大勝軒TOKYOの社長の顔や経歴とは?田内川真介のパワハラ疑惑とは

トレンドニュース
スポンサーリンク

大勝軒でおきたパワハラ問題。

大塚店の元店長がスタンガンを顔に当てさせられるなどの暴行を受けたと、訴訟を起こしています。

しかし大勝軒といえば人気ラーメン店であり、全国でのれん分けされたお店はたくさんある有名店。

その社長がパワハラ行為をしていたとなると、驚きですよね。

いったいどんな人物なのか、その経歴や顔などについて調べてみました。

スポンサーリンク

大勝軒TOKYOの社長がパワハラ?大塚店元店長とのトラブルとは

大勝軒で起きたパワハラ問題で、元店長が訴訟を起こしています。

大勝軒といえば全国に100件以上ある有名ラーメン店です。

看板にもよく出ている創業者の山岸一雄さんの顔を知っているという人は多いのではないでしょうか。

2015年に心不全で亡くなってしまいましたが、大勝軒は受け継がれています。

ちなみに大勝軒の本店は1961年に東池袋でオープンしています。

そんな歴史あるラーメン店で起きたパワハラ事件。

パワハラは殴打する、蹴るだけじゃなく、社員にスタンガンを自ら顔に当てさせるなどの行為があったようですから。
大塚大勝軒のパワハラ動画がひどい!顔にスタンガンなどの暴力行為とは

そしてこのパワハラ行為は、大勝軒大塚店の元店長に向けて、なんと社長が命じていたのだから驚きです。

飲食店ユニオンが公式ツイッター上で田内川氏を名指しで批判していましたね。

亡き創業者とも親交が深かった田内川氏とは、いったいどんな人物なのでしょうか。

スポンサーリンク

大勝軒TOKYOの社長の顔や経歴とは?田内川真介のパワハラ疑惑とは

大勝軒TOKYOの社長は田内川真介さんです。

その経歴について調べてみました。

名前:田内川 真介
年齢:44歳
出身:東京都豊島区
職業:大勝軒 代表取締役

もともと東京出身の田内川さん。

高校は日本工業大学付属東京工業高等学校、大学は産能大学に通っていたそうです。

大学卒業後は水上バイクのインストラクターとして勤務していました。

しかし転機が訪れたのは25歳の時。

もともと大勝軒の大ファンで、学生時代から常連として通い、大学時代はバイトもしていた田内川さん。

店主の山岸さんとも仲が良く、話をしているうちに「ここで働かないか」と誘われたようです。

そしてインストラクターをやめ、大勝軒で修業を始めました。
 
山岸さんのもとしっかり修行したのち、29歳でのれん分けし店舗をオープン。
 
大勝軒お茶の水店をオープンしたんですね。
 
そんな創業者の山岸さんの愛弟子だった田内川さん。
 
その後山岸さんの故郷でもある山ノ内町にも出店をするなどしていました。

創業からの味を守っているとして、田内川さんの評価も高かったようですが。

今回のパワハラ事件はかなり驚きですね。

ちなみにプライベートではすでに結婚しており既婚だということもわかっています。

子供ももしかしたらいるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

大勝軒でおきた他のパワハラ事件やトラブルとは?

今回パワハラ事件で大きな話題となっている大勝軒ですが、過去にもそういったトラブルはあったのでしょうか。

調べてみたのですが、表立ってパワハラや社内でトラブルがあったという情報は見当たりませんでした。

しかし今回の報道によれば日常的に暴行などは行われていたようです。

動画についても2019年にとられたもののようですから、つい最近始まったということでもなさそうですね。

同じようなラーメン店でのパワハラを調べてみると、こんな記事がありました。

ラーメン界では有名なラーメン二郎ですが、こちらは店内でのパワハラではなく、ラーメンを使って利用客同士でパワハラがあるという内容でした。

無理やりラーメン二郎の大盛を注文し、それを交配などに食べさせる人がいるようです。

美味しいラーメンなのに、作っている店主側からすると悲しいですよね。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました