パンドラ文書の日本人や企業はどこ?ソフトバンクやドン・キホーテなどリストも調査!

政治・経済
スポンサーリンク

世界中を相手にした世紀の暴露ともいわれる【パンドラ文書】

その与える衝撃は大きなもので、世界各国でトップニュースとして報道されていたようですね。

日本ではそこまで大きく報道されていないものの、そのリストの中には日本人や日本企業も多く含まれているといいます。

しかし日本人でこのパンドラ文書に掲載されている人物、そして企業とはどこなのでしょうか。

現時点でわかる範囲の情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

パンドラ文書が世界に与える影響とは?タックスヘイブンとの関連や話題になった経緯を確認!

世界中に衝撃を与えたパンドラ文書。

欧米ではトップニュースとして報道されていたところも多かったようですね。

というのも世界各国の首脳や有名人、大手企業などが対象としてリストに掲載されていたようなんですよね。

とその前にこのパンドラ文書とはいったいなんなのかというと。

国際調査報道ジャーナリスト連合がタックスヘイブンに設立した会社や取引などの資料をまとめた書類のことを示すようです。

タックスヘイブンとは租税回避地という意味で使われていますが、

どうやらこのタックスヘイブンに関わっていた企業や個人名がリストにされて暴露されたということのようですね。

そしてその中には各国の元首相や現役の大統領、有名音楽家などありとあらゆる著名人の名前があったようです。

合計で91か国もの国の政治家や有名人にタックスヘイブンの関わりがあるとされていたようですから。

イギリスのブレア元首相なども掲載されており、タックスヘイブンにある会社を買収していたようですから。

そしてリストの中には日本人や日本企業などの名前も掲載されていたようなんです。

スポンサーリンク

パンドラ文書の日本人や企業はどこ?ソフトバンクやドン・キホーテなどリストも調査!

パンドラ文書に掲載されている日本人と日本企業については一部の情報は見つけることができました。

・平田竹男(東京五輪推進本部事務局長)
・孫正義(ソフトバンク会長)
・原丈人(未来トラスト会長)
・安田隆夫(ドン・キホーテ創業者)

リストに登場する主な日本人として上記の人物が挙げられたようです。

まず孫正義さんですが、言わずと知れたソフトバンクの会長兼社長です。

孫正義さんはケイマン諸島に法人を設立しており、小型ジェット機を購入していたようです。
 
また、東京五輪推進本部事務局長である平田竹男氏は、バージン諸島に法人を設立していたようです。

もともと日本サッカー協会の理事をしていたのですが、その当時バージン諸島に法人を設立していたことがわかったようです。

また、原丈人氏も同じくバージン諸島に法人を設立していたようです。

また、ドン・キホーテ創業者の安田隆夫氏もシンガポールに資産管理の会社を設立していたようです。

大手有名企業の代表者がこれだけ記載されているということは、全体ではさらに多くの日本人や日本企業が掲載されているものと思われます。

合計で1000名以上の日本人がリストに掲載されているようですから。

スポンサーリンク

パンドラ文書のリストに掲載されていた著名人とは誰?

パンドラ文書に掲載されている人物は何も政界や経済界だけではないようです。

サッカー選手のディ・マリアや監督のグアルディオラ氏、アンチェロッティ監督などもそのリストにのっていたようです。

また、音楽界ではシャキーラさんなどもバージン諸島に会社を3つ設立していたようですから。

さらにはリンゴスターさんやエルトンジョンさんなどの大物ミュージシャンもパンドラ文書にのっていたようです。

この波紋はさらに広がると思いますが、今後どのような対応がとられるのかには注目していきたいです。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました