岡崎市で猫多頭飼育してた場所はどこ?ブリーダーの名前や素性も調査!

トレンドニュース
スポンサーリンク

愛知県岡崎市で猫が多頭飼育されており、なんとその数250匹もいたそうで。。結局崩壊してしまったようですが一体その猫屋敷はどこにあったのかなと。

過去にも猫が大量に飼育されている猫屋敷はニュースなどでみたことがありますが、250匹というのは国内でも最大規模ということですからね・・一体どんなブリーダーが育てていたのかも気になるところです。

そこで!今回は愛知県岡崎市でおきた猫多頭飼育の場所はどこなのか、そしてブリーダーの名前や素性についても調べてみました。

最後までお読みいただけると嬉しいです♪

スポンサーリンク

岡崎市で猫多頭飼育崩壊?ブリーダーが250匹の猫を飼育していた事件を調査!

愛知県岡崎市で猫多頭飼育崩壊がおきたということで、、その猫屋敷には合計250匹の猫が飼われていたようですから。。。

250匹の猫ってぴんとこないレベルの多さですが、そういえばペットショップとかって猫や犬はどのくらいの数いるんだっけな~と思い調べてみると、、

従業員1人あたりの飼育数の上限は販売用だと犬20匹、猫35匹までとなっているようですね~!

2020年7月10日に環境省が犬猫の繁殖について規制をしていたようで・・

しかし一気にこの施策を強行してしまうと殺処分となる犬猫が大量に増えてしまう可能性があるということで、現在段階的にその数が規制されていくようで、

2022年からは犬30匹、猫40匹が上限となり毎年5匹ずつ上限を減らしていくようですが、、

というのも大量繁殖させて、劣悪な環境で犬猫を育てる業者が増えてきていたようで。

とここで今回の岡崎市で発生した猫多頭飼育崩壊とはどんな事件なのかというと、

・2021年6月11日に岡崎市のブリーダー宅で多頭飼育崩壊が明らかになる
・ブリーダーは5月から入院しており飼育ができない状態
・従業員1人を雇い自宅と別宅であわせて250匹の猫を飼育していた
 
どうやら250匹の猫をブリーダーと従業員の二人で飼育していたようですから、、、一人頭125匹を管理しているという状態だったようで、、
 
しかも場所は自宅と別宅ということで自宅に200匹、別宅に50匹ということでしたからね~自宅のほうはかなり窮屈で劣悪な環境だったことが予想されますが・・
 
たしかにたまに近所に猫がたくさんいる猫屋敷などもありますが、、さすがに200匹は聞いたことないですもんね・・猫たちもかなり窮屈に感じていたはずですよね。
スポンサーリンク

岡崎市で猫多頭飼育してた場所はどこ?ブリーダーの名前や素性も調査!

今回愛知県岡崎市で猫多頭飼育崩壊がおきていたようですが、現在は親族や保護猫カフェの従業員などが掃除や管理をしているとのことで、、

でも親族が自宅に入って、猫が200匹もいたら驚愕してしまいますよね。。

とそんな猫多頭飼育崩壊が起きた場所はどこなのかというと、愛知県岡崎市というところなのですが、、

岡崎市といえば愛知県の真ん中にあり、名古屋などからも近いエリアですが、岡崎東公園など子供が遊べるスポットも多いためかなり暮らしやすいエリアのようですよ~♪

しかし猫200匹も飼っていたのであれば、おそらく近所や周辺の人からは有名な猫屋敷として知られていたのかな~と。

以前神奈川県にある民家で144匹の猫が飼われていたという多頭飼育崩壊の時は、周辺のひとから臭いがすごいという苦情が長年あったようですから、、、

となれば今回の猫200匹の民家も周辺では有名だった可能性もありますね、、

もしくは!少し住宅街から離れた場所にあった可能性もありますね~!となると岡崎市の東部のエリアかな~なんて。
 
というのも岡崎市の中心街は住宅が多いですし、苦情があればかなり有名なのかな~と。しかし東のエリアはどちらかというと住宅も少なく一軒当たりの間隔も広いため、猫200匹飼っていても大きな苦情にならなかったのかな~なんて。。
 
実際には近隣で昔から問題になっていたのかもしれませんが・・・

ちなみに今回の猫たちを現在管理、清掃しているのが保護猫カフェ『アエル』ということですが、こちらは岡崎市内にあるようですね~!

こちらでは月曜、水曜、日曜の12時~夜8時まで猫ちゃんたちに癒されることができるようで、、店内には10匹程の猫がいるようですよ~!

店主の方は保健所での殺処分をみて、何か自分でできることを探した結果この店をオープンしたそうですから、、

こういった猫や動物のことを考えて行動に移している人は本当に素晴らしいですね~!

今回猫多頭飼育をしていたブリーダーの方がどんな人なのか、名前などは報道でも公開されていませんでしたがどうやら37歳の男性ということで、、、

市にも申請していたようですから、猫を繁殖させて販売するなどして生計をたてていたのかなと。

猫多頭飼育崩壊の家主に多いのは、自分で拾ってきた猫をどんどん飼っていき、自然と増えてしまったというケースのようですが、

札幌でおきた猫多頭飼育崩壊の際は、最初10匹だった猫が放置している間に200匹以上にもなってしまったといいますからね、、

ちなみに猫の繁殖力はすごい高いことで知られているようで、年に2回~4回も出産できるんだとか、、しかも1回で4匹~10匹近く子供をうむということで・・

ちゃんと去勢などの管理をすることが必要なようですね。

スポンサーリンク

岡崎市のように猫多頭飼育して崩壊した事例はある?

今回の愛知県岡崎市で起きた猫多頭飼育崩壊ですが、全国でも度々おきているようで、、

2020年には北海道の札幌で同じく200匹規模の猫多頭飼育崩壊がおきていたようですからね~!

家主は50代の夫婦だったようですが、大家が訪れたところ猫が238匹も室内にいたようで。

最初は10匹程度だったのが増えに増えて200匹超えしてしまったという事例のようですね~。

また!神奈川県でも同様の事例があるようで、、

神奈川県海老名市では猫139匹を飼育していた夫婦が書類送検されたようですから、、

家主は56歳の男性と52歳の妻だったようですが、もともとは娘さんが拾ってきた1匹の捨て猫だったようで、、

そこから10年かけて140匹近くにまで増えたようですからね~。。

猫もかなり劣悪かつ不衛生な環境で暮らしていたようですから、、やはり猫を飼うなら責任を持ち管理する必要があるようですね。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました