北新地ビル火災の放火犯はクリニックの患者?顔や名前から事件の動機とは

トレンドニュース
スポンサーリンク

大阪市北区で起きたビル火災。多くの人が被害にあい、すでに心肺停止状態の人も多数でsているようです。

人通りもある繁華街のビルで起きた事件、あたりは捜査員や消防士などが出入りして物々しい雰囲気となっています。

そんな北新地のビル火災ですが、警察では放火の疑いがあるとして捜査が進められているようです。

ではこの北新地ビル火災の犯人は誰なのでしょうか、こちらで調べてみました。

スポンサーリンク

北新地ビルで火災が発生!現場となった場所はどこ?

2021年12月17日の午前中に発生したビル火災。

商業用ビルということもあり、事件当時も多くの人がビル内にいる状況でした。

大阪市北区ビル火災の場所や住所はどこ?堂島ビルの現場や被害が拡大した原因とは

すでに心肺停止状態になっている人が27人いるとのことです。

火災は30分ほどで鎮火されたようですが、多くの被害がでたようです。

では火災の現場はどこだったのかというと、大阪市の北新地にある堂島北ビル。

JR北新地駅からもすぐ近くにある場所です。

また、現場となった堂島北ビルは京冨ビルや北新地ビルディングなどに挟まれたスペースにあったこともわかります。

現場付近は交通量も多い道路ということで、付近はかなりパニックとなっていた模様です。

そんな北新地でおきたビル火災ですが、どうやら出火元は4階にあるクリニックだったようです。

「西梅田こころとからだのクリニック」から火災があがったようですね。

心療内科、精神科、内科などのクリニックだったようです。

スポンサーリンク

北新地ビル火災の放火犯はクリニックの患者?顔や名前から事件の動機とは

北新地で起きたビル火災ですが、現在放火の疑いがあるとして捜査がすすめられています。

現時点ではまだ犯人の名前や顔といった情報、目撃情報などはないようですが、わかり次第こちらに追記させていただきます。

※追記
『クリニックの患者で50~60代の男性が放火した疑いがある』という報道がありました。液体が入った袋のようなものを持ち歩いていたようです。
犯人の名前と顔が公開されましたね。
谷本盛雄容疑者61歳、職業は不詳で大阪市西淀川区姫島に住んでいたようです。
 

しかし、今回出火元とされたのは「西梅田こころとからだのクリニック」であり、まず考えられるのはこのクリニックの患者や、訪れた人が放火したという線。

というのも、このクリニックの口コミや評判で気になるものが多くあったからです。

そこでこの「西梅田こころとからだのクリニック」の口コミや評判についてみてみると。

・医師も事務員もずっと見下すような態度をとってきた
・受付で舌打ちをされた
・先生が威圧的で怖かった

現在「西梅田こころとからだのクリニック」のホームページはアクセスが集中しており、見ることはできませんが。
西梅田こころとからだのクリニック

となると、このクリニックに恨みをもつ患者が、放火したという可能性もあるのかなと。

というのも、飲食店などが出火元ならわかりますが、クリニックが出火元となると誰かが放火しない限り火はあがらないかなと。

しかしビル内の防犯カメラなどで、ある程度絞り込めるのかなとは思いますが。

今後の捜査展開に注目があつまります。

スポンサーリンク

北新地ビル火災のような事例とは

今回のように多くの犠牲がでたビル火災というと、2001年の歌舞伎町ビル火災が思い起こされます。

歌舞伎町にある雑居ビルで火災が起きた事件でしたが、44人もの被害者がでたことでも話題になりました。

結局その出火原因は不明であり、謎に包まれているのですが。

戦後最悪の死者をだしたという火災だったので、大きな注目をあびました。

この事件により、小規模のビルでも自動火災報知機の設置が義務付けられましたね。

ちなみに現場はここにあった明星ビルでした。

現在はビル自体なくなっており、異様な空間となっていることがわかります。

出火元は3階の麻雀店でしたが、4階のセクシーパブでは多くの従業員や顧客が逃げ遅れました。

というのも、非常階段は1つで荷物が置いてあり通行が難しく、防火扉が作動しなかったためです。

下からくる煙、しかし上にも逃げられないという逃げ場のない空間が被害を拡大させました。

今回もなぜ多くの被害者がでてしまったのか、そのビルの防災対策なども気になるところですね。

スポンサーリンク

合わせて読みたい関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました