ボヘミアンラプソディのライブシーンはCG合成?撮影方法やロケ地からエキストラの数なども調査!

ドラマ・映画
スポンサーリンク

ボヘミアンラプソディのライブシーンがすごすぎますが、これってどうやって撮影されていたのか気になったんですよね~!

大きなスタジアムで何万人もの観客がいる映像でしたから、おそらくCGや合成なのかな~と、、でもエキストラを大量につかっての撮影だったのかな~とか気になったんですよね~♪

そこで!今回はボヘミアンラプソディのライブシーンの撮影方法について、CGや合成なのか、それともエキストラを大量につかったのかなど調べてみました~!

最後までお読みいただけると嬉しいです♪

スポンサーリンク

ボヘミアンラプソディのライブシーンが圧巻!CG合成か気になるほど壮大なシーンはいつ登場?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bohemian Rhapsody(@bohemianrhapsodymovie)がシェアした投稿

ボヘミアンラプソディの最後のライブシーン、、鳥肌ものですよね~!フレディの苦悩や葛藤を見てきたからこそ、この大観客の前でパフォーマンスするシーンが胸に響くというか、、

 

このボヘミアンラプソディで名シーンとなったライブシーンですが、映画の一番最後のクライマックスシーンで登場するんですよね~!

 

今まで自分のコンプレックスや孤独、そして死に向き合いながらも必死に駆け抜けてきたフレディの、人生で最大の舞台、、、

 

ボヘミアンラプソディの地上波カットシーンについてはこちらにまとめていますので、ぜひ読んでみてくださいね~♪
ボヘミアンラプソディの地上波カットシーンはどこ?日本公演やお札のシーンなど放送されなかった場面をチェック!

 

ちなみにこのライブシーンはもちろん実在したのですが、本物のライブはどんなライブだったのかというと、、

 

ライヴエイド
開催日時:1985年7月13日
開場:イギリス、アメリカ
参加ミュージシャン:クイーン、デヴィットボウイ、ザ・フー、エルトンジョン、ワム!、ボールマッカートニー
 
1985年に開催されたライブで、20世紀最大のチャリティーコンサートだったようですね~!
 
国境を越えてアフリカの飢餓のためにライブを行うという主旨だったようで、クイーン以外にもポールマッカートニーやデヴィットボウイなど超大物ミュージシャンが勢ぞろいしたライブなんですね~!
 
ちなみに、ライヴエイドの会場となったのはイギリスとアメリカにある二つのスタジアムなのですが、まず一つ目はイギリスにあるウェンブリースタジアム。
 
 
このウェンブリースタジアムは収容人数9万人ということで、ヨーロッパの中でも2番目に収容人数が大きいという超大規模スタジアムなんですよね~!
 
ちなみにこのウェンブリースタジアムは一度解体されて、現在は新しく生まれ変わっているようですね~♪
 
また、アメリカの会場ではフィラデルフィアにあるJFKスタジアムで行われたようですね~!
 
こちらはペンシルベニア州にあったのですが、老朽化のため1992年にすでに取り壊されてしまったようで、、
 
 

現在はまた別のリンカーン・フィナンシャル・フィールドというスタジアムが建っているようですね~!

 

ちなみに!ライヴエイドではクイーンのライブを72000人の観客が見ていたんだとか、、、

 

よく東京ドームのライブなどが日本でもありますが、東京ドームの観客キャパは大体5万人程のようですから、、7万2000人というのがとてつもない数字だということがわかりますよね~。。。

スポンサーリンク

ボヘミアンラプソディのライブシーンはCG合成?撮影方法やロケ地からエキストラの数なども調査!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bohemian Rhapsody(@bohemianrhapsodymovie)がシェアした投稿

ボヘミアンラプソディで一番印象に残るシーンといえば、やはりこのライヴエイドのライブシーンかなと、、、

壮大で圧巻のシーンですが、これって撮影はCGや合成なのかな~と・・

そこで!このライブシーンの撮影方法について調べてみると、、

ボヘミアンラプソディのライブシーンはほとんど合成で撮影されているようですね~!
 
やはりあれだけのエキストラを用意するのは当然難しいということで、ライブシーンについては合成やCGが使われていたようですね~!
 
まあエキストラで10万人近く集めるとそれだけでも費用がものすごく、、
 
じゃあ観客は全員CGで合成だったのかな~と思いさらにしらべてみると、どうやら観客エキストラとしては900人ほど雇っていたようですよ~♪
 
まあエキストラ900人といってもかなりの人数ですけどね~!エキストラの日給が1万円だとしても1回で900万円、撮影には7日間かかったようなので、900万円×7で、、、やはり映画にかかる費用は莫大ですね~。。
 
ちなみに!このエキストラは本物のライブのように20代前後の若者を多く採用したため、クイーンの存在すら知らない人が多かったんだとか、、うーん世代ですね、、、
 
とここで!このライブシーンが撮影されたスタジアムは実際のスタジアムで撮影したのかな~とそのロケ地などについても調べてみると、、
 
ライブシーンの撮影は当時のコンサートセットそっくりのセットを作り上げて撮影されたようですね~!
 
というのも当時のウェンブリースタジアムは一度解体されてしまっているため現在はもうないんですよね~、、
 
そこで!当時のスタジアムのセットとまったく採寸が同じコンサートセットを作り上げ、それとライヴエイドの映像を合成させたようなんですよね~♪
 
そのため、実際の撮影シーンではかなりシュールな状況になっていたようで、、
 

とここで!実際のライヴエイドのクイーンのシーンってどんなかんじだったのかな~と思い調べてみると、、

【和訳】Queen LIVE AID フル 【英語付き】

おお、、、やはりすごい観客でぎゅうぎゅうですね~!!というか映画の再現度かなり高いな~と思うのですが・・!

ちなみに!映画ボヘミアンラプソディのライブシーンの音源はオリジナルのもののようで、、まああれだけのパフォーマンスは本物のクイーンにしか出せないですもんね~。。。

ということでまとめてみると、ボヘミアンラプソディのライブシーンは当時と同じセットをつくり、観客は900人のエキストラ以外はCG合成だったようですね~♪

スポンサーリンク

ボヘミアンラプソディのロケ地はどこ?

Bohemian Rhapsody (2018) – Scene Bohemian Rhapsody Live AID

ボヘミアンラプソディのライブシーンのロケはかなり田舎の郊外で行われていたようですね~!まあ大掛かりなセットとかなりの爆音での撮影だったでしょうから、、、民家が近くにあるとできないですもんね~。

そんなボヘミアンラプソディですが、他にもロケ地はどんなところがあるかな~と、、

フレディがメンバーにエイズであることを告白するシーンですが、これはエアリンドハーストホールというスタジオのようですね~!

AIR Lyndhurst Studio Tour

ライブエイド前にエイズを告白したフレディに対するメンバーの表情や接し方、全てにおいて胸に響くシーンですよね、、、

思い出しただけでもぐっと胸にきてしまいますが、、

また、クイーンのメンバーが郊外の農場らしき場所に泊まり込みでレコーディングをしていたシーンはストッカーズ農場というイギリスにある農場でおこなわれていたようですね~!

とにかく、ボヘミアンラプソディは何回見ても感動してしまう名作であることは間違いないですね~!!

スポンサーリンク

ボヘミアンラプソディと合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました