井戸敏三の高校や大学はどこ?経歴やプロフィール

政治・経済
スポンサーリンク

兵庫県知事として過去5度の当選経歴がある井戸敏三知事

井戸敏三知事は20年近く兵庫県知事として活動してきましたが、その生い立ちや経歴はどのようなものなのでしょうか。

今回は『井戸敏三の高校や大学はどこ?経歴やプロフィール』と題して井戸敏三知事の高校や大学、経歴やプロフィールなどをみていきたいと思います。

スポンサーリンク

井戸敏三の高校はどこ?

井戸敏三知事の高校は東京都立日比谷高等学校です。

井戸敏三知事が通っていた日比谷高等学校の偏差値は72と、都内でも有数の進学校です。

井戸敏三知事の母校である日比谷高等学校は進学校としても有名で、2019年には東大に47名、早稲田に174名、慶応に144名、一橋に23人もの進学実績がある高校です。

各界の著名人も井戸敏三知事と同じく日比谷高等学校出身の方が多くいます。

井戸敏三と同じ高校出身の政治家

井戸敏三知事と同じ高校出身の政治家は多くいます。

阿部信行(元36代内閣総理大臣)

愛知和男(元防衛庁長官)

岸博幸(経済産業省官僚)

大来佐武郎(元外務大臣)

井戸敏三知事の在籍していた高校からは、政治界の有名人を多く輩出しているんですね。

スポンサーリンク

井戸敏三の大学はどこ?

井戸敏三知事の大学は東京大学法学部です。

東京大学法学部といえば偏差値67.5~72.5の難関大学ですね。

東京大学法学部を出た卒業生は民間大手企業や大学院進学、そして同じくらいの割合で官僚の道を進んでいます。

井戸敏三知事も東大法学部のその後の進路として、官僚の道を進んでいくのですね。

井戸敏三と同じ大学出身の政治家

井戸敏三知事と同じ大学出身の政治家はたくさんいますね。

歴代の総理大臣の中にも東大出身者は16人います。

直近だと鳩山由紀夫元総理や、宮澤喜一元総理、中曽根康弘元総理などが、井戸敏三知事と同じく東京大学出身ですね。

スポンサーリンク

井戸敏三の経歴やプロフィール

井戸敏三知事のこれまでの経歴やプロフィールをみていきましょう。

井戸敏三の経歴

1968年4月 井戸敏三知事は東京大学卒業後に自治省・現在の総務省に入省します

1995年 井戸敏三知事は自治省大臣官房審議官に就任しています。

1996年 兵庫県の副知事として2期にわたって5年間就任します。

2001年7月 井戸敏三知事は初めて兵庫県知事に立候補し、見事当選します。

2005年7月 井戸敏三知事が2度目の兵庫県知事に当選します。

2009年7月 井戸敏三知事は3度目の兵庫県知事に当選。

2013年7月 過去最多得票で兵庫県知事に4度目の当選となる井戸敏三知事

2017年7月 井戸敏三知事はなんと5度目の兵庫県知事に当選

その後関西観光本部副理事長や、2025年に開催される日本万国博覧会誘致委員会の副会長にも就任します。

兵庫県知事に5期連続、合計20年近く就任するという快挙を成し遂げた井戸敏三知事。

現在の任期や来年出馬するのかどうかなどは、気になるところですね!

井戸敏三の任期や評判は?

井戸敏三のプロフィール

井戸敏三知事は1945年8月10日生まれで、2020年現在75歳となります。

現在は兵庫県知事として就任している井戸敏三知事ですが、政党には所属しておらず無所属です。

出身が兵庫県揖保郡新宮町・現在のたつの市であり兵庫県の出身ですね。

井戸敏三知事はその発言や行動が注目されることが多く、

2020年に公用車を既存のレクサスから最高級車センチュリーに変えたことで物議をよんでいます。

一部の県民からはリコールも要求されているなど、井戸敏三知事の今後の進退には注目があつまっています。

スポンサーリンク

井戸敏三の高校や大学はどこ?経歴やプロフィール

今回『井戸敏三の高校や大学はどこ?経歴やプロフィール』と題して井戸敏三知事の高校や大学、経歴やプロフィールについてをみていきました。

井戸敏三知事は東京の日比谷高等学校から東京大学法学部に進学していたエリートです。

その後井戸敏三知事は総務省への入省、兵庫県知事を5度も制するなど数々の活躍を納めています。

しかし一方で批判の声があがっている発言や行動もあるため、今後の動向に注目していきたいところですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました