対馬悠介の高校や大学が判明!中央大学のテニスサークルでの学生生活から勤務先もチェック!

トレンドニュース
スポンサーリンク

小田急線の電車内で複数の人を刃物で切りつけた対馬悠介容疑者が逃走のすえ逮捕されましたね。

快速の電車内ということで逃げられない乗客を狙った無差別事件だったようですが、いったいこの対馬容疑者とはどんな人物なのでしょうか。

特に気になるのは学生時代の生活や暮らしぶりなど、以前からなにか事件につながるきざしなどがあったのかについても気になるところです。

ということで今回は小田急無差別刺傷事件の犯人、対馬悠介容疑者の高校から大学、卒業後の勤務先などの職歴や学歴について迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

対馬悠介が小田急線での無差別刺傷事件で逮捕!衝撃の犯行までの経緯とは?

對馬容疑者は犯行後【殺せなくて悔しい】とコメントしていたようですから・・

今回の事件、逃げられない小田急線の走行中の電車内で起きた無差別刺傷事件。

犯人として逮捕されたのは36歳の対馬悠介容疑者です。

ではいったい今回の事件とはどんな概要だったのか、まずは事件について簡単にまとめてみると・・

・8月6日の夜8時半ころに小田急線の電車内で20代の女性を含む10人を包丁で刺す事件が発生
・その後車掌が電車を急停止させたところ、犯人はドアから逃走
・夜22時頃に杉並区高井戸のコンビニで犯人が自ら事件を起こしたと名乗り出て逮捕される
 
8月6日の金曜日の夜、藤沢から新宿に向かう小田急線内で事件は起きました。
 
逃げ場のない電車内で、いきなり対馬悠介容疑者が20代の女性に包丁で襲い掛かったんですよね。
 
その後付近にいたほかの乗客にもつぎつぎに襲い掛かり、現場は他の車両に逃げ惑う人でパニック状態になっていたようですから・・

この事件ですが、対馬容疑者が包丁で刺した女性は面識がなかったことから、無差別殺人未遂という事件だったようなのですが、、

その動機や経緯というのがやはり異常だったようで・・

・誰でもよかった
・幸せそうな女を見ると殺したくなる
 
どうやら対馬容疑者は女性であれば誰でもよかったというような発言を事件後にしていたようです。
 
また、今回の事件は事件発生前からの流れや経緯にも注目が集まっているようで・・
 
 
・事件当日に對馬雄介容疑者は新宿駅前の食料品店で万引きをし、女性店員に通報される
・そのことに腹を立てた対馬容疑者は女性店員を殺害しようと包丁などを用意し、新宿の店舗に向かう
・しかし店がすでに閉まっていたため、電車内で他の女性にターゲットを変えて犯行を行う
 
どうやら万引きがばれたことで女性店員に通報されたのですが、それに腹を立てて犯行を決意したようですから、、
 
ちなみに万引きしようとしていたのはベーコンとオリーブ880円相当だったようで・・
 
その後女性店員の通報により警察が登場し、取り調べや所持品検査などが行われ、最後は自宅まで送り届けられたようですが。
 
さらに、サラダ油を用意しており、電車内を火災で炎上させようと考えていたようですが、、
 
残念ながらサラダ油ではライターなどで引火することは難しいことを知らなかったようです。
 
しかし今回逮捕後の対馬悠介容疑者のコメントをみていくと、6年前から女性に対して強い想いがあったようで、、
 
いったい対馬悠介容疑者の過去には何があったのかなと。
スポンサーリンク

対馬悠介の高校や大学が判明!中央大学のテニスサークルでの学生生活とは?

そんな対馬悠介容疑者の過去の経歴などはいったいどうだったのかなと。

そこで対馬悠介容疑者のまずは学歴や学生時代からみてみると、もともと世田谷区内の中学校に通っていたようです。

というのも対馬悠介容疑者の母親の実家が世田谷にあったので、幼少期はそこで暮らしていたからのようで・・

ちなみに対馬容疑者の出身はもともと青森県御所川原市のようです。

父親の出身地が青森なのかもしれませんね・・

この当時通っていた中学の学校名まではあきらかになっていないようですが、その後通っていた高校は都立大付属高校のようですね。

この都立大付属高校とは、2011年に閉校している高校ですが場所は目黒区にあった高校のようですね!

学校名:東京都立大学付属高等学校
所在:目黒区八雲一丁目1番2号
設立:1929年2月
国公私立:公立

多くの文化人や政治家、学者などを輩出している高校のようで、、

主な出身者・・・東芝取締役代表執行役社長の佐々木則夫、織田哲郎、うじきつよし、久米宏、金子賢
 
偏差値58ある高校で過去には富山高等学校などにつぐ進学校だったようですから、対馬悠介氏は学生時代勉学はちゃんとしていたのかなと。
 
その後対馬悠介容疑者は中央大学の理工学部に進学したようですね。
 
しかし大学時代の対馬悠介容疑者はかなり優しい性格だったようで・・
 
テニスサークルに所属しており、うまくなじめない新人などにも声をかけていく優しい性格だったようですから、、
 
中央大学理工学部の偏差値は55~60ですし、テニスサークルにも所属してかなり順風満帆な大学生活にも思えるのですが、、
 
しかし、どうやら対馬悠介容疑者は大学を卒業せずに、中退してやめてしまったようです。
 
その後就職しても長く続かず、結果的に派遣業に登録してコンビニやパン工場などで働くような生活をしていたようですが・・
 
やはりこの大学時代に対馬悠介容疑者に何かがあったのかなと。
 
報道でも『中退後に人が変わった』といわれるほど人格が変わっていたようですから、大学時代の学生生活で何かトラブルや人間関係などの問題があった可能性が高いですよね・・
 
人が変わったと知人の間で噂になるくらいですから、相当な変わりようだったのかなと。
 
そして今回の事件では女性に対して強い殺意が感じられましたので、これは学生時代からもすでにあったのかなと思いますが。
 
そんな対馬悠介容疑者ですが、独り暮らしをしていたのは小田急線よみうりランド前駅の付近だったようで、、
 

今回事件が起きた祖師ヶ谷大蔵駅からも数駅しか離れていない場所のアパートで独り暮らしをしていたようです。

普段の生活に特に変わった様子は見られなかったようですが、人知れず内に溜め込んだものが今回の事件で爆発したようなかたちなのかもしれません。

というのも今回犯行時には車内でターゲットにする人物を品定めしていたようで、、

『男にチヤホヤされてそうな女性を殺してやりたい』
『(重傷の女子学生が)勝ち組の典型にみえた』

このように男性から人気のある女性に対して強い恨みをもっていることがわかります。

となれば過去に人気のある女性と何か人間関係でトラブルにあっていたのかなと。

その後トラウマとなり女性に対しての憎悪などが日に日に積み重なっていたのかもしれません。

いずれにせよ大量殺人を犯そうと考えていた人物ですから、しっかりとした処罰を望みます。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

  1. パヨク撲滅 より:

    刺された女の大半が緊急事態宣言を無視して遊び歩いてたってことだから
    屑が屑に切られた事件ってことだな

タイトルとURLをコピーしました