もあるのかなと。

ちなみに場所はこのあたりです。

そのほかにドイツに絡む情報は見当たらなかったのですが、ドイツで生まれた可能性もあるのかなと。

しかし学生時代は海外旅行なども多くいっているようで、カリフォルニアやシンガポールなどを訪れていたようですから、、

自分のバイト代なのか、それとも親からの支援があったのかは不明ですが。

ですが経産省に入省するくらいですから、やはり実家も両親が官僚として働いていたなどの関わりがあるのかな~と。

スポンサーリンク

桜井真(経産省)のようにキャリア官僚が事件を起こすケースはある?

今回経産省のキャリア官僚といわれる桜井真さんが逮捕されていたのですが、こういったキャリア官僚といわれる人達の逮捕は他にもあるかな~と。

そこで調べてみると、2019年には文部科学省のキャリア官僚が覚醒剤と大麻所持で逮捕されていたようですね~!

文部科学省の福沢光祐容疑者44歳が、自宅マンションで覚醒剤と大麻を所持していたようで、、

また!同じく2019年には覚せい剤取締法違反で経産省の西田哲也容疑者が逮捕されていたようですね~!

28歳ということなので今回の桜井真容疑者と同じですが、懲役3年の判決がくだされていたようで。

この西田容疑者もキャリア官僚であり、東大を卒業して経産省に入省したようですが、、、

事件を起こした理由は職場環境にあったようです。

終電で帰れない日もおおく、うつ病を発症してしまったようですから。。

東大卒で経産省というエリート街道にあったとしても職場環境の悪さでうつ病になり、結果的に薬物に手を出してしまうという事態になることがあるんですね。。。

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました