埼玉愛犬家連続殺人事件の犯人の実名や現在とは?加害者や被害者の今や真相に迫る!

トレンドニュース
スポンサーリンク

埼玉県で起きた、愛犬家による連続殺人連続。

有名なブリーダーとして名の知れていた元夫婦による犯行は、世間を驚かせました。

また犯行後の残忍な行動には、今でも心が痛みます。

明らかになっている犯行は3件ですが、犯人の周囲の情報から、他にも犯行があったと思われます。

他の犯行を含め、この連続殺人事件と犯人について詳しく調査してみます。

スポンサーリンク

埼玉愛犬家連続殺人事件の概要とは?当時注目を浴びた理由とは?

埼玉愛犬家連続殺人事件はいつどこで起きた?

1993年の4月から8月にかけて、事件は起こりました。場所は、埼玉県熊谷市周辺です。

同じ地域で長い期間かけて行われた連続殺人事件、どうして犯人はすぐに捕まらなかったのでしょうか。

埼玉愛犬家連続殺人事件のペットショップの住所とは?

犯人の自宅は埼玉県熊谷市にあった、「アフリカケンネル」というペットショップです。

住所でいうと埼玉県熊谷市万吉1308にあるようです。

詐欺的な商売をしており、顧客の間ではトラブルが絶えなかったといいます。

しかし、元夫婦はアラスカンマラミュートのブリーダーとして、名が知れていました。

こんなに有名なペットショップの元夫婦が犯人だなんて、一体何があったのでしょうか。

埼玉愛犬家連続殺人事件の事件概要!犯行内容から凶器も確認

ペットショップを経営する元夫婦が、ペットの売買を巡りトラブルの発生した顧客ら、計4人を殺害しました。

夫婦は、知り合いの獣医師から譲り受けた犬の殺処分用の硝酸ストリキニーネを用いたそうです。

遺体は、ペットショップの役員宅の風呂場でバラバラに解体した後、骨はドラム缶で焼却したそうです。

それらは、群馬県内の山林や川に遺棄され、「遺体なき殺人」として、捜査を混乱させました。

1件目の事件概要

1件目の事件は、元夫婦が被害者とペットの売買でトラブルになり、ペット代金の返金を口実に熊谷市内のガレージに呼び出し、大型ワゴン車内で硝酸ストリキニーネ入のカプセルを栄養剤と偽って、被害者に飲ませ殺害しました。

証拠を残さないように、ペットショップの役員に、被害者の車を東京駅の八重洲地下駐車場に放置させました。

元夫婦は被害者の遺体を解体し、骨や所持品をドラム缶で焼却しました。

肉片は川場村の薄根川に、焼いた骨灰や所持品を片品村の国有林の遺棄したそうです。

2件目の事件概要

2件目の事件は、稲川会系暴力団の男性に1件目の犯行がバレて、脅されて金銭を要求されるようになったため、男性宅で男性とその運転手を1件目と同様の手口で殺害しました。

ペットショップの役員宅で遺体の解体が終わると、骨や所持品の焼却を行いました。

肉片や骨灰は川場村の薄根川、片品村の塗川や片品川へ遺棄しました。

3件目の事件概要

3件目は、元夫婦の夫と親密な関係となっていた主婦が被害者でした。

被害者から出資金を搾取しようとしていたことがバレることを恐れ、出資金を搾取した後1.2件目と同様の手口で殺害しました。

同じくペットショップ役員宅で解体を行いましたが、その際に夫は屍姦をしたそうです。解体後は骨や所持品を焼却し、全て片品村の塗川へ遺棄しました。

ペットの売買のトラブルで殺されてしまうなんて、本当に恐ろしいです。また、被害者が犬の殺処分用の薬を飲まされたと思うと、苦しさを想像していたたまれないです。

埼玉愛犬家連続殺人事件が当時注目を浴びた理由とは

前述の通り、アラスカンマラミュートのブリーダーとして名の知れる元夫婦が加害者であったことは、大きな話題となりました。

また、マスコミの報道が先行してしまったため、加害者の映像が連日映し出されることとなりました。

完全犯罪を目論んだ残忍な遺体損壊が明らかになるなど、注目を集めました。

こんなに有名な元夫婦が起こした事件ということも衝撃ですが、完全犯罪にするために遺体を損壊したことが、人として恐怖しかないです。

スポンサーリンク

埼玉愛犬家連続殺人事件の犯人は誰?加害者の実名や顔などの情報も調査!

埼玉愛犬家連続殺人事件の犯人は誰?加害者の実名や顔などの情報

この事件の犯人は、埼玉県熊谷市でペットショップを経営する元夫婦、関根元さんと風間博子さんです。顔写真は、インターネット上でも広く出回っています。

ペットショップを運営するごく普通に見える元夫婦、狂気な本性に誰も気付かなかったのでしょうか。

埼玉愛犬家連続殺人事件の犯人の動機とは何だったのか

ペットを巡るトラブルと報道されることの多いこの事件ですが、実はペットを巡ったトラブルによる犯行は、1件目の事件だけなのです。

1件目の事件では、被害者の兄が経営する会社が傾いていたことから、新商売を模索していた被害者が、元夫婦が勧める犬の繁殖ビジネスを手掛けることになりました。

「アフリカケンネル」からローデシアン・リッジバックのつがいを計1100万円で購入し、内メス犬を先に引き取りました。
 
しかし、知人から犬の相場が数十万円であることや、メス犬が高齢で繁殖に適さないことを知らされ、元夫婦に騙されたことに気付きました。
 
また、メス犬が逃げ出し繁殖が不可能となり、残るオス犬のキャンセルと代金の変換を求めてトラブルとなりました。
 
しかし、当時「アフリカケンネル」は金銭的に窮しており、元夫婦は被害者にお金を返せないと判断して被害者の殺害を決意したのです。
 
2件目の事件は、親交のある稲川会系暴力団の組長代行とのトラブルです。
 
1件目の事件後、元夫婦に疑惑を向けた1件目の被害者家族との会議に同席した際に、元夫婦が1件目の被害者を殺害したのではないかと察知し、元夫婦に多額の金銭を要求するようになりました。
 
やがて、新犬舎の土地建物の登記済証を要求された元夫婦は、このままでは全財産を取られてしまうと危惧して、被害者を殺害することを決意しました。
 
その際、被害者と常に行動を共にしている運転手も、口封じのために殺害しなければならないと判断しました。

3件目の事件は、次男が「アフリカケンネル」で働くようになったことから元夫婦の夫と親密な関係となった主婦が被害者です。

新犬舎の建設や元夫婦の強制などにより、「アフリカケンネル」が経営難に陥っていたことから、元夫婦は自分たちに信頼を寄せる被害者に「アフリカケンネル」の株主になるよう持ちかけ、出資金を搾取することを画策しました。

しかしいずれ株主話の嘘は露見する可能性があり、そうなれば出資金ばかりでなく過去に販売したアラスカンマラミュート6匹の代金である計900万円の返還をも求められかねないことから、お金を搾取した後で被害者を殺害することを決意しました。

また、元夫婦の夫が被害者との交際を煩わしく思っていたことも、動機の1つとされています。

お金絡みで殺されてしまうなんて、やはりお金は怖いと思う一方で、騙した側ではなく騙された側が殺されてしまうのは、不思議でなりません。

埼玉愛犬家連続殺人事件でその後下された判決

第1審において、1件目の事件と2件目の事件については元夫婦が対等の立場で共謀しており、3件目の事件については夫が単独で被害者を毒殺した上、事情を知らないまま現場に呼び出されたペットショップ役員を脅迫して犯行に加担させました。

そして各被害者の遺体を損壊、遺棄したものと認定されました。

また、検察は元夫婦が共謀した1件目と2件目の事件について、妻が殺害を持ちかけた上で夫が同意して犯行に及んだと主張しましたが。

これは捜査段階での夫の供述によるものであり、判決では「どちらが先に犯行を持ちかけたにせよ、元夫婦が共同で犯行に及んだ」と認定されました。
 

その後東京高裁で控訴審が開かれ、元夫婦の弁護側は一審判決の事実誤認を主張しました。

東京高裁は、元夫婦の控訴を棄却する判決を宣言しました。

両名とも上告しましたが、最高裁第二小法廷は上告を棄却する判決を宣言しました。

両被告人の判決訂正申し立てを棄却する決定がなされたことにより、元夫婦2人とも死刑が確定しました。

これだけ残忍な犯行をしたのですから、死刑の判決は納得しますし、そうでなければ被害者遺族が報われません。

埼玉愛犬家連続殺人事件の犯人の現在とは?

夫である関根元容疑者は東京拘置所に収容されましたが、2016年11月頃から体調を崩し、病院で治療を受けていたようです。

刑を執行されないまま、2014年3月27日早朝に、同拘置所において病死しました。

妻は、現時点で死刑囚として東京拘置所に収監されています。未だに、冤罪を主張しているようです。

夫に正当な裁きが下らなかったのは悔しいですが、妻が未だに冤罪を主張しているなんて、衝撃を受けました。自分の犯行を認めて裁きを受けてほしいです。

スポンサーリンク

埼玉愛犬家連続殺人事件の被害者は誰?現在の遺族の状況とは

埼玉愛犬家連続殺人事件の被害者は誰?

連続殺人事件の被害者の名前のほとんどは、調べても出てきませんでした。

しかし居住地と職業などは明らかになっているので、紹介していきます。

・1件目の被害者は、行田市に住む産業廃棄物処理会社役員の方です。
・2件目の被害者は、江南町に住む稲川会系暴力団の組長代行の遠藤安旦さんと、その運転手です。
・3件目の被害者は、行田市に住む主婦で、次男が「アフリカケンネル」で働いていたそうです。

普通に暮らしていたサラリーマンや主婦が突然殺されてしまうなんて、本当に恐ろしいです。加害者は、善悪の判断は付かなくなってしまっていたのだと思います。

埼玉愛犬家連続殺人事件の遺族の現在とは

被害者遺族の現在は、あまり明らかになっていません。

しかし、2件目の被害者の親分に当たる方の現在については、調べることができました。名前は、髙田耀山さん。稲川会直参、初代髙田一家総長の方です。

20年余り経ってから事件を振り返った著書「仁義の報復 元ヤクザの親分が語る埼玉愛犬家殺人事件の真実」が刊行され、話題になっています。

危ない話も多い本書ですが、熟考の末の執筆だったようです。

「私も不良として生きてきて、この件以外にも墓場まで持って行かなくてはならないことはたくさんあります。でも、癌を何度か煩って余命を考えるようになり、遠藤のことだけはきちんと記しておかなくてはならないと思いました。まあ流行りの言葉で言えば「終活」であり、被害者へのレクイエムでもあります」と話したそうです。

髙田さんは穏やかに微笑んだそうですが、この事件における警察や検察の捜査への怒りは、今もあるようです。
 

「最近のヤクザは任侠道なんか忘れているようですが、関根はヤクザよりひどい存在ですね。私利私欲のためだけに何人も殺してきたのです。2人には刑が執行されるまでに全てを明かしてほしいですが、期待できないですね。」とも話していたそうです。

元夫婦の夫は亡くなってしまいましたが、死刑囚である妻に、全てを自白して謝罪をしてほしいです。もちろん、謝罪しても遺族の気持ちが晴れることはありませんが、せめてもの償いをしてほしいです。

埼玉愛犬家連続殺人事件で事件後に明らかになった事実などはある?

元夫婦の周辺では、1984年にも秩父市などで少なくとも3人の男女が失踪しています。埼玉県警は元夫婦の供述に基づき遺体の捜索を行いましたが、発見できなかったそうです。

2月11日、秩父市の暴力団員が失踪しました。関根元の兄貴分で、金銭トラブルがあったといいます。

被害者が「ちょっと出てくる」と言って、自宅に迎えに来た車に乗って出掛けたまま、失踪したそうです。

5月8日、秩父市のトラック運転手が失踪しました。被害者は、関根元が秩父で経営していたペットショップの店員をしていたことがあります。

関根元が被害者名義で店の看板を作ったそうですが、一向に立て替えた代金の返済はなかったそうです。

被害者は夫に返済を約束されて出掛けたそうですが、そのまま失踪しました。

6月下旬、深谷市のスナック経営者が失踪しました。

夫の知人である元自衛官の妻であり、夫婦間で金銭トラブルがあったそうです。

元自衛官の証言によれば、夫婦喧嘩の末に殴って死なせてしまい、夫に遺体の処理を依頼したそうです。

その事件に関しては、関根元は死体損壊、遺棄にのみ関与したものとみられています。

証拠が掴めないだけで、関根元・風間博子元夫婦の犯行は他にも数多くあるのではないかと思うと、本当に怖くなります。一刻も早い事件解決と、被害者の冥福をお祈り致します。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました