高木毅の娘2人と息子2人の現在の職業は?学校や就職先などの経歴もチェック!

政治・経済
スポンサーリンク

国対委員長に就任した高木毅氏ですが、過去の事件が話題になっていますね。

以前女性のパンツを盗んだとして永田町ではかなり有名な事件だったようですが。

驚くべきことは結婚した後の出来事だったようですからね。

しかも子供もいる状態だったようですから。

とそんな高木毅氏ですがその娘や息子は現在何をしているのかなと。

こちらでは高木毅氏の二人の娘、そして二人の息子の現在の職業や顔、名前などについて調べてみました。

スポンサーリンク

高木毅の娘や息子が気になる?家族構成や父親としての顔も調査!

下着泥棒で話題の議員とは??

知らなかった方からすると高木毅氏とはどんな人物なのか気になってしまいますよね。

高木毅の妻は小学校教師で高島礼子似の美人!顔や経歴から職業などもチェック!

名前:高木毅(たかぎつよし)
生年月日:1956年1月16日
出身:福井県敦賀市
所属:自民党
前職:高木商事株式会社 代表

 

高木毅氏はもともと会社の代表をしていたのですが、2000年に初当選して政界入りを果たしているんですよね。

 

ちなみに父親の高木孝一さんももともと敦賀市長をつとめるほどの人物であり、高木商事の創設者でもあります。

 

そんな家系で育った高木毅氏ですが、すでに結婚して4人の子供がいる父親なんですよね。

 

しかし下着泥棒事件により家庭内は崩壊してしまったようです。

 

この下着泥棒事件は高木毅氏が30代のころだったということなので、30年近く前のことのようですが。

 

当時すでに結婚して奥さんもいたようですからね。

 

さらに、父親の高木孝一氏の選挙の際に怪文書で『息子はパンツ泥棒』という紙がばらまかれていたようで。

 

高木孝一氏の銅像にもパンツがかぶせられていたようですからね。

福井県には高木毅氏の父親・孝一さんの銅像があるのですが、この頭にパンツがかぶせられていたようですから。

娘さんなんかはこの銅像をみるだけでも事件を思い出してしまうようです。

スポンサーリンク

高木毅の娘2人と息子2人の現在の職業は?学校や就職先などの経歴もチェック!

そんな高木毅氏には現在娘二人と息子が二人という4人の子供がいるようです。

しかし顔画像や家族写真などは見当たらなかったため、どんな顔をしているのかまではわかりませんでした。

また、一般人ということもあり名前や年齢などの情報もみあたりません。

 

しかし次女についての情報は少しでていたようで、どうやら敦賀市内の有名高校に通っていたようです。

 

敦賀市内には高校がいくつかありますが、有名な高校というと高木毅氏の出身校である敦賀高等学校などがあります。

 

また、高木毅氏の父親の銅像は敦賀気比高等学校に建てられています。

そんな次女は2015年時点で高校三年生だったようですから、現在は24歳で企業などで就職している可能性が高そうですね。

当時高校三年生で大学受験のための勉強をしていたようですから、おそらく有名な大学などにも通っていたのでしょう。

次女が現在24歳ということは、長女や2人の息子もすでに学生ではなく社会人となっている可能性が高いですよね。

しかし高木毅氏の下着泥棒事件はかなり注目されていますから、いやでも目に入ってきてしまいますよね。

一方で息子さんについても調べてみたのですが、情報がほとんどないようです。

 

ですがもともと高木毅氏は父親の会社・高木商事株式会社を継いでいましたから、息子さんも同じように継承しているのかなと。
 

そこで高木商事株式会社という会社を調べてみると、敦賀市に人材派遣を行う同名の会社があるようです。

 

代表者は高木拓郎さんとありますが、高木毅さんの息子であるかどうかはわかりませんでした。

 

高木毅さんは父親の孝一さんのように政治活動をしていきましたから、今後息子さんが政界に進出するという可能性もあるのかなと思いますが。

 

その時はまた下着泥棒事件が蒸し返されそうな気はします。

 

やはり今回の下着泥棒事件は逮捕されたわけではなく、父親の孝一さんがもみ消したといわれていますから。

 

きちんとした釈明などが必要だったのかなと。

スポンサーリンク

高木毅の父親や母親はどんな人?実家についてもチェック!

そんな高木毅氏の父親・孝一氏とはどんな人物なのでしょうか。

名前:高木孝一
生年月日:1919年1月2日
出身:福井県敦賀市
職業:元福井県議会議員、敦賀市議会議員
 
高木孝一氏は2012年に93歳で亡くなっていますが、もともと敦賀で議員として活動をしていました。
 
敦賀学園の初代理事長、さらには全国原子力発電所所在市町村協議会の会長など様々な活動を行っていたようですね。
 
そんあこともあってか敦賀気比高等学校には銅像が建てられていたようですから。

しかし息子である毅氏のパンツ騒動により落選してしまったという見方もあるようですが。

息子さんが起こした事件により父親にも大きな影響を与えてしまったようで、その罪はかなり重たいものであることがわかりますね。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました