倉持仁の嫁や2人の息子などの家族構成!両親や実家の背景にも迫る!

政治・経済
スポンサーリンク

新型コロナウィルスの感染者の人達の診療をしながら、テレビにも出演して医療医療現場の悲惨な状況を発信し続けているのが倉持仁さん。

宇都宮市インターパーク倉持呼吸器内科院長としても勤務するなかで、現場の現状や問題点などについてを伝え続けています。

メディアでも多く取り上げられており、中にはかなり話題となった厳しい発言なんかもありましたね。

そんな倉持仁院長とはどんな人物なのか、その妻や子供、家族などのプライベートについて迫ってみました。

スポンサーリンク

倉持仁院長が政治に喝?コロナ禍での訴えや話題になった経緯を確認!

まず、倉持仁氏とはどのような人物なのでしょうか?

簡単にプロフィールや経歴についてみてみると。

名前:倉持仁
年齢:49歳(1972年生まれ)
出身:栃木県宇都宮市
職業:医師

まずはざっと経歴についてもみてみると。

• 1991年 – 栃木県立宇都宮高等学校 卒業
• 1998年 – 東京医科歯科大学医学部 卒業
• 2000年 – 青梅市立総合病院 内科
• 2004年 – 東京医科歯科大学 呼吸器内科
• 2007年 – 倉持病院内科 副院長
• 2015年 – 医療法人英心会 インターパーク倉持呼吸器内科クリニック 院長
• 2017年 – 英心会より独立し、インターパーク倉持呼吸器ペインクリニック内科を開業し院長就任
• 2020年 – インターパーク倉持呼吸器内科に名称変更
• 2020年 – ちびっこの科学と遊び株式会社を設立

栃木県出身で地元の高校をでたあとは、東京医科歯科大学の医学部に入学しているんですよね。

このころからすでに医者としての道を歩み始めていたようですが、その後大学病院などでの勤務を経て自ら独立開業した経緯があります。

素晴らしい経歴の人物ですね。このコロナ渦において、この方が現場の第一線で患者の命を救っておられると思うと、尊敬に値します。

しかし、現場の第一線で活躍しておられるお医者様は他にもたくさんおられます。倉持仁氏がこれだけ話題になったのには、ある発言があったためです。

「(菅義偉首相は)至急、おやめになった方がいい」

このツイッターでの発言から、倉持仁氏は現在話題となっています。

ですが、この発言に対しての批判はどれほどのものなのかというと、実際には批判の声は少なく、逆に賛同の声が多いとのことです。

倉持仁氏のこの発言は何も感情に身を任せたものではなく、ある思いに基づくものであったことも賛同の多い理由のようです。

感染者が急増している地域において「入院対象は重症化の恐れが高い患者に限定する」という政府の方針に異を唱える形での今回の発言であったようです。

倉持仁氏によると現在のコロナ治療は、発症からCT検査を行い、医師主導でその経過を診て、適切な治療対応を行うことで、致死率を大幅に下げることが可能になっているとのことです。

その中で上記のような政府の方針が進んでしまえばそれも実現しなくなるという危機感があったようで。

政治に一石を投じる形となった倉持仁氏の発言は、このコロナ渦において非常に有益な行動であり賛同が多い理由も頷けますね。

スポンサーリンク

倉持仁の嫁や2人の息子などの家族構成!両親や実家の背景にも迫る!

そんな話題になった倉持仁さんですが、プライベートでの暮らしはどうなのかなと。

倉持仁氏の家族は公表されてはいませんが、奥様と2人の息子がいるとも言われています。

息子2人の情報については出てきませんでしたが、奥様は倉持仁氏同様医師である可能性は高いです。

倉持仁氏が経営するインターパーク倉持呼吸器内科のホームページ内に、「麻酔専門医 倉持智子」との記載があります。

倉持という苗字はそうたくさんあるとも思えませんし、奥様の可能性は十分にあります。
 
ただ、兄妹や娘などの可能性もあるので断定はできません。

また、いつ結婚したのか、親族はどのような人物であるのかなどの情報についても公表されていないようです。

確かに倉持仁氏は立派な医師ではありますが、あくまでも一般人です。奥様はもちろん子供のことなどについても、公表はしない方が良いでしょうね。

そんな倉持仁氏ですが最近はメディアに出ることが多いので、かなり知名度も高くなっているようですが。

そこで最近のメディア露出についてもみてみると、、

BS-TBS 報道1930
読売テレビ ミヤネ屋
TBS グッとラック!
TBS ひるおび
TBS Nスタ
TBS ニュース23

多くの報道番組に出演していることもわかります。

また、最近ではYouTubeチャンネルを開設したことも大きな話題となっていましたね。

家庭内感染について〜実例から学ぶ〜

自身の病院にメディア露出、YouTubeでの情報発信と多忙な生活を送っているようですから。

きっとそれを支える奥さんの存在も大きいのかなと思いますよね。

スポンサーリンク

倉持仁院長の病院はどこ?場所や評判や口コミなどもチェック!

さて、その倉持仁氏が経営する「インターパーク倉持呼吸器内科」はどこにあるのでしょうか?

その場所について調べてみると、病院は栃木県の宇都宮にあります。

JR雀宮駅東口から車で約3.5km(約10分)、徒歩では約30分ほどかかる距離のようです。

外観はこのようになっているようですが。

住宅街の真ん中にあるようなので、付近の人も多く通っているのかなと思われますね。

駐車場がかなり広いので、車も止めやすそうに感じますね。

バスでもアクセス可能のようで、また雀宮駅からバスで約20分ほどで行けるようですね。

呼吸器内科という名前が前に出ているだけあり、病院のホームページにはインフルエンザの発熱外来などの記載もあります。

ほかにも喘息についてのことも事細かに書いてあり、さすが呼吸器内科に特化されているという印象を受けます。

また、土日祝日も営業されているということにも驚きます。

大きい病院などは特に、土日祝日は営業していないところが多いので、こういう病院が近くにあると本当に助かりますね。

呼吸器内科のほかに発熱外来にも対応しているため、特に小さなお子様がいる家族にとっては本当にありがたい存在なのではないでしょうか。

実際、小さい子供はよく熱を出しますし、それがタイミング悪く土日祝日であることもよくある話ですしね。

倉持仁氏もホームページの挨拶に、地域の皆様のためになる医療を提供できること(役に立つ医療)を掲げています。

病院の体制と、倉持仁氏の挨拶の内容に矛盾はなく、この病院を設立するにあたり高い志をもって開業なされたのではないでしょうか。

そんな「インターパーク倉持呼吸器内科」ですが、実際の口コミはどのようになっているのでしょうか?

Googleの口コミを拝見すると、さまざまな口コミがありました。

まず、たくさんの患者を受け入れているだけあり、そもそも口コミの数も非常に多いですね。

口コミの中で多い意見であったのは、「熱心である」「親身な対応」などが見受けられます。

また逆に低評価も散見されました。

それを見ていると、電話してもつながらなかった。かなり待たされた。などの意見がありました。

あとの低評価は、特にコメントのないものであったり、コロナの恐怖を扇動しているなどの個人的感情も入ったもののように感じました。

電話してもつながらない、待たされたなどについては、やはり現場はコロナ渦で相当混乱しているのではないかと予想されますし、この状況を考えれば、ある程度致し方ない気はしますが。

印象としては、高評価には具体的な意見が多かったことから、やはり口コミ評価は高いと判断しても良いのではないかと感じました。

まだまだコロナ渦は続くと思われますし、このような病院がこれからも健全に運営ができるような政策を、政府には考えてもらいたいですね。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました