下沢佳充議員の3人の子供や家族構成とは?早稲田出身の経歴や学歴なども調査!

トレンドニュース
スポンサーリンク

石川県議である下沢佳充議員ですが、どうやら女性蔑視とみられる発言をしていたことが判明したようです。

というのもメディアの取材に対して「女」「女子」といった言葉を使っていたようなのですが、

最近でいうと森喜朗氏が女性蔑視で話題に上がっていましたが、メディアでも多く取り上げられるようになりましたね。

とそんな女性蔑視発言が話題となっている下沢議員について、家族構成から出身や学歴、経歴などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

下沢佳充議員が差別発言?女発言の内容や当時の状況を確認!

「もう一つ大事な要素があった。女、女子」

このような発言が女性蔑視だと注目を浴びているのが、石川県議をつとめる下沢佳充議員です。

この発言は2021年8月25日に下沢議員が取材陣に対して発した言葉のようですが。。

ではいったいどんな場でこの発言が飛び出したのかというと、次期の衆院選の候補者選びに関するトピックの時だったようで、

そこで候補者選びに必要な要素として下沢議員があげたのが

・若い細いかっこいいが有利だ
・もう一つ大事な要素があった。女、女子

というコメントだったようです。

しかしこれは完全に「女」「女子」という性別で人を見ているのではと思われる発言のようで、女性蔑視を超えているのではという意見もあったようです。

田中東子教授のコメントを見ると。

「女」「女子」という属性で人の資質を判断しているようにも思え、蔑視を超えた差別と言える。引用:yahooニュース

たしかに候補者に必要な要素として性別があがるというのは、人を性別で判断しているともとらえかねない発言です。

その後下沢佳充議員は釈明をしていたようで、「女、女子」という発言については言葉足らずだったかもしれないとコメントしていましたが。

そんな下沢佳充議員ですが、プライベートではどんな暮らしをしているのでしょうか。

スポンサーリンク

下沢佳充議員の3人の子供や家族構成とは?現在の暮らしぶりなども調査!

女、女子発言で炎上している下沢佳充議員ですが、どうやらすでに結婚して子供もいるようですね。

下沢佳充議員の現在の家族構成は妻・息子・娘二人という5人家族のようです。

奥さんといつ結婚したのか、いつ子供が生まれたかなどの情報は見当たりませんでしたが、

現在の年齢が60歳ということを考えると、子供はすでに成人して社会人として働いているものと思われます。

しかし息子さんの情報などはありませんでしたから、政治家として活動はしていないのかもしれないですね。
 
ちなみにこの下沢佳充議員はもともと森首相の秘書として働いていたようですが、、
 
森喜朗氏といえば、最近女性蔑視発言でこちらも炎上していた経緯がありますよね。

森喜朗氏はオリンピック委員会の中で、「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります」と発言をしていましたからね。

これが女性蔑視問題となり、森喜朗氏は大きな批判を浴びることとなりましたが。

森喜朗氏はその後奥さん、娘、孫娘にもかなり怒られたようですが・・

となると下沢佳充議員も自宅で奥さんや二人の娘さんから怒られている可能性なんかもありますね。

ちなみに下沢佳充議員は大学卒業後に、森喜朗氏のもとで働くこととなったようですから、

かなり昔から親交があったようですね。

そこで12年間働き、当時公設第一秘書として勤務もしていたようですから、、

スポンサーリンク

下沢佳充議員の経歴は高学歴?早稲田出身のその生い立ちを確認!

そんな女性蔑視発言で炎上している下沢佳充議員ですが、その出身や経歴・学歴についても調べてみると、、

名前:下沢佳充(しもざわよしたか)
生年月日:1961年1月12日
出身:石川県金沢市
 
下沢佳充議員はもともと金沢市に生まれたようで、高校まではすべて地元の学校に通っていたようですね。
 
大学時に東京に出ていたようですが、その学歴を偏差値とともに振り返ってみると、、
 
小学校:金石町小学校
中学校:金石中学校
高校:金沢泉丘高等学校(偏差値71-73)
大学:早稲田大学商学部(偏差値67.5-70)
 
地元の金沢泉丘高等学校は進学校としても知られているようで、東大京大、旧帝大などへの合格者も毎年多くいる高校のようです。
 
そして大学では状況して、早稲田の商学部に通っていたようですが、、

当時早稲田の「早稲田大学雄弁会」に所属していたようですね。

早稲田大学雄弁会とは・・早稲田大学にある弁論クラブの一つで、出身者の中には多くの政治家や記者がいるようです。内閣総理大臣も5人輩出しているという名門クラブのようです。
 

下沢佳充議員は当時からこのクラブに在籍していたということですから、すでにこのころから政治の道を進んでいたことがわかりますね。

大学を出てすぐに森喜朗代議士のもとで働くことになったようですが、

ちなみに森喜朗さんも早稲田大学出身で、この早稲田大学雄弁会に所属していたようですからね。

ここでOBとしてのつながりがあったのかもしれないですね。

しかし森喜朗氏は当時まだ総理大臣ではなかったですが、すでに1983年には文部大臣として入閣していたころですね。

そんな森喜朗氏のもとで12年近く働いたのち、平成7年に石川県議会議員に当選し、石川県議としての道を進んでいったようです。

その後は平成27年に石川県議会議長に就任、スポーツ振興石川県議会議員連盟会長など次々に就任していき、

2017年には現在の自民党石川県連幹事長に就任となったようですね。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました