小林賢太郎の炎上したユダヤ人ネタの内容とは?動画から過去の差別コントの反応も調査!

トレンドニュース
スポンサーリンク

東京五輪のメンバーがどんどん炎上して辞任や辞退をする展開になっていますが、続いて小林賢太郎さんも炎上ネタが見つかっているようです。

どうやら過去にコントのなかで『ユダヤ人』についての過去の虐殺について取り上げていたようで、、

この部分がホロコーストを気軽に扱いすぎているとSNS上で炎上しているようなんですよね。

ということで今回は小林賢太郎さんが炎上しているユダヤ人のホロコーストネタの内容や、動画などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

小林賢太郎もユダヤ人ネタで炎上?大量虐殺をネタにした過去が話題になった理由!

東京五輪開会式のメンバーといえば小山田圭吾さんが過去のいじめ炎上により辞退することになりましたね。

また、その後すぐに小山田圭吾さんのいとこである田辺晋太郎さんが小山田さんを批判した人に向けて煽るようなツイートをしてこちらもまた炎上。

さらに!東京五輪の文化プログラムに参加予定だった絵本作家ののぶみさんも過去の教師いじめや炎上発言が掘り起こされてこちらも辞退になりましたね~。

ととにかく東京五輪のメンバーは炎上につぐ炎上で、まるで炎上の業火リレーといわれているようですが、、

そんななか!東京五輪開会式メンバーでも一目おかれていた小林賢太郎さんまでも、どうやら炎上ネタが発掘されたようで、、

と小林賢太郎さんとはどんな方か、プロフィールや経歴を確認しておくと、

名前:小林賢太郎
生年月日:1973年4月17日
出身:神奈川県横浜市
職業:演出家、元お笑い芸人
活動開始:1995年~
 
小林賢太郎さんといえば、もともと1996年にお笑いコンビ『ラーメンズ』でデビューし、シュールなお笑いで人気でしたよね~!
 
芸人の同期だと品川庄司や東京03の角田さんなんかがいるようですが。
 
 
ラーメンズ『ALICE』より「不思議の国のニポン」

しかしその後、小林賢太郎さんは2020年に芸能界から引退したため、ラーメンズとしてお笑いコンビの活動も終了してしまったんですよね~。

ですがその後も劇作家などの活動は続けており、裏方として活躍しているようです♪

とそんな小林賢太郎さんがなぜ炎上?と思って調べてみると、どうやら過去のコントのなかに『ホロコースト』と取り入れたネタがあったようで、、

ホロコーストとは・・・第二次世界大戦中の国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)率いるドイツ国(ナチス・ドイツ)がユダヤ人などに対して組織的に行った絶滅政策・大量虐殺 引用:wikipedia

第二次世界大戦のナチスドイツについては歴史の授業でも学んでいると思いますが、そのナチスが行ったユダヤ人差別、そして大量虐殺のことをホロコーストというんですよね。

そんなホロコーストを取り入れたネタを過去に行っていたことが発覚し、どうやら小林賢太郎さんも炎上しているようなんです。

東京五輪開会式まであと数日というところですが、小林賢太郎さんも辞退などとなったら開会式はかなり難しくなってしまうのかなと。

スポンサーリンク

小林賢太郎の炎上したユダヤ人ネタの内容とは?過去の差別コントや反応も調査!

そんな小林賢太郎さんのホロコースト、ユダヤ人ネタというのはいったいどんなネタなのか、

小林賢太郎さんの炎上している動画について調べてみると、、

そこで考えたんだけど、野球やろうと思うんだ
今までだったらね、新聞紙丸めたバット
ところが今回は、ここにバットって字を書くんだ
今までだったら、ただ丸めた紙の球。
ここに球って字を書くの
そして、スタンドを埋め尽くす観衆
これは人の形をした紙とかでいいと思うんだけど、
そこに人って字を書くの
つまり!文字で構成された野球場をつくるっていうのはどうだろう

いいんじゃない!じゃあちょっとやってみようか
ちょうど人の形にこう切った紙うちにいっぱいあるから
あのユダヤ人大量惨殺ごっこやろうって言ったときの

どうやら紙でバットや球、観客をつくるという部分なのですが、そこで大量の人の形に切った紙が必要になるようで、、

そこで!以前用意していたものがあるというのですが、その理由が『ユダヤ人大量惨殺ごっこ』をするためのものだったというネタのようです。

これはたしかにユダヤ人に対する部分で、かなり問題とされる部分かなとは思いますが、、

では一体このネタはいつ頃行っていたのかなというと、、

どうやら1998年に発売されたビデオに入っていたネタのようですね~!

1998年というとラーメンズが結成してデビューしてから2年後くらいのことですかね~。

なるほど、、でもお笑いコンビってネタを書く人と書かない人に分かれたりもするから、もしかして小林賢太郎さんは書いてないんじゃ、、

と思って調べてみると、ラーメンズのネタ作成者は小林賢太郎さんのようで・・

最近炎上している小山田圭吾さんはいじめについて武勇伝のように話していた年齢は25歳頃でしたが、小林賢太郎さんがこのネタをしていたのも同じく25歳ころのようで、、

となればやはりこのユダヤ人のホロコーストネタを取り扱うことがタブーなのは理解していないといけない年齢なのかなと。もちろん若いから許されるというものでもないですが。

この小林賢太郎さんの炎上ネタについては様々な意見があるようで、、

『昔のことを掘り返して、落ち度のない人なんていないでしょ』
『平和の祭典の開会式に関わるのはアウトだろ』

などなど、賛否両論となっているようですね。

しかしこれで小林賢太郎さんも辞退となると、、これまで多くの人が退く炎上祭りとなりますよね。

森喜朗(女性蔑視)
佐々木宏(容姿侮辱)
小山田圭吾(障がい者いじめ)
のぶみ(教師いじめ)
 
数々の人が炎上でリレーをしていくという、ある意味歴史に残るオリンピックとなっているようです。
スポンサーリンク

小林賢太郎は他にも差別やいじめなど問題のあるネタや素行はある?

そんな小林賢太郎さんですが、今回炎上したユダヤ人ネタ以外にも炎上したネタや問題などはあったのかな~と。

しかし小林賢太郎さんの過去の素行やトラブルなどを調べても、特に大きいものは見当たらなかったようで、、

今回東京五輪のメンバーに決まった際にも、小林賢太郎さんが関わるなら開会式を見ようかなという人が多かったのも事実のようで、、

となると、メンバーのなかでもクリーンでしんがり的なポジションだったようですから、、

今回過去の炎上ネタで小林賢太郎さんまで辞退となってしまったら、本当に開会式はもう行うことはできないのではと思ってしまいますね。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

  1. ベアー より:

    扱ったネタがネタだけに辞任せざるを得ないのかもしれませんが、他のいじめなどが問題になった人が人格に問題があるのと違って、攻めたネタをやりすぎただけなのかなと思いました。しかも一瞬出てくるだけであり、トピックだけ見た人に、「反社会的人物が虐殺でネタを一本作った」と誤解されないか心配です。

タイトルとURLをコピーしました