籔本雅巳の息子はコンサルタント弁護士?顔や家族の現在から評判も調査!

政治・経済
スポンサーリンク

日大の不正な資金流出の件において、その理事2人が逮捕されたという報道がありましたね。

逮捕されたのは井ノ口忠男容疑者と藪本雅巳容疑者の二人。

2億円にも及ぶ資金を流出させたとして背任罪に問われているようです。

とそんな理事のうち藪本容疑者ですが、医療法人錦秀会のCEOという経歴もある人物です。

調べていくうちにどうやら息子さんがいるようで、コンサルタントとして働いている方であることもわかってきました。

今回はそんな藪本雅巳容疑者の息子や家族に関する情報についてまとめてみました。

スポンサーリンク

籔本雅巳が背任容疑で逮捕!日大の資金流出や井ノ口忠男との関係とは?

日大の理事二人がついに逮捕となったようです。

 

かねてから日大附属病院の建て替え工事に関する資金流出により捜査が進められていましたが。

 

2021年10月7日の報道で逮捕されたことが明らかになりましたね。

 

逮捕の罪は背任の疑いということですが、理事の井ノ口忠男容疑者、藪本雅巳容疑者が逮捕されました。
 
ではこの二人の理事が何をしたのかというと。
 
 
日大に対して、ペーパーカンパニーに2億2000万円送金させるよう仕向け、その中の金額を懐にいれていたようですね。
 
そのうちのお金を自分たちの懐にいれていたようですからね。
 
藪本雅巳容疑者は2500万円近くを受け取っていたようです。
 
ではこの井ノ口容疑者と藪本容疑者の接点は何だったのかというと、どうやら井ノ口容疑者の姉が絡んでいたようですね。
 

井ノ口容疑者の姉が田中理事長に対して藪本雅巳容疑者を紹介したことで、つながりができたようです。

 

そんな藪本雅巳容疑者とはどんな人物なのかというと。

名前:藪本雅巳
生年月日:1960年生まれ
出身大学:大阪大学医学部
肩書:元医療法人錦秀会CEO
 
藪本雅巳容疑者は医療法人のCEOとして活動しており、NPO法人や学校法人の理事長などとしても活躍していた人物です。
 
医療法人錦秀会とは父親の藪本秀雄氏が設立した企業なのですが、介護や医療、教育など様々な分野を展開しています。
 
1957年に設立しているので、2021年現在で創立64周年という歴史ある企業ですね。
 
グループ会社として6つの法人があり。
 
医療法人 錦秀会
医療法人財団 兵庫錦秀会
医療法人 聖和錦秀会
社会福祉法人 帝塚山福祉会
学校法人 阪和学園
NPO法人 健康寿命増進機構
 
どれも医療や介護、教育などに関連した企業となっています。
 
つまり父親の企業を継いだ二代目だったことがわかりますね。
 
そんな藪本雅巳氏にはどうやら息子さんがいるようなのですが、いったいどんな人物なのでしょうか。
スポンサーリンク

籔本雅巳の息子はコンサルタント弁護士?顔や家族の現在から評判も調査!

藪本雅巳容疑者の息子は藪本恭明氏のようですね。

藪本雅巳容疑者の経営していた錦秀会の副理事長としても名前が記載されていました。

ではいったいどんな経歴をもつ人物なのかというと。

 

東京大学法学部卒業のコンサルタント弁護士
 
出身大学は東大の法学部ということですが、大学時代は社会科学などを勉強していたようです。
 
卒業後は民間の病院に就職したようなのですが、その後大阪市立大学の医学部に入学していた経験もあるようですね。
 
ここで研修医としての経験も経たことで、その後民間病院の委員長や理事長などに就いていたようです。

 

2009年にはコンサルタント弁護士として独立
 
そんな藪本雅巳容疑者の息子はコンサルタント弁護士として事務所を設立して独立していたようですね。
 
大阪国際綜合法律事務所という法律事務所を設立していたようです。
 

そんな藪本恭明氏ですが、様々な肩書があるようで。

 

・コンサルタント弁護士
・産業医
・医学博士
・労働衛生コンサルタント
・東海医療科学専門学校校長
・中小企業診断士
・MBA
・FP
・日本医療経営機構客員講師
・慶應義塾大学医学部講師(非常勤)
 
FPからMBA,中小企業診断士などの資格から、学校の校長、大学の講師としても働いているようですから。
 
非常に多岐にわたって活躍している人物のようですね。
 
 

セミナーや講演会なども開いていたようで、

過去には病院経営におけるセミナーなども開催していたようです。

スポンサーリンク

籔本雅巳の父親や母親などの経歴は?

そんな藪本雅巳容疑者ですが、その父親は錦秀会を創設した藪本秀雄さんというかたのようですね。

 

もともと大阪大学医学部を卒業し、国家試験に合格したのちに三重県で開業医として働いていたそうです。
 

そんな中医療法人阪和病院を設立し、その後錦秀会というグループを築き上げたようですね。

 

錦秀会を創設し、会長になったあとは故郷の小学校に寄付をするなど地域にも貢献している人物だったようです。

 

しかしそんな一方で調べてみると、昭和57年に懲役二年という実刑判決を受けていたようです。

 

内容を簡単にみてみると、当時自分の新築戸建てを立てる際の資金5000万円を、錦秀会の資金から不正に使用していたようなんですよね。
 

当時倉庫の工事を1億1700万円で発注するところ、1億6700万円の小切手を振り出し、その差額を自分の自宅工事代金に充当していたようですから。

 

他にも同様の手口で多くの資金を自分のために利用していたようですね。

 

今回は藪本雅巳容疑者が背任罪で逮捕されましたが、父親の代からそういった事件があったことに驚きです。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

  1. より:

    一生ぶち込んどけよ。

タイトルとURLをコピーしました