手嶋信道の趣意書の内容がひどい!着物プロジェクト乗っ取りの過去の素行とは?

トレンドニュース
スポンサーリンク

KIMONOプロジェクトが東京五輪で披露されなかったのですが、実はその裏では手嶋信道氏が大きく関わっていたようですね。

というのも!どうやらこれまで数々の行為をおこなってきたようで、、

それにより着物プロジェクトが東京五輪で披露されなかったといわれているようなんですよね~。

そしてその内容が趣意書に記載されているようで・・・

そこで!今回の着物プロジェクトの会社であるイマジンワールドワンワイドの代表・手嶋信道氏の現在までの行動を趣意書の内容をもとに確認してみました!

スポンサーリンク

手嶋信道が着物プロジェクト乗っ取り?高倉慶応との関係や事件の経緯を確認!

着物プロジェクトを楽しみにしていた人も多い中、なぜ東京五輪には姿を現さなかったのか。

 

この事柄について調べていくと、どうやら手嶋信道さんという方が大きく関与していたようです。

 

簡単に流れをまとめてみると、、

 

・蝶屋株式会社の高倉慶応さんが着物プロジェクトを提案する
・そのための一般社団法人イマジンワンワールドを創設
・世界各国をモチーフにした着物213着が完成!
・コロナ禍でオリンピック延期となり、高倉慶応氏は代表を手嶋信道氏に譲る
・手嶋信道氏の暴挙が始まる
・それに応戦する高倉慶応氏でしたが、結果的に東京五輪の開会式には間に合わず
 
もともと東京五輪のコンパニオンの衣装として考えられていた着物プロジェクトですが、コロナ禍ということもありそれはかなわなかったようで。
 
しかし手嶋信道氏のアイディアで、無観客席に展示する案が出され進められていたようです。
⇒どうやら高倉慶応氏は東京五輪で不採用となったことであきらめていたのですが、手嶋信道氏が粘り続けていたようです。
 
ですが!手嶋信道氏が着物プロジェクトの着物を私物化しようとしたため、高倉慶応氏らと対立するかたちに。
 
結果として東京五輪開催日までに間に合わず、アイディアは白紙となり着物プロジェクトはお蔵入りに。
 
とざっくりまとめるとこんな流れのようです。
 
こちらのBbabさんの記事にその詳細が記されています。
KIMONOプロジェクトのオリンピックお披露目が叶わなかった理由が凄惨だった
 
ここで注目したいのが、この手嶋信道氏の暴挙がつづられた趣意書があるようなんですよね~。
スポンサーリンク

手嶋信道の趣意書の内容がひどい!着物プロジェクト乗っ取りの過去の素行とは?

手嶋信道さんが高倉慶応さんから引き継いだイマジンワンワールドをどのように私物化して、暴挙を行っていったかについて記された趣意書があるようなんですよね。

そもそも趣意書とはなにかというと、、

ある事柄について意見を記して提出したり公示したりするための文書。趣旨を記した文書 引用:コトバンク

趣意書とはどうやら物事の状況などを書き記した書類のようで、今回手嶋信道氏のこれまでの暴挙についてを一般社団法人側がまとめたものがこの趣意書のようですね。

そこでこの趣意書の内容をまとめてみると、、

・理事会の承認なく代表者印を変更
・新たに銀行口座を開設し事務所の賃貸借契約を解除しようとしていた
・社団法人の銀行口座のキャッシュカード、通帳、インターネット取引用パスワードなどを紛失したと偽り再発行手続きしていた
・理事会の承認なく勝手にお金を引き出していた
・社団法人宛の郵便物を勝手に自宅へ転送するように転送届を手続していた
・イベントで使ったKIMONOの返送先を手嶋氏の自宅に設定していた
・スポンサーに対して威圧的に怒鳴りつけた
・アフリカ開発会議でKIMONO披露後に、許可なく勝手に撮影してクレームをうける
・社団法人内の女性と不貞行為をした
・社団法人の関係者に対して持続化給付金の不正受給をすすめていた

趣意書に書かれていた内容はこのようになっているようで、手嶋信道氏が理事会を通さずに独断で行った行動が数多く記されているようです。

とこの趣意書をみると、差出人は一般社団法人イマジンワンワールド社員と創設者の高倉慶応さんとなっています。

他にも趣意書にはイマジンワンワールドの設立の目的である『日本の着物文化を中心に、日本の伝統文化を広め、国際交流を図る』といったことなども記されています。

また、KIMONOプロジェクトの趣旨、スポンサーや寄付金をしてくれた人たちの気持ちなどについてもかかれていたようです。

この手嶋信道さんの暴挙に対して、実は理事会も手嶋氏を解職して他の人物を代表にしようとしていたようですが、、

手嶋信道さんが今までの活動の趣旨や活動を理解していない社員を増やし、そのうえで社員総会を開催して、理事を入れ替える決議をしていたようで、、

つまり自分が解任されそうになったので、自分の側につきそうな社員を大量に入れ、自分の側が有利になるような総会を開いたということのようですね。

普通に考えてかなり悪質な乗っ取りのように見えますが、、

こんな行為によって多くの人が携わった大切なKIMONOプロジェクトが披露されずに終わってしまうのは本当に悲しいですね。

スポンサーリンク

着物プロジェクトのKIMONOとはどんなもの?その美しさがすごい!

今回手嶋信道氏の影響により東京五輪の開会式で披露されることがなかった着物プロジェクトですが、どんな着物が披露される予定だったのかなと。

そこでみてみると、

2020年東京オリンピックに向け、世界各国をモチーフにした着物を!キモノプロジェクト「イマジン・ワンワールド」

世界各国の国にあわせて柄や色などデザインが用意されていたようで、とっても美しいものばかりですよね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

着物メディア KIMONO BIJIN(@kimonobijin)がシェアした投稿

多くの作家さんなどが関わって作成されたようですから、、

もし東京五輪で披露されれば、日本の着物文化のすばらしさをもっと知ってもらえたのかな~と思うのですが。。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

  1. Bbab より:

    記事の訂正をお願いしたいです。
    noteの記事を書いたBbabと申します。
    このnote内容は、サポーターの方を介して高倉さんご本人と関係者様からご助言頂き、現在は訂正後のものを掲載しております。
    オリンピックで展示する案で最後まで粘ったのは手嶋氏とのことです。

タイトルとURLをコピーしました