YOASOBI(ヨアソビ)の小説原作や一覧が気になる!どこで読める?

ミュージック
スポンサーリンク

2020年に大ブレイクをはたした人気グループYOASOBI(ヨアソビ)

そんなYOASOBI(ヨアソビ)の特徴ともいえるのが、小説を原作として曲が作られているところです。

ではYOASOBI(ヨアソビ)の原作となっている小説がきになりますよね?

今回『YOASOBI(ヨアソビ)の小説原作や一覧が気になる!どこで読める?』と題して、YOASOBI(ヨアソビ)の小説原作、小説一覧やどこで読めるのかなどについて調べてみました。

スポンサーリンク

YOASOBI(ヨアソビ)のプロフィール

YOASOBI(ヨアソビ)のプロフィールをまずはみていきましょう。

バンド名YOASOBI(ヨアソビ)
メンバーikura、Ayase
事務所ソニー・ミュージックエンタテインメント
ジャンルJPOP

YOASOBI(ヨアソビ)はボーカルのikura(幾田リラ)さんと、ボーカロイドプロデューサーのAyaseさんによるユニットです。

ボーカロイドプロデューサーとは、ボーカロイドで楽曲を制作して動画投稿サイトにその曲を投稿する音楽家のこと。
米津玄師さんや川谷絵音さんもボーカロイドプロデューサーとして活動しています。

2019年に結成したYOASOBI(ヨアソビ)ですが、1stシングル『夜に駆ける』がいきなりの大ヒットとなります。

Youtubeでの再生回数はすでに1億回を超えているほどの、大ブレイクを果たすYOASOBI(ヨアソビ)。

そんなYOASOBI(ヨアソビ)最大の特徴が、小説を原作とした楽曲の制作です。大ヒットとなった『夜に駆ける』も小説が原作でつくられた曲なんですね♪

では、YOASOBI(ヨアソビ)の原作となる小説はどのようなものなのでしょうか。

スポンサーリンク

YOASOBI(ヨアソビ)の小説原作や一覧が気になる

2020年大ヒットとなったYOASOBI(ヨアソビ)の『夜に駆ける』。

しかしそのYOASOBI(ヨアソビ)の原作となっているのが、小説です。

どんな小説からYOASOBI(ヨアソビ)の曲が生み出されているのか、気になりますよね?

そんなYOASOBI(ヨアソビ)の楽曲の原作となる小説について、こちらでまとめてみました。

YOASOBI(ヨアソビ)の小説原作は?

YOASOBI(ヨアソビ)の小説原作は、ソニーミュージックの小説サイトにあります。

これはソニーミュージックが運営している『monogatary.com』というサイトがあるのですが、そこに投稿される小説が原作となっているんです。

monogatary.com公式サイト

YOASOBI(ヨアソビ)の原作サイトは?

YOASOBI(ヨアソビ)の楽曲の原作となるサイトは、ソニーミュージックが運営しているmonogatary.comです。

YOASOBI(ヨアソビ)の原作となるサイトでは、毎回お題が決められており、それに応じて読者がイラストなどを投稿するというサイトです。

この投稿で、物語や詩のような文章が毎日多く投稿されているんです。

YOASOBI(ヨアソビ)の1stシングル『夜に駆ける』の小説原作もこのサイトに投稿された物語から楽曲を制作しています♪

YOASOBI(ヨアソビ)の小説一覧

YOASOBI(ヨアソビ)の楽曲の原作となった小説一覧が気になりますよね。

こちらではYOASOBI(ヨアソビ)のシングル曲と、それの原作となった小説一覧をまとめてみました。

YOASOBI(ヨアソビ)の『夜に駆ける』小説原作

YOASOBI(ヨアソビ)の1stシングル『夜に駆ける』の小説原作は、

『タナトスの誘惑』です。

作者は星野舞夜さん。

このタナトスの誘惑は飛び降りをしようとする少女の物語なのですが、
駆け付ける彼氏との間で生と死を考えさせる小説となっています。

このときのお題は『夏の夜、君と僕の焦燥』でした。

少し怖いと感じる人もいるかもしれませんが、短いストーリーながら深く考えさせられる小説作品です。

YOASOBI(ヨアソビ)1stシングル『夜に駆ける』の小説原作はこちらからどうぞ
タナトスの誘惑

YOASOBI(ヨアソビ)の『あの夢をなぞって』小説原作

YOASOBI(ヨアソビ)2ndシングル『あの夢をなぞって』の小説原作は、

『夢の雫と星の花』です。

作者はいしき蒼太さん。

YOASOBI(ヨアソビ)2ndシングルの小説原作である『夢の雫と星の花』は、夏の夜の花火大会を題材にした小説です。

この時のお題も『夏の夜、君と僕の焦燥』です。

不思議な能力をもつ少女と、夏の夜の甘酸っぱい恋愛模様が描かれている小説です。

YOASOBI(ヨアソビ)2ndシングル『あの夢をなぞって』の小説原作はこちらから
夢の雫と星の花

YOASOBI(ヨアソビ)の『ハルジオン』小説原作

YOASOBI(ヨアソビ)3rdシングル『ハルジオン』の小説原作は、

『それでも、ハッピーエンド』です。

作者は橋爪駿輝さん。

小説『それでも、ハッピーエンド』は現在はサイトに見当たらないのですが、過去の恋愛に思いをはせる内容の小説原作でした。

YOASOBI(ヨアソビ)の『たぶん』小説原作

YOASOBI(ヨアソビ)の4thシングル『たぶん』の小説原作は、

『たぶん』です。

作者はしなのさん。

YOASOBI(ヨアソビ)の4thシングル原作『たぶん』は、同棲していた彼女との物語を描いた小説です。朝目が覚めてからの短い時間に様々な思いや感情がみてとれる作品となっています。

この時のお題は『埃っぽい朝のこと』です。

YOASOBI(ヨアソビ)の4thシングルの小説原作はこちらから
埃っぽい朝のこと

YOASOBI(ヨアソビ)の『群青』小説原作

YOASOBI(ヨアソビ)の5thシングル『群青』の小説原作は、

『青を味方に』です。

この作品の作者は不明となっています。

YOASOBI(ヨアソビ)の『群青』の小説原作は、サイトにも存在していないため、すでに消されてしまった可能性もあります。

YOASOBI(ヨアソビ)の『ハルカ』小説原作

YOASOBI(ヨアソビ)の6thシングル『ハルカ』の小説原作は、
『月王子』です。
作者は『鈴木おさむ』さんです。
YOASOBI(ヨアソビ)の6thシングルの小説原作はこちらから
月王子

思い出すなー。

今から16年前、福岡の繁華街、
天神の雑貨屋「ファイン」の
棚の一番奥でさ、
ほこりをかぶっている僕をさ、
遥が見つけてくれたんだ。

遥は14歳、中学2年生だった。

友達と3人で天神に遊びに来ていて、
たまたま入ったあの店で
僕を見つけてくれたんだ。
僕はあの店に置かれてから5年以上、
誰にも買われることがなかった。

最初は戸棚の一番前にいたんだよ。

だけどさ、誰も僕を見て
「このマグカップ、いいじゃ~ん」
とは言ってくれなかったんだ。

僕のボディーには
「星の王子さま」みたいなイラストが
描かれているでしょ。
正確には「星の王子さま」じゃなく、
「月の王子さま」なんだよな。
星の王子さまとは微妙に違う。
月の上に…

引用:https://monogatary.com/story/109216

YOASOBI(ヨアソビ)の『怪物/優しい彗星』小説原作

YOASOBI(ヨアソビ)の6thシングル『怪物』の小説原作は、
『自分の胸に自分の耳を押し当て』です。
また、カップリング曲『優しい彗星』の小説原作は
『獅子座流星群のままに』です。
二つの小説の作者は『板垣巴留』さんです。

人気コミック『BEASTARS』のアニメ化にともない、
YOASOBIに楽曲を依頼するために
漫画作者の板垣巴留さんが書き下ろした小説です。
そのためこの小説だけはアニメBEASTARSのHPに掲載されています♪

YOASOBI(ヨアソビ)の7thシングルの小説原作はこちらから
小説:自分の胸に自分の耳を押し当て

スポンサーリンク

YOASOBI(ヨアソビ)の小説集はどこで読める?

YOASOBI(ヨアソビ)の小説集はソニーミュージックエンタテインメントが運営するWebサイト『monogatary.com』で読むことができます。

小説以外にもイラストなども見ることができるサイトとなっています。

YOASOBI(ヨアソビ)の歌を聞きながら、小説集を読むというのも楽しいですね♪

スポンサーリンク

YOASOBI(ヨアソビ)の小説原作や一覧が気になる!どこで読める?まとめ

今回『YOASOBI(ヨアソビ)の小説原作や一覧が気になる!どこで読める?』と題してYOASOBI(ヨアソビ)の小説原作となって作品や小説一覧などについてお伝えしていきました。

YOASOBI(ヨアソビ)の小説原作はソニーが運営するmonogatary.comで読むことができます。

YOASOBI(ヨアソビ)の曲を聴きながら、小説集を読むのもいいですね♪

他にもすてきな小説がたくさんつまっているので、ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました