山嶽渉の経歴や勤務先の会社はどこ?18歳を連れ込んだ事件と14歳へのわいせつも調査!

トレンドニュース
スポンサーリンク

愛知県豊橋市で薬を飲んで歩いていた18歳の少女を連れ込んで暴行した事件ですが、逮捕された山嶽渉容疑者とはどんな経歴をもった人物なのかなと。

調べていくうちに過去にも14歳の少女にわいせつ行為をしていた可能性もでてきたようで、、ますますどんな生い立ちなのか気になりますよね。

そこで今回は山嶽渉容疑者の経歴や現在の勤務先の会社がどこなのかについてなど、調べてみたいと思います~!

スポンサーリンク

山嶽渉が18歳の女性に暴行?謎が多い強制性交の事件概要をチェック!

愛知県豊橋市で18歳の女性を連れ込んで暴行した容疑で山嶽渉容疑者が逮捕されましたね。

しかし現時点では謎が多いこの事件、というのも18歳の少女は事件当時に睡眠薬のようなものを大量に飲んでいたようで、、

となると想像できるのは少女が自ら命を断とうとしていた可能性なんかもあるのかなと。

しかし現場はビルの屋上や山ではなく、普通に路上で歩いていたようですから、、少女に何があったのかも気になるところですよね。

とそんな今回の事件の概要についてまとめてみると。

・2020年9月頃に路上で歩いていた18歳の少女が山嶽渉容疑者により連れ込まれる
・暴行をうけ1カ月程度のケガを負う
 
山嶽渉容疑者は酩酊状態にあった少女を車に連れ込んで暴行したようですから、、悪質な犯行ですね。
 
しかしそんな山嶽渉容疑者の経歴について調べると、過去にも似たような事件があったことがわかるんですよね。。
スポンサーリンク

山嶽渉の経歴や勤務先の会社はどこ?18歳を連れ込んだ事件と14歳へのわいせつも調査!

今回30歳の山嶽渉容疑者が18歳の女性を連れ込んで暴行したというようですが、一体どんな人物像なのかその経歴が気になりますよね。

ということで現状で報道されている情報をまとめてみると、、

名前:山嶽渉
年齢:30歳
職業:建築会社 会社員
 
どうやら山嶽渉容疑者は愛知県豊橋市に住む30歳、そして建築会社で働く社員のようですね~。
 
豊橋市内の建築会社といえば、豊橋建設工業やハピナイス、安形建築などの有名会社がありますが、、おそらくは有名企業ではないのかな~と。
 
というのも!実はこの山嶽渉容疑者は過去にも同様の似たような事件を起こしていた可能性があるようで、、
 
2019年11月に愛知県豊橋市において、出会い系で知り合った14歳の女子中学生の胸を触った派遣社員の28歳が逮捕されていた事件があったようで・・
 
この逮捕された犯人というのが豊橋市の派遣社員山嶽渉容疑者28歳だったんですよね~!
 
2019年に28歳ですから2021年に30歳となりますので、年齢は一緒です。
 
また!愛知県豊橋市内に住むということで住所もほぼ同じとくれば、おそらくは同一犯かな~と。
 
事件概要も年齢は違えど若い女の子をターゲットにした犯罪で似ていますからね~。
 
ちなみに!当時は中学生の女の子にお金を貸してあげるといって自宅におびき出して犯行に及んだそうでうが。。
 
当時逮捕された際に山嶽渉容疑者が住んでいた住居エリアは豊橋市柱七番町のあたりということで、、
 
 
現在もこのあたりに住んでいるかはわかりませんが、かなり閑静な住宅街ですからね~。
 
子供を持つ親御さんは不安ですよね。。
 
というのもすでに2回目の再犯ということですから、、出所後にまた犯行に及ぶ可能性もゼロじゃないのかなと。
 
最近は特に18歳未満への性犯罪などが増えているようで、それについて言及した本多議員がまた炎上していましたよね。

たしかに聞いていて発言に問題があるように感じますが、、

スポンサーリンク

山嶽渉のように再犯が問題となった事例はある?

今回の山嶽渉容疑者はどうやら再犯のようですが、こういった性犯罪などで再犯となるケースって多いのかな~と。

そこで最近のケースを調べてみると、元ヒステリックブルーのナオキさんがこれまた性犯罪の再犯で逮捕されていましたよね~。

このケースではもと人気バンドのメンバーだったナオキさんが、最近再犯で逮捕された事件ですよね~。

一度目は2004年でしたが性犯罪で逮捕され、12年も服役していたそうですから、、

しかし今回また見知らぬ女性を押し倒してケガをさせてしまったようで、、

ちなみにナオキさんは治療プログラムを受講し終えて出所したようなのですが、、、

ちなみに性犯罪の再犯率は13.9%となっているようで、全ての再犯案件のなかで7割を占めるのがこの性犯罪なんだとか、、

となればやはり更生プログラムに問題があるのかもしれないですね。。

再犯する可能性が高いと聞くとぞっとしてしまいますし、怖いですからね。。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました