高久操の経歴には前科が?上野通り魔の犯人の生い立ちや家族を確認!

トレンドニュース
スポンサーリンク

上野駅で白昼堂々と起きた通り魔事件。

逮捕された高久操容疑者は面識のない二人の男性をナイフで刺したとして、現行犯逮捕されたという報道がありましたね。

最近小田急線での無差別切りつけなど、物騒な事件が多いのですが。

今回逮捕された高久操容疑者とはいったいどんな人物なのでしょうか。

こちらでは高久操容疑者の過去の経歴や生い立ち、そして家族に関する情報についてもまとめてみました。

スポンサーリンク

高久操が上野駅で通り魔事件!事件概要や犯行の動機とは?

上野駅で昼間に通り魔事件が起きたようです。

 

2021年10月15日の午後3時頃に、JR上野駅の構内で男性がナイフで刺されたという事件が発生していたようです。

 

ATM付近で20代と30代の男性がももや背中などをナイフで刺されたようです。
 
命に別状はなかったものの、殺意を持って被害者を追いかけていたようですから。
 
当時多くの人が駅を利用しており、当時の状況の物々しさが伝わってきます。
 

ATMで並んでいたところを刺されたようですから、自分の身に降りかかっていたと考えるとかなり恐怖ですよね。

凶器として使用されていたのは全長20㎝で刃渡り10㎝ほどのナイフだったようですが。

刃渡り10㎝というと果物ナイフなどと同じくらいの大きさですね。

※例

被害者男性とは面識がないことから、動機は通り魔的な犯行ではないかといわれているようですね。

というのもこの容疑者には精神疾患があることもわかっているようですから。

 

現行犯で逮捕された男というのが高久操容疑者のようですが、いったいどんな人物なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

高久操の経歴には前科が?上野通り魔の犯人の生い立ちや家族を確認!

上野駅通り魔の犯人である高久操容疑者ですが、その経歴には前科があるようです。

 

というのも報道で『最近出所したばかりで、服役していた』という内容があったからですね。

 

まずはこの高久操容疑者の現在までの情報をまとめてみると。

 

名前:高久操
年齢:45歳
住まい:東京都足立区
職業:不詳
 
現在45歳で職業不詳の男性のようなのですが。
 
足立区在住ということですから、上野駅も普段から利用していたのかなと思います。
 
そんな高久操容疑者の過去の前科とはいったいなんなのか。
 
調べてみると、過去に同姓同名の人物が放火で逮捕されていたようですね。

 

2006年頃に栃木県那須町の自宅に灯油をまいて放火し、全焼させた男性が逮捕されていたようです。
 
この放火で逮捕された男性というのが、高久操容疑者30歳だったようです。
 
同姓同名ですが、2006年に30歳ということは2021年現在で45歳となります。
 
たしかに今回の上野通り魔の高久操容疑者と名前と年齢は一致しますね。
 

ちなみにこの放火事件の動機は何だったのかというと。

 

祖父母から、仕事をしないでぶらぶらしているなと叱られたため放火した
 
無職であることを家族に指摘されたため、放火したという理由だったようです。
 
当時の現場は木造の平屋建てで150㎡の自宅に家族で住んでいたようですが、
 
全焼してしまったようですから。
 
たしかに今回の上野の通り魔の高久操容疑者も職業不詳ということで、無職に近い可能性はあります。
 
また、放火した高久操容疑者の犯行動機からして、精神疾患があるというのもうなずけます。
 
当時の報道をみてみると、高久操容疑者の家族構成も少しわかります。
 
・祖父
・祖母
・母親
・高久操容疑者
 
どうやら祖父母と母親と一緒に暮らしていたようです。
 
父親の存在については報道で触れられていませんでしたので、すでに他界しているのか蒸発してしまった可能性がありますね。
 
この事件が起きたのが2006年8月15日ということですから、ちょうど15年前。
 
今回の犯人と同一人物かどうかは確定できませんが、可能性は高そうですね。
スポンサーリンク

高久操のように前科者の通り魔事件の事例は?

通り魔事件というと、最近だと小田急線内で無差別切りつけを行った対馬悠介容疑者が思い出されます。

走行中の電車内で女性をターゲットにした卑劣な犯罪ということで、とても注目を浴びましたね。

 

この時の動機は【勝ち組の女性をターゲット】にしたというものでしたね。

また、大宮駅のネットカフェで立てこもりをしていた林一貴容疑者は同じく前科がありましたね。

 

以前女性宅に侵入し、女性の頭をゴムハンマーで殴打したとして、強盗と住居侵入で逮捕された前科があったようですから。

 

こういった前科者がさらなる凶悪事件を起こすケースがやはり後をたちませんね。

 

今後の対策などにも注目していきたいところですが。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました