鹿町工業高校の野球部監督は誰?名前や顔から経歴など生徒を不登校にした人物を調査!

トレンドニュース
スポンサーリンク

鹿町工業高校の野球部監督が謹慎処分になった事件ですが、どうやら部員に対してかなり厳しい叱責があったようなんですよね。

それにより部員は不登校、さらには転校するくらいまで追い込まれてしまったことが発覚したようですが、、

となると監督から部員に対してのあたりはかなり厳しかったようです。

そこで気になったのは、この鹿町工の監督とはどんな人物なのかな~と。

ということで今回は、鹿町工業高校の野球部監督は誰なのか、その名前や顔から経歴などについてもまとめてみました。

最後までお読みいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

鹿町工業高校の野球部監督が生徒を不登校に?部員を叱責したその経緯や現在の状況を確認!

野球部の監督が謹慎処分となり、生徒は不登校で他の学校に転校していたようで、、

と野球部のなかで問題があったのは長崎県にある鹿町工業高校のようですが、どうやら監督が部員に対してかなり厳しい叱責を繰り返していたようです。

なぜ監督が厳しく怒鳴ったのかというと、一人の野球部員が退部したいと言ってきたようで。

しかし普通退部したい生徒に向けてそんなに怒る意味がわからないのですが、、と思いさらに見てみると、

その退部したい生徒が退部届を直接その野球監督のもとにもってこなかったようなんですよね。

それにより野球部監督が激怒して、なんどもこの部員を呼び出して、繰り返し叱責をしたようですから・・・

でもこれ、退部届を直接渡しにいきたくないという部員の気持ちの表れなのかなと。

となるとこの部員は今回だけじゃなく、以前から監督から叱責などを受けていた可能性が高いですよね。

しかし、この被害者となった野球部員はその後精神的につらくなり不登校、転校という道筋をたどったようですから、、かなりつらかったんだと思います。

まだ被害者の部員は1年生ですからね、、4月に入学してからわずか3か月で精神を病むほどのダメージを与えたこの監督の叱責がどれほどすごかったのかがわかります。

ちなみに今回の事件が起きた鹿町工業高校の場所はこちらです。

学校名長崎県立鹿町工業高等学校
設立1962年4月1日
所在地長崎県佐世保市鹿町町土肥ノ浦110
共学・別学共学
国公私立公立

ちなみにこの鹿町工業高校出身の有名人には競輪選手の山口伊吹さんや高尾貴美歌さんなどがいるようですね~!

スポンサーリンク

鹿町工業高校の野球部監督は誰?名前や経歴など生徒を不登校にした人物の現在を調査!

今回鹿町工業高校で野球部の部員が不登校・転校にまで追い込まれてしまったようですが、その原因となった監督は誰なのかなと。

そこで鹿町工業高校の野球部監督の名前なんかを調べてみると、どうやら大楽院弘季さんという方のようですね~。

そこでこの大楽院監督のプロフィールや経歴についても調べてみると、

名前:大楽院弘季
年齢:43歳
職業:鹿町工業高校 野球部監督
 
どうやら大楽院監督は鹿町工業高校で長く監督をしているようで、2011年時点ではすでに部長として野球部を引っ張っていたようですね~。
 
また、長崎県の野球連盟の役員などにもついていたことがあるようで、、
 
2013年と2014年は佐世保地区の役員として活動もしていたようです。
 
そんな大楽院監督が率いる野球部の最近の実績などはどうだったのかなと調べてみると、2020年の長崎県高等学校野球大会では準優勝という実績もあげていたようですね~。
 
一見すると監督としてかなり評価も高いのかな~とは思いますが、ネット上の反応をみると違和感を感じていた人もいるようですね。

とそんな鹿町工業高校の野球部監督、大楽院監督の顔についても調べてみると、

coach-pic

引用:長崎新聞

2020年に大崎高校と試合する前に、長崎新聞からインタビューを受けていたときの画像のようですね~。

当時のコメントでは対戦についてわくわくしていると語っており、部員については粘り強く決まり事をちゃんとやってくれると評価していたようですが。

2011年時点ですでに部長として野球部に関わっていたようですから、すでに10年以上は鹿町工の野球部をみてきているようですからね。

しかし今回部員への叱責が問題視されているようで、、これまでもそういった事例があったのかなどが気になるところですが。

スポンサーリンク

鹿町工業高校の野球部監督のように部員とトラブルになった監督はいる?

今回鹿町工業高校では野球部の監督と部員の間でトラブルがあったようですが、こういった事例は他にも全国であるようで、、

例えば最近だと2021年6月に岩手県の軽米高校の監督が部内でのパワハラにより3か月の謹慎となっていたようですからね~。

また、今回の鹿町工のように監督から部員への叱責により部員が自ら命を絶つというケースもあったようで。

岡山県の岡山操山高校ではマネージャーだった生徒が、野球部監督からの叱責により自ら命を絶ったようで、、

内容をみてみると、この野球部監督は部員に対して『帰れ』『死ね』などの暴言を吐き、パイプ椅子を振り上げるなどの行為もしてパワハラをしていたようです。

これによりこの被害生徒は退部届をだしたようですが、それに対しても『他の部員の士気が下がる』と叱責されたようで、、

こういった叱責が繰り返された結果、被害生徒は自ら命を絶つという道を選んだようですから。

今回の鹿町工業高校でも生徒は精神的にダメージを受けて不登校・転校するという事態が起こったようですが、ほかにも被害にあっている生徒はいる可能性が高いですね。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました