石倉洋子の息子と娘の現在!家族構成から夫との結婚秘話も調査!

政治・経済
スポンサーリンク

石倉洋子さんをご存知でしょうか?

エリートを絵に描いたような経歴をお持ちで、同時に著作権の問題でも世間を賑わせている人物でもあります。

デジタル庁へ就任したことで話題になっていましたが、そういえばプライベートではどんな暮らしをしているのかなと気になりますよね。

どうやら結婚して子供さんなんかもいるようですが、石倉洋子さんに似て賢い方なのかな~なんて。

こちらではそんな石倉洋子さんの家族について詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

石倉洋子がデジタル庁で話題に?プロフィールや現在までの経歴がすごすぎる!

まずは石倉洋子さんのプロフィールからみてみると・・

名前:石倉洋子
本名:栗田洋子
生年月日:1949年3月19日(2021年現在72歳)
国籍:日本(神奈川県の出身)
出身校:
上智大学外国語学部 卒業
バージニア大学大学院 修了
ハーバード大学経営大学院 修了
職業:経営学者

バージニア大学では大学院経済学修士(MBA)を取得。

ハーバード大学ではハーバード・ビジネス・スクール経営学博士(DBA)取得

こちらは日本人女性としては初の取得とのことです。

その後マッキンゼー・アンド・カンパニーの日本支社で企業戦略コンサルテーションに従事。

青山学院大学国際政治経済学部教授などを始め、有名大学の教授や、商船三井、日清食品、富士通、ライフネット生命、双日、資生堂、積水化学、TSIホールディングスなどの誰もが知る名だたる大企業の社外取締役などを歴任します。

そして、2021年9月1日に発足したデジタル庁での事務方トップにあたる「デジタル監」に就任に就任します。

凡人では想像もつかないような華々しい経歴を歩んでこられた石倉洋子さん。

石倉洋子さんの能力の賜物であることは言うまでもないことですが、この石倉洋子さん、現在著作権違反で抗議を受けていることが話題になっています。

石倉洋子さん自身の公式ウェブサイトにおいて、見出しに使われる画像に素材サイトの透かしが入ったまま載せられており、いわゆる商用画像の無断転載が行われていたということが明らかとなりました。

2021年9月現在、石倉洋子さんのホームページは閉鎖されています。

「当ブログの画像について著作権に関するご指摘を頂いたため、当ブログを一旦閉鎖しております。」と記載されている状態です。

この件を受けて、石倉洋子デジタル監は9月3日の報道陣とのグループインタビューで、無断転載を認めるとともに「私の不注意だった」と謝罪しました。

確かに石倉洋子さんの経歴は大変素晴らしく、誰も文句のつけようがない人物であることは間違いないと思うのですが、、

今回の無断転載については、ことデジタル庁のトップという立場においては、果たして適任なのか?という声も出ているようです。

そもそもこのデジタル庁自体が、発足時の9月1日初日にサーバーダウンする始末。

謝罪の投稿に対して「アナログ庁」と揶揄する声もあったようです。

やはり、日本は世界的に見てもデジタル後進国であることが、このような出来事を見ると改めて感じざるを得ないですね。

とは言え、全世界でIT革新が起こり続けている現代において、これ以上他国に水をあけられていることがないようにしなければならないと思います。

今後は、デジタル庁のメンツは外部から積極的に取り入れることはもちろん、比較的若い世代を中心とした小さい頃からデジタル機器やシステムに触れ慣れているようなITリテラシーの高い人物を中心に構成をしていくことが、他国との競争に打ち勝つ最低要件ではないかと感じます。

石倉洋子さんは2021年3月7日に、台湾デジタル担当政務委員大臣のオードリー・タン氏と対談をしています。

対談の中でオードリー氏は、ITとデジタルを混同してはいけないと説いています。

ITは機械を、デジタルは人を繋げるものであると言及しており、このような意見を、今後日本がどのように受け入れて活用していくかは、「デジタル庁」にかかっていると思います。

ぜひとも頑張っていただきたいです。

スポンサーリンク

石倉洋子の息子と娘の現在!家族構成から夫との結婚秘話も調査!

渦中の石倉洋子さんですが、ご主人の名前や詳細は公開されていないようです。

また、そのご主人はすでに他界されておられるということです。

 

石倉洋子さんご本人の2020年に書かれたブログに、ご主人のことについて言及されています。

ずっと以前に夫がなくなった時に、、、という文章があるため、ご主人が亡くなられたのは最近のことではないことがわかります。

また、日本経済新聞のインタビュー記事で、石倉洋子さんが話されている内容に、ご主人とのことが書かれています。

そこには、40代に頃にご主人の健康状態が悪くなったこと。

その時にご主人との時間を優先するためにキャリアチェンジをしたこと。その後10年間、ご主人との充実した日々を送ることができたことが、書かれています。

このことからご主人は、石倉洋子さんが50代に頃に亡くなられたことがわかります。

また、石倉洋子さんは本名は栗田洋子さんであり、戸籍上の名前とのことで、すでにお亡くなりになられたご主人の苗字が栗田であったのだろうと推察できます。

子供についてですが、色々な情報があるためどれも確実なものとは言えませんが、共通した情報として、3人の子供がいるとのことです。


こちらは石倉洋子さんのブログにて言及があります。

しかし、同じく石倉洋子さんのブログ内で、自分で子供を育てたことがないと言及されているため、実子ではない可能性があります。

となると、亡くなられたご主人の連れ子だったのでしょうか?

そして、現在はわかりませんが、以前のブログにてその3人の子供たちはアメリカに住んでいるとも書かれていたようです。

石倉洋子さんの華麗なる経歴を見る限り、完全なるキャリアウーマンであり、子供がいなくても不思議ではないようにも思いますが、、

仮に血はつながっていなかったとしても、愛するご主人との子供であることには変わりはないわけですからね。

現在でも良好な親子関係を続けているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

石倉洋子の両親の職業は?実家やその背景にも迫る!

石倉洋子さんのご両親については、父親は2020年に98歳でお亡くなりなられているようです。

母親については石倉洋子さんの2021年3月26日のブログによると8年以上前と記載があるため、2013年以前に亡くなられています。

父親が母親の介護をしていたとのことです。

石倉洋子さんのブログには、ご両親について触れられている記事が度々見受けられます。

忙しく過ごされていたため、もっとご両親に向き合いたかったのでしょうか。もっと話したいこと、伝えたいことがあったのかもしれませんね。

親孝行したい時に親はなし、いう有名な言葉があります。


多くの人たちは、親を亡くしたときにこの言葉をかみしめるのでしょうか。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました