鳥潟かれんの経歴は早稲田大学?優秀な学歴をもつ記者のこれまでの職歴や生い立ちを調査!

トレンドニュース
スポンサーリンク

北海道旭川にある旭川医科大学で女性記者が不法侵入で現行犯逮捕されたようですね!

逮捕されたのは鳥潟かれんさん22歳ということですが、記者が現行犯逮捕されるというのはかなり異例の事態のようで、、

ネット上も含め大きな議論の的となっているようですね。

しかしそこで気になるのが今回逮捕された鳥潟かれんさんという女性記者はいったいどんな経歴の持ち主なのかな~と。

ネット上では早稲田大学出身じゃないかといわれているようですが、ともすればかなり優秀な人材なのかなと。

そこで!今回は鳥潟かれんさんの経歴が早稲田大学なのか、そしてその優秀といわれる学歴や生い立ちにせまってみたいと思いますから。

最後までお読みいただけると嬉しいです♪

スポンサーリンク

鳥潟かれんが不法侵入で逮捕?記者が現行犯逮捕されるという異例の事件を確認!

女性記者が現行犯で逮捕されるという異例の事態となった、旭川医大での事件ですがどんな経緯で事件がおきたのかな~と。

というのも記者なら普通は規則にのっとり取材などを行うと思いますので、不法侵入というのはちょっと不思議だなと。

そこでまずは今回の旭川医大で起きた建造物侵入の事件の概要をまとめてみると、、

・2021年6月22日16時30分ごろに旭川医科大学で発生
・建造物侵入の現行犯ということで北海道新聞の記者が逮捕された
 
どうやら6月22日に旭川医科大学では学長の解任を審査するための会議が開かれていたようで、それを女性記者である鳥潟かれんさんが取材しようとしていたようですね~。
 
しかし!事前の15時50分頃に報道やマスコミに対して、部外者の立ち入りは禁止するというファックスが送られていたようですね~。
 
コロナウイルス感染を防止するという目的だったといいますが。
 
しかし!鳥潟かれん記者はそれを守らずに、旭川医科大の構内に侵入して取材をしていたため逮捕されたようなんです。
 
これに対してネット上では『報道の自由』を指摘する人や、『捕まるのは当然』といった意見など様々な意見があったようです。

しかし一方で今回の被害者はこの女性記者の鳥潟かれんさんじゃないかという人もいるようで、、

北海道新聞社はこのマスコミに送られてきたファックスを知ったうえで、あえて学生として紛れ込めそうな22歳の鳥潟かれんさんを送り込んだのではということもうわさされているようですね~。

たしかに逮捕当時学内で『会議をしている場所を探していた』鳥潟かれんさんが大学職員に発見されたというようですから、、、

鳥潟かれんさんが独自で不法侵入とわかって行った可能性は低いような気がしますよね。

スポンサーリンク

鳥潟かれんの経歴は早稲田大学?優秀な学歴から職歴や生い立ちもチェック!

今回の旭川医大の建造物侵入で逮捕された鳥潟かれんさんですが、実は経歴が早稲田大学出身というかなり優秀な人物じゃないかといわれているようですね~。

というのも!早稲田大学に2021年時点で鳥潟かれんという人物がいたようなんですよね~。

2021年3月時点で4年生、さらには鳥潟かれんという名前ですからたしかに同一人物である可能性は高いですね~。

ちなみに早稲田大学出身の鳥潟かれんさんは『学生団体おちょきん』という団体について2021年3月にインタビューをしていたようで、、

たしかに現在の仕事がらが記者ですから、大学在学時にインタビューをしていたとなると整合性もとれそうですよね。。

まあしかしまだ確定しているわけではないので、あくまで可能性の範囲ですが。。

しかし早稲田大学出身の経歴となればかなり優秀な学歴ですからね。。

ちなみに早稲田大学の偏差値は62.5~70ですし、過去には総理大臣も多く輩出している名門大学ですからね~。

では!鳥潟かれんさんが入社した北海道新聞社は倍率などは高いのかな~と。

そこで北海道新聞社の採用実績などについても調べてみると、、

採用実績(学歴):京都大学、慶応大学、東京大学、北海道大学、上智大学、東北大学、早稲田大学 など
採用人数:記者22名、営業10名(2020年度)
 
どうやら2020年度は記者と営業あわせて30名程度をとっていたようですね~!
 
採用実績をみると東大や京大などやはり学歴の高い人材も多く入社していることがわかります。
 
ちなみに北海道新聞社の年収についても調べてみると、、
 
北海道新聞社の平均年収は745万円~830万円ほど
 
営業や事務、技術職や記者など職種によって給与がかわるようですが、営業と記者が年収としては高いようですね~。
 
今回の鳥潟かれんさんも記者としての職務だと思いますので、おそらく年収は420万円~450万円ほどなのかなと。
 
というのも大卒の初任給は245,000円となっており、年に二回賞与があるようですからね~
 
新卒の鳥潟かれんさんだと年収は400万円半ばくらいになるのかなと。
 
ちなみに!北海道新聞社は札幌に本社がありますが、支社は東京や大阪、さらには海外にもあるようですよ~。
 
鳥潟かれんさんは早稲田出身であれば、将来的に海外勤務などもあり得るのかもしれないですね~。
 
鳥潟かれんさんの高校については情報がでていませんでしたが、早稲田に入ったとなれば高校も優秀な高校だったのかもしれないですね。
 
北海道新聞社にはいるということは地元が北海道出身の可能性もありますし、、
 
ちなみに北海道の高校で偏差値ランキング上位にある高校というと、、
 
札幌光星高等学校 偏差値72
札幌南高等学校 偏差値72
札幌気が高等学校 偏差値71
 
などがあるようですね~。
 
しかし今回の逮捕でせっかく優秀な経歴の鳥潟かれんさんの今後が変わってしまう可能性が高いですよね。。
 
事件の真相解明、そして経緯などはもっと詳しく調べてほしいですね。
スポンサーリンク

鳥潟かれんのように現行犯逮捕された記者は他にもいる?

今回北海道新聞の記者である鳥潟かれんさんが逮捕されてしまいましたが、こういった新聞記者が逮捕される事例はあるのかなと。

そこで調べてみると、2012年には読売新聞記者が乗用車をけってドアやバンパーを破壊して逮捕されていたようで、、、

アルコールが検知されたということで、それも影響していたようですが、、

また、2020年には東海テレビの記者がストーカーで逮捕されるという事件もありましたね~。

しかし逮捕されたことは公表されていなかったようで、、、

内容としては交際相手のプライベートの画像などをネット上でさらして投稿していたということのようですが、、

報道関係者が逮捕されたのに、自分たちの報道はしないということでかなりネット上で批判が相次いていたようですが、、、

しかしいずれも記者ではありますが、プライベートでの逮捕です。

今回のように職務中に現行犯で逮捕となると、個人というよりは北海道新聞社側の過失や責任などが大きいのかなとは思いますが。

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました