松本学(うずしお先生)の経歴が矛盾!顔画像や勤務先のさなぎの樹の概要から生い立ちをチェック!

トレンドニュース
スポンサーリンク

松本学容疑者が女性に対する性的暴行で逮捕されましたが、どうやらこの男性はうずしお先生と名乗りほかの女性にも同様の犯罪行為を繰り返していたようで、、

 

しかも!どうやらこの松本学容疑者の代表を務める『さなぎの樹』とは性犯罪を防ぐための団体だったようですからね、、

 

・松本学容疑者の経歴ってどうなってるの?
・さなぎの樹ってどんな団体?
・松本学容疑者の顔画像や生い立ちは?

 

性犯罪のための組織に属しながらも性犯罪を犯してしまった松本学容疑者について、いろいろと調査をしてみました!

スポンサーリンク

松本学が性的暴行で逮捕?うずしお先生と名乗り犯罪行為!

性犯罪の被害者や加害者のための組織を率いる男性が、まさかの性犯罪をして逮捕というびっくりなニュースが飛び込んできましたね。

 

逮捕されたのは松本学容疑者ですが、この男性はなぜ逮捕されたのかというと、

 

2021年7月8日に大阪で時20代の女性に対して強制性交をした疑いで逮捕されたんですね~。

 

ではなぜ話題になっているのかというと、この松本学容疑者は【一般社団法人さなぎの樹】の代表をつとめているからなんですよね~!

 

そしてこのさなぎの樹とは、なんと性犯罪の加害者を更生するための支援や、被害者のサポートなどを行う組織だというのですから、、

 

性犯罪から人々を守る側の人間が、自分で罪を犯し逮捕されるという、、矛盾しすぎですね。。

 

じゃあどうやって犯罪に手をそめていたのかというと、出会い系のマッチングアプリを使っていたようですね~!

 

出会い系のアプリといえば先日Yahooニュースで出会い系でパパ活とコソ泥をして1000万円以上の金品を盗んだ女性の華々しい暮らしが紹介されていましたね~もちろん逮捕されてましたが。⇒水谷洋瑛のインスタ画像が豪遊しすぎ!宿泊したホテルやブランド品なども調査!

 

とそんなアプリを使い女性と出会っていた松本学容疑者ですが、その名前は『うずしお先生』だったようで、、

 

なんでそんな名前にしたのか、、出身が鳴門海峡の近くだったのかななんて思いますが。

 

しかしこの松本学容疑者とは一体どんな人物なのか。

スポンサーリンク

松本学(うずしお先生)の経歴が矛盾だらけ!顔画像や勤務先のさなぎの樹の概要から生い立ちをチェック!

松本学容疑者の顔画像についても調べてみましたが、Facebookなどの顔画像は特定できませんでした、、

 

しかし、この松本学容疑者は女性と会った際に『奴隷契約書』に記入させて服従させていたようですからね、、、

 

そういえば最近同じようにあった女性に『奴隷契約書』を書かせ、未成年とみだらな行為をした人物が逮捕されていましたが、、
大丸侃広(ただひろ)の奴隷契約書全文の内容が過激!13歳少女に書かせたその意味不明な行為とは?

 

この際の奴隷契約書の内容は、、

 

  • 永久の忠誠と服従
  • 専属奴隷として奉仕すること

 

などなど、細かい項目にわかれていたようですが。

 

今回の松本学容疑者(うずしお先生)の内容もみてみると、

 

  • うずしお先生に完全服従する性奴隷
  • 先生の命令や支持には完全服従し、拒否したり不服を申し立てたりしない
  • 先生に身も心も満足していただけるように心から奉仕する

 

といった内容のようですね、、

 

しかし、また話を戻しますが、松本学容疑者は一般社団法人さなぎの樹の代表者であり、性犯罪防止や被害者のサポートをする組織に属していますからね、、

 

明らかに経歴と矛盾しているんですよね。

 

とそこでこのさなぎの樹の内容についてもみてみると、、

 

法人名:一般社団法人さなぎの樹
設立:2021年6月
代表者:松本学
所在:大阪市北区芝田2丁目8-11共栄ビル3F
 
松本学容疑者の会社の場所は大阪市北区にあるようです。
 
 

そしてまた経歴で矛盾しているのが、設立は2021年6月ということで先月のことなんですよね!

 

しかしこの松本容疑者の犯行は7月8日に行われており、その他にも余罪があるということのようですから、、

 

たぶん6月中からこういった行為を行っていたのかなと。

 

そうなると団体を立ち上げつつ、自分では性犯罪を行っていたということになりますね。

 

ちなみにこの一般社団法人さなぎの樹の業務内容についてもみてみると、、

 

・改善更生支援
・生活支援(出所した人のサポート)
・社会復帰促進(就労支援など)
・家族支援(家族の加害行動の受け入れや相談)
・被害者支援
・司法や保護観察機関との連携
・啓発事業(性犯罪再犯防止の取り組み)
 
などなど、主に性犯罪者の更生や社会復帰のための支援を行う団体のようですから。
 
そしてこの団体に集まる人は【加害者・被害者、その家族】などのようで、、
 
ということはこの松本学容疑者は加害者としてこの団体を立ち上げていたのでしょうか。
 
しかしこういった団体を立ち上げるということは、自分自身の生い立ちの中にも性犯罪とのかかわりがあったのかなとは思いますが、、
 
なんにせよこの組織で更生プログラムを自分が受ける必要があるようですね。
スポンサーリンク

松本学のように出会い系マッチングアプリで起きた事件はある?

こちらは先ほども紹介した、パパ活とコソ泥で稼いでいた女性ですが、やはり男性との出会いは出会い会アプリだったようですね~。

 

最近に限らず、こういった出会い系での事件は昔からよく見かけるのですが、、

 

ちなみにこちらの大丸容疑者もうずしお先生と同じく、女性に奴隷契約書を書かせて話題になっていましたが、、

少女との出会いのきっかけはツイッターを通じてということでしたね~!

 

やはりでかけはツイッターを通じてということでしたね~!

 

そこでマッチングアプリの利用者率についても調べてみると、、

 

働く独身女性のうち57%が出会い会を過去に利用したことがある、もしくは現在利用しているようです。また、15%が利用したことないが利用してみたいと答えているようですからね~。
 
となるとかなり多くの人が出会い系アプリの利用経験があることになりますが、、
 
もちろんオンラインで気軽に出会うことができるので便利ですが、今回のように犯罪が起こることもあるのでその利用方法には注意したいところですね。
スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました