神田沙也加の死去の原因はうつ病だった?群発性頭痛の経歴や過去の病気とは

トレンドニュース
スポンサーリンク

神田沙也加さんがホテルで転落して亡くなった事件、すでに芸能界からもその別れを惜しむ声が続々と届いています。

まだ35歳、亡くなるにはあまりにも早すぎるその死。

しかしこの神田沙也加さんの転落死については、不明な部分がたくさんあることがわかります。

まだその真相が明らかになっていないのですが、各メディアではメンタル面においてうつ病のような状態だったのではという見方をしているようです。

では神田沙也加さんはうつ病やメンタルの病気などを抱えていたのでしょうか。こちらで調べてみました。

スポンサーリンク

神田沙也加がホテルから転落して死去

神田沙也加さんが死去したというニュースは、日本中に大きな衝撃を与えました。

松田聖子さんと神田正輝さんの娘として、小さいころから有名だった沙也加さん。

しかしその人生が終わるには、35年という月日はあまりにも短すぎます。

2021年12月18日13時頃、札幌の滞在先のホテルで倒れているところが発見されました。その後病院に搬送されるも、亡くなってしまいました。
事件当日、出演するミュージカル公演のため、札幌いりしていた神田沙也加さん。
 
その滞在していたホテルの14階で、倒れている姿が発見されました。
 

神田沙也加の転落したホテルは札幌のモントレ?場所や飛び降りの可能性についても調査

12月18日の夜にメディアでも各社が速報を伝えていましたが、その時点で『事件性はない』という報道がされていました。

こういったことから、警察は自殺や事故の可能性を考慮して捜査をすすめていたようです。

神田沙也加の他殺説はなぜ浮上?ホテルの窓が開いた理由や原因とは

多くのメディアがその死を伝えるとともに、神田沙也加さんのこれまでのメンタルや精神的な部分についてフォーカスしていました。

ですが、テレビの前ではもちろん、舞台やメディアの前ではいつも明るく元気な姿を見せてくれていた神田沙也加さん。

亡くなる少し前にも、FNS歌謡祭に出演して、元気な笑顔を見せてくれていました。

神田沙也加さんは本当にうつ病やなにかメンタル面での病を抱えていたのでしょうか。

スポンサーリンク

神田沙也加の死去の原因はうつ病だった?群発性頭痛の経歴や過去の病気とは

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

sayakakanda(@sayakakanda)がシェアした投稿

神田沙也加さんの亡くなる直前のインスタグラムやツイッターをみても、何かに悩んでいるといった部分は感じられませんでした。

神田沙也加のマイフェアレディ共演彼氏はジャニーズ?寺西や前山との関係性とは

Twitterの最後の投稿は亡くなる10日ほど前に、FNS歌謡祭の宣伝をしていたものです。

また、亡くなる直前のインスタグラムは11月17日、亡くなる1か月前でした。

出演している舞台『マイフェアレディ』に関する投稿でした。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

sayakakanda(@sayakakanda)がシェアした投稿

そして神田沙也加さんの過去の投稿などで、うつ病やメンタルに関するものがあるのかというと。

もともと神田沙也加さんはコミュ障であり、新しい人と出会うのがそこまで得意ではなかったようです。

また、以前に群発性頭痛にもなったことがあり、地獄のような苦しみを味わったとも投稿していました。

『人類最悪の痛み』『自殺頭痛』などと表現される激烈な痛みが、周期的、短時間持続性に左右どちらか一側性に一定期間に群発する頭痛です。引用:桑名眼科脳神経クリニック

群発性頭痛とは、通称【自殺頭痛】といわれるほどの猛烈な痛みが特徴のようです。

神田沙也加さんも経験していたようです。

しかしその後この頭痛に悩まされているといった投稿などはみあたりませんでした。

では他にも何か病気などがあったのかというと、以前こんな投稿をしていました。

小説などを読むと、のめり込み戻れなくなってしまうことがありました。

ハッピーエンドのものならいいのですが、悲劇や辛い内容の小説などを読んでしまうとメンタル的にきついことがあったようです。

これは小説などだけでなく、親しい友人などに対しても同じ感情だったようで。

これは亡くなる3か月前に投稿されたものです。

この発言は、神田沙也加さんとユニットを結成している黒崎真音さんが、9月の配信ライブ中に倒れた時のコメントでした。

黒崎真音さんは硬膜外血腫により入院していたのですが、それに心を大きく痛めていた神田沙也加さん。

ものすごいショックを受けていたそうです。

そしてTwitter上では『代わってあげたい』と投稿していたのですが。

普通親しい人が病気になった場合、『心配』『早く良くなってほしい』などの言葉がでそうですが、神田沙也加さんは自らが代わりになりたいという発言をしていました。

ファンも含めて、この発言には少し違和感があった人もいたようです。

うつ病の人は死にたいから死ぬのではありません。うつ病によって自殺という間違った選択を強いられるのです。引用:厚生労働省

神田沙也加さんは、外では笑顔でしたが、人知れず孤独や絶望感などと戦っていたのかもしれません。

もともと人見知りだった神田沙也加さん。コロナ禍で人と会うことも少なくなっており、母親の松田聖子さんとも音信不通の状態となっていたようですから。

スポンサーリンク

神田沙也加の母親や父親の現在の状況とは

神田沙也加さんと松田聖子さんは絶縁状態にあるとメディアが少し前に報じていました。

なぜなら、神田沙也加さんが離婚する際に、母親の聖子さんに何の相談もしなかったこと、そしてその後ジャニーズジュニアの秋山さんと不倫疑惑がでたことなどが原因といわれています。

しかし、私生活で離婚して、母親とも連絡を絶っていたとするとその心はそうとう孤独を感じていたのかもしれません。

亡くなる直前に電話をしていたのが、母親の聖子さんではなく、父親の神田正輝さんだったということからも、母親との関係性がみてとれます。

松田聖子さん、神田正輝さんのコメントはまだでていませんが、その悲しみに暮れる姿は容易に想像できます。

神田沙也加さん、今はただご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました