サポカー事故のメーカーはホンダ?車種や原因となった実験も確認

トレンドニュース
スポンサーリンク

サポカーの実験中に事故がおきたようです。

安全運転サポート車の実験を行っていた販売会社で、会社社長の男性が実験車にひかれて重傷を負ったそうですね。

各自動車メーカーがブレーキ実験を進める中で起きた事故。

報道ではメーカーや車種についての情報がでていませんでしたが、いったいどこのメーカーや車種なのでしょうか。

いち消費者として気になったので、調べてみました。

スポンサーリンク

サポカー事故で社長が重傷|入善町で起きた事故とは?

サポカーの実験中に事故が起きたという報道がありました。

丹波の偽パトカーの場所は山南町金屋の円応教本部付近? PEACE車の目撃情報!

2021年11月17日にサポカー実験をしていた自動車販売会社にて、同社の社長が実験中の車にはねられて重傷を負ったようです。

現場は入善町入善にある西川自販駐車場
入善町入善とはどこにあるのかというと。
 
富山県下新川郡の
 
 

海に面した町ですね。

そして西川自販とはここにあります。

この西川自販の駐車場でサポカーの機能実験を行っていたようです。

パネルに向かってサポカーを運転していたところ、サポカーが止まらずにパネルと社長に突っ込んでしまったようですね。

ちなみにサポカーとはどんな車なのかというと。

・「サポカー」とは自動ブレーキなどの先進安全技術を活用した一定の運転支援機能を備えたクルマの略称。
・政府は官民連携で高齢運転者による交通事故防止対策の一環として普及啓発を図っている。
・高齢運転者向けの車両の愛称は「サポカーS」で、自動ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置等を搭載。 引用:JAF

交通安全対策のために官民が連携して導入を進めているサポートタイプの車なのですが。

今回はその根底をゆるがす事故が起きてしまったようですね。

すでにトヨタなど大手メーカーでは販売をしているサポカーなので、すでに乗車している人も多いですよね。

しかし今回実験中の事故ということですが、その原因として考えられているのが。

自動ブレーキが作動しなかった原因の一因として、前方を撮影するカメラのレンズに汚れが付着していた可能性を指摘する。日光がレンズに差し込む角度によって障害物を認識できないこともあるとした。引用:yahooニュース

どうやら可能性としてはレンズに汚れが付着していたケースが考えられるようです。

また、自動ブレーキが作動するときにドライバー自らブレーキを踏むと、自動ブレーキが解除となるケースもあるそうです。

しかしサポカー乗車中、もしくは購入を考えている人からするとかなり怖い事件ですよね。

スポンサーリンク

サポカー事故のメーカーはホンダ?車種や原因となった実験も確認

報道ではサポカー事故のメーカーや車種について一切触れられていませんでした。

しかし可能性としては、車種はホンダじゃないかといわれているようですね。

・事故現場の映像にホンダのマークがでていた
・西川自販はホンダのディーラー
まずニュースでの画像や映像をみると、ホンダのマークの看板が大きくみえることがわかります。
 
 

また、今回事故のあった西川自販について調べてみると、ホンダのディーラーであることがわかります。

Honda Cars入善
会社名:西川自販株式会社
所在:富山県下新川郡入善町入善3213-7
設立:1989年8月1日
代表者:西川慎一
事業内容:新車、中古車、保険販売等
 
中古車販売もしているので、他のメーカーの車で実験をしていた可能性もゼロではありませんが。
 
メインのホンダの車で実験をしていた可能性のほうが高いのかなと。
 
また、気になる車種ですが、ネット上ではNBOXではという声があるようです。
 
実験に使用していた軽自動車にはねられた
 
報道では軽自動車という情報がでていました。
 
ホンダの軽自動車でサポカーのラインナップをみてみると・・
 
・N-BOX
・N-BAN
・N-WGN
・N-ONE など
 

エヌボックスはホンダの軽自動車のなかでも人気ですからね。

こちらについてもわかり次第また追記させて頂きます。

スポンサーリンク

サポカーの事故率や使用状況とは

サポカー実験がニュースとなっていますが、実際のところその事故率はどうなのでしょうか。

一部の報道では衝突被害軽減ブレーキの影響で追突事故が7割近く現象したと公表されていました。

しかし一方で衝突被害軽減ブレーキの不具合により起きた事故も2017年には80件以上あったそうです。

その不具合の原因となった事象は主に3つあるそうです。

・規定速度を超えての走行
・雪道のような滑りやすい路面、下り坂を走行
・街灯のある夜道、夕立の中、逆光の中での走行
実際に国土交通省が注意喚起のための動画も作成していたようです。
 

今回の実験もこういった部分を検証するためのものだったのかもしれません。

今後さらなる改善が必要ですね。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました