佐藤義徳の経歴や現在までの逮捕歴とは?妻や犬にまつわる事件とは

トレンドニュース
スポンサーリンク

名古屋の風俗王といわれる佐藤義徳容疑者が逮捕されたという報道がありました。

女性二人をスカウトして募集していたということで逮捕されたのですが、この佐藤義徳容疑者はかなり有名な人物のようです。

というのも、過去にも度々逮捕されているからのようで。

いったいどんな経歴があるのか、こちらで調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

佐藤義徳が女性募集で逮捕?風俗店勧誘による事件とは

未成年の女性二人を風俗店の従業員として働かせるために募集していたということで、佐藤義徳容疑者が逮捕されました。

事件の内容的にはそこまで大きな事件ではないのですが、注目すべきはこの逮捕された人物。

名古屋の風俗王といわれるほど、有名人だったようです。

名古屋を中心とする風俗店のグループを経営しており、「ブルーグループ」として有名だったようですね。

今回逮捕となったのはスカウトを介して風俗店勤務の女性を募集していたということですが、これは違反行為なんですね。

風俗店へのスカウトは迷惑防止条例や売春防止法、職業安定法などに抵触する可能性があるようです。
今回佐藤義徳容疑者は職業安定法に違反したということですが、どんな法律なのかというと。
 
職業安定法では「有害な業務」へのスカウト行為が禁止されています。
この有害業務の判断は個々の事件によって検討が必要となりますが、過去の判例ではAV撮影や風俗営業などが有害業務に当たるとされています。引用:弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

よく見かけるようなスカウトなどは、実は違反行為のようです。知りませんでしたが。

ということで逮捕された佐藤義徳容疑者ですが、過去には何度も逮捕歴があるようです。

スポンサーリンク

佐藤義徳の経歴や現在までの逮捕歴とは?妻や犬にまつわる事件とは

佐藤義徳容疑者の経歴について調べてみると、過去に何度も逮捕歴があることがわかりました。

1997年 所得税脱税
2010年 山口組弘道会の竹内照明の身分を隠して、一緒にゴルフ場でプレーした詐欺罪
2012年 無職の女性3人を利用し住宅融資制度を使い、マンション購入代金6180万円を搾取
2013年 飼い犬が付近の大学生を襲い重傷を負わせる
2019年 元妻への障害と脅迫
2021年 未成年女性をスカウトし職業安定法違反

過去の経歴をみるとその逮捕歴の多さがわかります。

1997年に脱税が発覚した際のデータなどをみると、1992年頃から名古屋市内でファッションヘルスなどの店を開業していたようです。

しかしその後帳簿を破棄したり、他人名義で店を運営するなどして脱税をしていました。

 

また、犬の事件では、大型犬5匹を自宅で放し飼いにしていたのですが、敷地外にでたところで付近にいた大学生を襲い大けがをさせていたようです。

ちなみに飼っていたのはロットワイラーという犬種で体長80㎝で体高65㎝ほどの大きさだったようです。

 

また、その他にも元妻の頬を平手打ちし、脅迫などもしていた過去があるようです。

逮捕に関する情報はたくさんありましたが、風俗店などを経営する前の経歴に関する情報などは見当たりませんでした。

そのため高校や地元、大学やそれまでの会社などでの経歴は不明のままです。

スポンサーリンク

佐藤義徳の自宅にまつわるトラブルとは?

佐藤義徳容疑者と調べると、「自宅」というワードがでてきます。

しかしこれは自宅の場所がどこなのかということではなく、以前自宅に関するトラブルがあったことが理由のようです。

フライデーが佐藤義徳容疑者の新築計画を報道したのですが、その内容が【虚偽で妨害している】ということで提訴していたようです。
佐藤義徳容疑者はフライデーの講談社、編集長などに対して慰謝料や謝罪広告をもとめていました。
 
結果的に請求棄却となってしまったようですが。
 
ちなみにその豪邸の自宅は1500坪の土地に20億円をつかって建てられる大豪邸だったようですね。
 
また、その他にも調べると愛知県の捜査担当警部が佐藤義徳容疑者に自宅電話で脅迫されていることもあったそうです。
 
「幼い娘がどうなっても知らないよ」
 
こんな脅迫電話を警察にまでしていた佐藤義徳容疑者。
 
今後もまた話題にあがりそうですね。
スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました