あばれる君のナイフのメーカーや値段は?レッドオルカやトレイルマスターの口コミも調査!

トレンドニュース
スポンサーリンク

アイアム冒険少年の脱出島ではあばれる君がサバイバルナイフを大いに活用していく姿が印象的ですよね~!

ナイフ一本で火起こしから脱出までとなんでもこなしてしまうあばれる君ってすごいなと思うのですが・・

そういえばこのナイフってどんなメーカーのものなのかな~と!

気軽に買えるなら、アウトドアの時にでも活用してみたいな~なんて思うんですよね~♪

そこで!今回はあばれる君のナイフのメーカーや値段、そして口コミなどについてもまとめてみました!

最後までお読みいただけると嬉しいです♪

スポンサーリンク

あばれる君のナイフがかっこいい!冒険少年で脱出に使うナイフが話題に?

あばれる君といえばもはや脱出島でのサバイバルでおなじみの芸人さんとなりましたよね~!

とそんなあばれる君がサバイバルで有名になったのは、アイアム冒険少年の【脱出島】ですね♪

無人島で火おこしや食べ物や水を自分で調達し、いかだなどをつくり島を脱出するタイムレースがおもしろいんですよね~!
 
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アイ・アム・冒険少年(TBSテレビ)(@boukenshounen_tbs)がシェアした投稿

この企画では水や食料以外のグッズを持ち込み参加できるので、毎回様々な防災グッズなども出てきますよね~!

あばれる君のナイフは銃刀法違反になるの?脱出島での状況や商品についても調査!

しかしサバイバル知識と経験豊富な王者あばれる君については、支給されるアイテムがほぼない状態という!
 
あばれる君はこの脱出島で王者といわれるほどのレベルの高さから、ほかの挑戦者とは条件が違うんですよね~!

8月23日の回では原点回帰ということでナイフ一本で脱出を試みるのですが、、ナイフだけで生き残れる芸人さんって、、

そんなあばれる君ですが、このアイアム冒険少年の企画で山を自腹で買ったことも話題になってましたよね!こちらもぜひ読んでみてくださいね~♪
アイアム冒険少年『あばれる君山を買う』のロケ地(場所)はどこ?川や樹齢1000年の樹もチェック!

そんななか、火起こしからいかだづくりまでなんでも活用できるあばれる君のナイフが注目をあびているようで、、

たしかにアウトドアやキャンプのときなどに自分も使ってみたいな~と思いますもんね~!

スポンサーリンク

あばれる君のナイフのメーカーや値段は?レッドオルカやトレイルマスターの口コミも調査!

あばれる君が8月23日の脱出島で使っているナイフのメーカーはどうやら【レッドオルカ】のようですね~!

レッドオルカとは・・・土佐打刃物屋で販売しているナイフで、秋友義彦さんという方が「甲伏せ造り」という技法で作りだしたナイフのようです。

製法を調べてみると、日本刀と同じでかなり高度で技術力が必要な技法でつくられているようで・・
 
そんなレッドオルカのナイフをあばれる君は使っているようですが、そのなかでもどの商品を使っているのかというと、、
 
あばれる君は【 群馬のランボーモデル1 レッドオルカ 剣鉈】という商品を使っているようですね!
⇒群馬のランボーモデル1 レッドオルカ 剣鉈
 
ちなみに群馬のランボーとはこちらの方。

どうやらレッドオルカの秋友義彦さんと群馬のランボーこと土田貴弘さんが一緒に開発したことで、この名前になっているようで、、

ちなみにこの群馬のランボー土田貴弘さんは、もともと海上自衛隊で働いておりサバイバル知識や経験が豊富。サバイバル系の企画でテレビ出演も多くしている人物ですね!
 
土田貴弘さんは以前かまいたちと無人島サバイバル企画に出演してたことも話題になりましたね♪
〖かまいたち 〗🌼🅽🅴🆆🌸出演的頭おかしい的关西外景节目

とそんなサバイバルの事情通である群馬のランボー氏も開発に加わっているということですから、かなり実践的なナイフになってるのかなと。

ちなみにこのあばれる君が使うレッドオルカの値段についても調べてみると、価格や10万円のようですね!

やはり結構いいお値段するな~と思いきや、かなり試行錯誤を繰り返して出来上がった作品のようで、、

一振り20万円以上かかるといわれていたようですから・・その品質はやはりすごいようで・・

ちなみにレッドオルカのランボーモデル2は少し安い値段で7万2000円で買えるようですね!
⇒群馬のランボーモデル2 レッドオルカ 吉野タイプ 剣鉈 190mm 甲伏せ作り レッドオルカ 秋友 無人島 数量限定

このあばれる君の使うレッドオルカの詳細についても見てみると、、

刃長:約300mm
刃厚:約6mm
刃幅:約40mm
全長:約510mm
重量:630g
 
全長は51㎝で重さは630グラムということですから、サバイバルでも扱いやすいサイズになってるのかな~なんて。
 
こちらのナイフの詳細についてはトトメスさんという方が記載している日本刀などのブログ記事がとても詳しくて参考になります!
あばれる君のナイフ
 
また、あばれる君は8月23日の回ではこのレッドオルカの群馬のランボーモデルを利用していますが、それ以外のナイフを使用していたこともあったようですね!
 

あばれる君は脱出島や他のサバイバル番組で、ほかのナイフも使っていたようで、、

中でも多く使われていたナイフがコールドスチール社のトレイルマスターというナイフのようですね!

Cold Steel Trailmaster – Test

このトレイルマスターの値段は2万円前後ということのようですが、、かなり品切れが続いているようですね!

トレイルマスターシリーズのナイフならこちらに1万6500円で売っていましたが・・
COLD STEEL/コールドスチール カスタムシース/トレイルマスター用

ちなみに!あばれる君のレッドオルカでもっとお手頃な安いシリーズはないかな~と探していたところ、31800円のナイフもありましたよ♪

全長は29㎝で刃渡り15㎝なので、先ほどのレッドオルカよりも小さいサイズになりますが、、

レッドオルカ+1シリーズということで、こちらはアウトドアでも活躍しそうかな~と!

サバイバル以外なら十分使えるナイフかな~なんて♪

スポンサーリンク

あばれる君のナイフの火起こしって素人でもできるの?動画などもチェック!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アイ・アム・冒険少年(TBSテレビ)(@boukenshounen_tbs)がシェアした投稿

あばれる君のナイフといえばもう一つ注目なのが、火起こしですよね~!

あばれる君がナイフ一で火起こしをするのですが、、一瞬で火起こし完了していてかっこいいと話題のようで・・
山で静かに炊き込みご飯とエビチリを作ってみた【Rice with Bamboo Shoots】【Stir fried Shrimp in Chili Sauce】

動画でみると、あばれる君がわずか数秒でナイフ火起こしを成功させているのですが、、

一見みると簡単そうですが、素人でも簡単にできるの??と、、

動画ではあばれる君がナイフと、大きい鋼鉄?包丁?のようなものをこすり合わせていたようですが、、

ちょっとこれがどの商品かはわからなかったのですが、どうやら同じような仕組みで火起こしができるファイアースターターというのはあるようですね!

ソロキャンプ歴5年の火起こし方法①「ファイヤースターター」の使い方&コツ

仕組的にはファイアースターターの火起こしと同じなのかな~と。

マグネシウムなどでできた金属棒とストライカーをこすり合わせることで、燃えやすいマグネシウムに火花が引火して火起こしできるようで、、
 
原理的には火打石と同じ原理のようですね~!
 
またあばれる君はこのナイフ以外でもさまざまな火起こし方法をテレビで実演していますから、、それにより影響される人も多いようですからね♪
 
今後の火起こし、ナイフにも注目して冒険少年をみていきたいですね~!
 
ここまでお読みいただき、ありがとうございました♪
スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました