近代五種女子の馬術の虐待動画が悲惨!ドイツ代表が馬を泣きながら叩く衝撃映像とは?

トレンドニュース
スポンサーリンク

近代五種女子の馬術において、ドイツ代表のコーチが馬を殴ったことで追放されたという報道がありましたね。

これが現在世界中で動物虐待の行為だということで大きな注目を集めているようですが、いったいどんな状況だったのかなと。

というのもオリンピックという舞台で馬術の競技中に馬を殴るって、よほどのことがないと起こらないと思うのですが・・

ということで今回は近代五種女子の馬術でドイツ代表のコーチが馬を殴った動画から、その状況などについてまとめてみました!

スポンサーリンク

近代五種女子の馬術でドイツ代表に何が?馬をコーチが叩いて追放された経緯をチェック!

馬をコーチが叩いて大会から追放されるという事件があったようです。

そんな報道があったのは東京五輪の近代五種女子で行われていた馬術の競技中だったようですが・・

近代五種女子とは・・水泳、フェンシング、馬術、射撃、ランニングという五種目の総合展で争われる競技。
近代五種競技・紹介動画

とそんな近代五種の女子の競技が8月6日に行われていたのですが、それまでドイツ代表のアニカシュロイ選手が総合点で首位にたっていたようなんですよね!

しかしアニカシュロイ選手はこの馬術競技において一気に31位に転落してしまったようで・・・

というのも!競技が始まってアニカシュロイ選手が馬に乗り障害を飛び越えようとするのですが、馬がまったく言うことをきかず・・

障害を飛び越えられない、さらには全く進むことすら思い通りに動かないという。。

これに対してアニカシュロイ選手のコーチは【馬を本気で殴る】ように指示を出し、自らもアニカシュロイ選手の乗る馬を殴っていたようで・・

これにより国際近代五種連合からルール違反で追放という処分を受けていたようなんですよね!

と今回追放されたコーチはドイツ代表の【キム・ライスナー】さんという方のようですが。

その競技の動画を見ると、アニカシュロイ選手が泣きながら馬を叩くシーン、そしてコーチがコート外から馬を殴るシーンが映し出されているようです。

スポンサーリンク

近代五種女子の馬術の虐待動画が悲惨!ドイツ代表が馬を泣きながら叩く衝撃映像とは?

こちらが近代五種でドイツ代表のコーチが馬を殴ったとされる動画のようです。

馬が全く言うことを聞かず、アニカシュロイ選手が泣きながら奮闘する様子が映し出されています・・

そしてコートの端で奮闘しているときに、近くにコーチが寄ってきて、馬のお尻のあたりを右手でたたく様子が写っているようです。
 
その後も全く言うことを聞かないアニカシュロイ選手の馬ですが、ようやく走り出したと思いきや障害の前で急停止。
 
飛び越えられずに障害に直撃する様子などもその後写し出されていたようですね。

アニカシュロイ選手はこれまでトップだったのに、この競技の点数により一気に31位に転落してしまったようで、、

しかしなんでこんなことが起きたのかというと、どうやらこの馬術の競技では抽選で乗る馬を決めるようなんですよね。

そしてこの馬はセイントボーイという馬で、アニカシュロイ選手の前にもロシアの選手を乗せた際にジャンプを拒否するなどの行為をしていたようで・・

じゃあこのセイントボーイという馬はこの五輪に出るべき馬ではなかったのでしょうか・・と

気になったこのセイントボーイについても調べてみると、、

どうやらこのセイントボーイは兵庫県新春馬術大会・キャロットカップで中障害飛越BⅡに出場していたようで、そこで優勝していたようですが・・

名前:セイントボーイ
生年月日:2006年5月2日 15歳
雄雌:牡馬
出生:フランス
 
しかし今回の騒ぎにより馬術や近代五種について多くの議論が世界中で交わされているようで、
 

適当に選んだ馬との絆を深める時間はわずかしかないじゃないか。
選手は馬を道具としか見なくなってしまい、結果として馬を酷使するようになるのでは?

そもそも馬が抽選で割り当てられるのってどうなの?
というか動物をスポーツや娯楽に利用するのはよくない

こういった意見が世界中のSNSで飛び交っているようで、、

まだまだ波紋が広がりそうな近代五種、そして馬術での問題ですが。。

単純にアニカシュロイさんの泣きながら競技を続ける姿はかわいそうだなと。。

スポンサーリンク

近代五種女子のドイツ代表のように馬への虐待が問題となったケースはある?

馬への虐待というと、日本でも以前ばんえい競馬において馬の顔を蹴るという虐待が報道されていましたよね。

2021年4月18日におきた事件ですが、ばんえい競馬において鈴木恵介騎手が馬の頭部を蹴ったということが大きく報道されていましたね。

馬が砂地に頭を突っ込んだためそれを起こすための行動だったようです。

というのも馬は砂地に鼻を突っ込んでしまうと呼吸ができず、かなり危険な状態になるからのようですが・・

しかし馬の顔を足でけるということは【いかなる理由であれ認められない】ということでこの旗手は戒告処分を受けていましたね。

スポーツ競技と動物との関係などを今後もっと考える必要があるのかもしれません。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました